プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Silicon Line

Silicon LineがHDMI 2.1アクティブオプティカルケーブルモジュール・サンプリングプログラムを開始

AsiaNet 84292 (0891)

【ミュンヘン、コロラドスプリングス(米コロラド州)2020年6月10日PR Newswire=共同通信JBN】
*OEMと8Kテレビメーカーにマーケットレディーの認定アクティブオプティカルケーブル向けの準備を加速する機会を提供

民生用・商用アプリケーション向けの革新的なオプティカルリンクテクノロジーを開発、提供するグローバルリーダーであるSilicon Line GmbH(www.silicon-line.com )は、OEM(他社ブランド品受託製造業者)と8Kテレビメーカー向けのHDMI 2.1アクティブ・オプティカルケーブルモジュール・サンプリングプログラムを開始した。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1177813/Silicon_Line_Logo.jpg

Silicon Lineはアクティブオプティカルテクノロジーおよびその他のテクノロジーをケーブルのcompliance test specification(CTS)に盛り込むことに取り組んでいるHDMI Forumのテストサブグループで積極的な役割を果たしてきた。

広範囲な研究に加え、Silicon Lineはエンジニアが100以上の次世代ソースとディスプレー製品を組み合わせてモジュールを評価することができるHDMIプラグの会合への常時参加を通じて同社のモジュールを実地テストしてきた。このため、Silicon LineはHDMI 2.1モジュールがCTSのリリース直後に全面かつ迅速に準拠できると確信している。

Silicon Lineのルート・ファンデアリンデン最高経営責任者(CEO)は、HDMI 2.1がケーブルメーカーとパートナーに素晴らしい機会を提供し、商品化までの時間を加速すると語った。

ファンデアリンデンCEOは「われわれのHDMI 2.1アクティブケーブルモジュール・サンプリングプログラムによって、カテゴリー3 HDMIのUltra High Speed HDMI(R)Cable Certification Programが使用可能になった時点で全面準拠したケーブルを他に先んじて提供できると確信して、パートナーは当社のモジュールを発注できる。HDMI 2.1ケーブル市場は確かに極めて競争的であり、極めて重要なコンポーネントを評価、実装のために早期に確保するこれらのパートナーは商品化までの時間で極めて有利になる」と語った。

Silicon Line HDMI 2.1モジュールは、48 Gps帯域幅、eARC(エンハンスト・オーディオリターンチャンネル)、ゲーミングコンソール向けのビデオ遅延の軽減を含め、規格の最新仕様の全機能をサポートする。さらに、Silicon Lineのモジュールで駆動される近日発売のHDMI 2.1準拠ケーブルは、市場で全く類をみない外部電源不要という明確な優位性を提供し、従来のHDMI 2.0およびHDMI 1.4仕様をサポートする下位互換性がある。

ファンデアリンデンCEOは「アクティブオプティカルケーブルは、銅ケーブルの長さと直径の制限に加え、安定性かつ信頼性を伴う性能のために、HDMI 2.1エコシステムの大半を占めることになる」と語った。

Silicon LineのHDMI 2.1準拠モジュールの詳細、サンプルの申し込みはウェブサイトhttps://www.silicon-line.com/modules.html を参照するか、次に連絡を:
Jerome Py
CMO and Optical Modules Business Unit Head
jerome.py@silicon-line.com
+49 89 546 3700 118

▽Silicon Lineについて
Silicon Line GmbH(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2823856-1&h=2239067328&u=http%3A%2F%2Fwww.silicon-line.com%2F&a=Silicon+Line+GmbH )は、超低電力消費のオプティカルリンク技術のグローバルリーダーであり、消費家電製品、商用、工業用アプリケーション向けの薄型、軽量で長いハイスピードケーブルを実現する。同社は集積回路・モジュールを開発、製造し、アクティブオプティカルケーブルの簡易で低コスト、かつ大量のアセンブリーを可能にする。2005年創業のSilicon Lineはドイツのミュンヘンを本拠とし、韓国、日本、台湾、中国、米国にオフィスを構えている。

HDMI、High-Definition Multimedia Interface、HDMIロゴは、HDMI Licensing Administratorの商標ないしは登録商標である。

ソース:Silicon Line

▽問い合わせ先
Doug Wright / Henry Feintuch
Feintuch Communications
+1-212-808-4903 / +1-212-808-4901
SiliconLine@feintuchpr.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ