プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

セラフィム(Seraphim)

セラフィムがオーストラリアのRaystechと50MWのモジュール供給契約

AsiaNet 84305 (0895)

【常州(中国)2020年6月10日PR Newswire=共同通信JBN】世界クラスの太陽光製品メーカーの1社である江蘇セラフィムソーラーシステム有限公司(Jiangsu Seraphim Solar System Co., Ltd.、「セラフィム」)は10日、オーストラリアとニュージーランドの太陽光・電気関係市場の主要卸売・輸入業者Raystech Group (「Raystech」)と50メガワット(MW)の高効率太陽光発電モジュールの供給契約を結んだと発表した。

契約に従い、セラフィムは新たに発表した最大370ワット(W)で19.80%を超える効率のS3シリーズ・ハーフセル単結晶PERCモジュールをオーストラリア市場に投入する。セラフィムのS3シリーズ・ハーフセルモジュールは166ミリのシリコンセルにマルチバスバーとハーフカットセルの技術を統合している。

セラフィムのポラリス・リー社長は「Raystechとの提携は極めて喜ばしい。これは当社の現地販売網強化の1歩前進である。オーストラリアは世界で最も成熟した太陽光発電(PV)市場の1つであり、セラフィムは2012年にこの市場に参入した。この数年間、当社は強力な顧客ベースにより、太陽光モジュールの上位10ブランドリスト入りを維持してきた。この新発売の370W S3モジュールにより、1世帯のシステムを構築するには18台のモジュールしか必要としない。これはシステムバランスと労働のコストを大きく削減する。Raystechとの共同事業はオーストラリアの顧客に最も効率的、革新的で費用節約のクリーンエネルギー・ソリューションをもたらす当社の約束の進展に役立つ」と語った。

Raytechのウェイ・ハン最高経営責任者(CEO)は「セラフィムはすべてのタイプの設備に申し分のない幅広いPVモジュールの競争力のある製品プロフィールを構築してきた。セラフィムのような力強い強力な会社と手を組むのはRaystechにとって非常に前向きの1歩だ。この協力はオーストラリアPV市場での当社の主導的地位をさらに強固にするだろう」と述べた。

▽セラフィムについて
2011年に創設されたセラフィムは、太陽光発電(PV)製品の研究、開発、生産、販売を専門にしている。これまで世界の40ヵ国以上で8ギガワット(GW)を上回るセラフィム製品が設置された。

▽Raystechについて
Raystechは太陽光・電気関係市場への高品質商品供給に全力を尽くし、適正価格で高品質のサービスと助言を提供している。同社は現在、タイ、オーストラリア、ニュージーランドに倉庫を保有し、真の国際的企業に成長した。

次を参照:www.seraphim-energy.com

関係リンク:https://www.seraphim-energy.com/seraphim-to-supply-183mw-modules-to-the-philippines/

ソース:Seraphim

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ