プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

トレノケート株式会社

オンライン研修の受講者が1万人を突破 withコロナ時代の新しい人材育成の形を提供

2020年6月10日
トレノケート株式会社

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006100689-O1-SwN8ycrm

オンライン研修の受講者が1万人を突破 withコロナ時代の新しい人材育成の形を提供

人材育成のトレノケート株式会社 (本社:東京都新宿区、代表取締役:小澤 隆、以下トレノケート) が提供するオンラインの企業向け研修「オンラインLive トレーニング」の受講者数が、約3か月で10,000人を突破いたしました。

 
経済停滞下での人材育成の必要性
COVID-19の感染拡大に伴い、経済活動の停滞・縮小が見込まれています。そうした中では、研修費用は削減の対象になりやすい分野です。しかし、人材への投資が1%増えると労働生産性が0.6%高まるとの試算(※1)があり、教育と生産性は密接な関わりがあります。そのため、経済の停滞期こそ、人材育成を止めるべきではありません。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006100689-O2-Oy0sa1de
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006100689-O3-BX5or2f9

オンラインでも効果的な人材育成
トレノケートは「新しい生活様式」環境下において「人材育成を止めない」ことを旗印に、オンライン化を推進して参りました。新入社員研修を始めとして非常に多くの企業・受講者の方にご利用をいただき、2020年6月8日(月) 現在、累計での受講者数が10,491名(※2)となりました。また、受講者アンケートでは約90%の高い満足度を頂いています。

オンラインならではのノウハウ
オンラインLive トレーニングでは、非対面であることによるデメリットを克服して集合研修と同等の高い研修効果を維持するため、下記のような取り組みや工夫を行っています。
・セキュリティ上での安全性確保のための運用・システム面での対応
・講師のファシリテーションにより、双方向性や効果的なグループワークを実現
・チャットや投票などweb会議の機能を活用し、随時理解度を確認
・ITの演習環境をクラウド上やリモートログインで提供

トレノケートは今後も、豊富な運用ノウハウ・実施経験を活かし、様々な社会情勢やインフラの変化に合わせた最適な人材育成ソリューションを提供して参ります。

※1 平成30年度 年次経済財政報告 第2章 第2節 人生100年時代の人材育成 より
※2 同一の方が複数の講座を受講していた場合は、それぞれ1名とカウントしています

◆オンラインLive トレーニングの詳細
http://www.trainocate.co.jp/THT200608rp 
◆「効果的なオンライン研修」に関する無料オンラインセミナー
http://www.trainocate.co.jp/EVS200608rp 

【トレノケート株式会社】
代表者:小澤 隆
設立:1995年1月17日
本社所在地:東京都新宿区西新宿6丁目8番1号 住友不動産新宿オークタワー20階
事業内容:人材育成の専門企業、「ビジネスxITxグローバル」を軸に約1,500コースの研修を提供
Web:http://www.trainocate.co.jp/
お問合せ: https://www.trainocate.co.jp/gkinfo/form.aspx

* 掲載された社名、製品名は、各社の商標及び登録商標です。

オンラインLive(受講者画面)
オンラインLive(講師実施風景)
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ