プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

銀座セカンドライフ株式会社

東京都の「クラウドファンディング活用助成金」の事務局に採択されました

~創業、新製品・新サービス開発、ソーシャルビジネスを応援~

2020年6月10日
銀座セカンドライフ株式会社

 銀座セカンドライフ株式会社(本社:東京都中央区 / 代表取締役:片桐実央)は、東京都によるクラウドファンディング(以下CF)を活用した資金調達支援事業の事務局として採択されたことをお知らせします。

 本取り組みは、東京都がCFを通じて、主婦、学生、高齢者の方々による創業や、新製品・新サービスの開発、ソーシャルビジネス等への挑戦を後押しするものです。
 弊社も、東京都やCF事業者、各支援機関の方と連携して、資金調達支援手段の1つであるCF活用の普及を推進していきます。

東京都のCFを活用した資金調達支援
https://entre-salon.com/crowdfunding/

■CFを活用するメリットは以下の通りです。
 ①融資や補助金以外の手段で資金調達をすることができる
 ②事業開始前にファンや見込み客を集めることができる
 ③支援者の反応や意見を聞いて、ニーズがあるかを確認できる。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006100717-O7-61855T32

■銀座セカンドライフが、事務局として今後実施すること
 ・CF活用助成金の受付・審査・支給(以下詳細)
 ・都内各地でCF実践に向けて無料セミナーを開催
 ・相談窓口を設置し、助成金活用や一般的なCFに関する情報を提供

■CF活用助成金
今回の事業の目玉である、「クラウドファンディング活用助成金」についてご案内します。 
本助成金は、CF事業者に支払う手数料の一部を助成するものです。
新型コロナウイルス感染症に対応した特例措置もあります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006100717-O4-aL4X6O3e

1 手数料助成の対象者
次のいずれかに該当する創業希望者または中小企業者(都内で行う事業に限る。)
個人事業主、株式会社、NPO法人、一般社団法人なども対象となります。

(1)創業の計画がある者又は創業から5年未満の者
(2)新製品・新サービスの創出に挑戦する者
(3)「『未来の東京』戦略ビジョン」の戦略に寄与するソーシャルビジネスを行う者

2 助成率 ※特例は今年度拡充
【原則】CF事業者に支払う手数料の1/2(上限額30万円)
【特例】以下のいずれかに該当する場合は、手数料の2/3(上限額40万円)
・感染症に伴い、発生・顕在化した社会的課題の解決に資するソーシャルビジネスを行う者
・感染症により経営に影響を受けている、令和2年1月1日以降に創業した者

3 今回の助成金の対象となるCFサイト
運営サイト名のアルファベット順です。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006100717-O8-9ncVs1Xz

4.申請の流れ
Web申請のみとなります。以下のサイトより申請してください。
助成金は先着順で、予算に達した時点で受付を終了します。
2020年6月11日(木)10時より受付開始です。
https://entre-salon.com/crowdfunding/tba-app/

■銀座セカンドライフの本事業の位置づけ
銀座セカンドライフは、2008年に設立してから約12年間、創業支援を行っています。主に、①起業個別相談・事務代行、②レンタルオフィス運営、③セミナー交流会を開催しています。
起業相談は過去8,000件を超え、レンタルオフィス「アントレサロン」は、東京(銀座・東京・新宿・渋谷・池袋)、神奈川(横浜・桜木町・川崎)、埼玉で、9拠点13店舗を運営し、現在約8,000社の起業家が利用しています。
起業支援の一環として、資金調達を支援しており、融資や補助金・助成金の他、クラウドファンディングについても以前から普及を推進しています。
 また代表の片桐は、以下のような受賞・登録、著書出版、連載をしています。

<受賞・登録歴>
・Japan Venture Awards 2014 中小機構理事長賞受賞
・中小企業基盤整備機構 「よろず支援拠点」全国本部サポーター
・東京都 女性・若者・シニア創業サポート事業 地域創業アドバイザー
<著書出版>
・講談社新書「シニア起業」で成功する人・しない人
・同友館 片桐実央の実践!ゆる起業Ⓡ-シニア起業の成功書-
・マガジンハウス 50歳からの人生がもっと楽しくなる仕事カタログ
・マイナビ出版 好きなことだけして楽をしながら起業しよう
・辰巳出版 55歳から小ビジネスで稼ぐ! 教科書
<新聞連載>
・産経新聞「片桐実央の起業相談」 ・夕刊フジ「定年起業への挑戦」
・日経MJ「50歳からのゆる起業」

銀座セカンドライフ https://ginzasecondlife.co.jp/
レンタルオフィス「アントレサロン」https://entre-salon.com/
アントレセミナー交流会 https://ginza-entre.com/
起業相談サロン https://kigyo.us/

クラウドファンディング活用助成金のスキーム図
クラウドファンディングのメリット
クラウドファンディングサイト
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ