プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

TCO Development

最新報告書:循環型ITマネジメントについて専門家から33のヒント

AsiaNet 84290

 
【ストックホルム、2020年6月9日、PRNewswire】TCO Developmentは全世界に対してIT商品の持続可能性を証明するTCO Certifiedを発行する機関です。そのTCO Developmentから今回発表された最新報告書では、IT商品の購入者や利用者誰もが商品をリサイクルし、より持続可能なライフスタイルを実現していく方法が説明されました。

TCO Developmentのグローバル購入者エンゲージメント部門の責任者であるクレア・ホビー氏は、「循環型経済を実現していく方法はすでに私たちの手の届く範囲にあります。今必要なのは消費者の我々が、それらを実際に行動に移していくことです。」とコメントしています。

最新報告書であるImpacts and Insights: Circular IT Management in Practice(https://tcocertified.com/impacts-and-insights/ )では、IT商品の持続可能性分野で重要な課題のうち多くは循環型経済により解決することができるとし、その理由を説明しています。現在の直線的消費スタイルによって、膨大な二酸化炭素が排出されています。自然資源は急速に消滅しつつあり、危険な電子廃棄物が多量に破棄されています。その量は毎年5000万トンに上り、適切に処理されているのはそのうちたった20%です。循環型経済に移行することで、こうした汚染から地球を保護することができるようになります。

循環型調達を早くから実施しているオールボルグ自治市では、循環型経済を促進することで良い効果が目に見えて現れています。

オールボルグ自治市の持続可能な調達プロジェクトマネジャーであるバージット・クレブス・シュリーマン氏は、「IT商品を長く使うことでどれだけの二酸化炭素排出量が抑えられるかを知って驚きました。ノートPCを3年長く使えば、都市内の全てのビルに1年間ずっと空調をかけて電気を点けるために発生する二酸化炭素と同量の二酸化炭素を削減することができるのです。」と述べています。

循環型経済への移行は、大規模な変革と小規模な変革の両方によって成り立つパラダイムシフトです。今回の報告書では、循環型経済とITを先導する専門家達が33の具体的なヒントを延べています。

クレア・ホビー氏は、「理論だけでは意味がありません。この報告書では、循環型経済をさらに推進したいと考える人々に対して、現実の生活の中で実行できるヒントを与えるものです。」とコメントしています。

報告書で挙げられているヒントの例:
1. 購入したIT商品をもっと長く使う — たったこれだけで、あなたは自然資源の保護や温室効果ガスの削減に貢献することができます。
2. 例えばテイクバックプログラムなど、IT商品の循環につながる施策を段階的に実施していく。
3. IT商品を購入する時には循環型商品であるかどうかを考慮する。循環指標を使って商品を判断する。
4. 使わなくなったIT商品を転売して再利用してもらう。
5. IT商品の循環はみんなの協力が無ければ達成できないことを知る。内部的・外部的な協力の両方が必要!
報告書を読む(https://tcocertified.com/impacts-and-insights/

TCO Certifiedについて
TCO Certifiedは、IT製品の持続可能性認証で世界をリードしています。当機関の総合基準は、製品ライフサイクルにおける社会的、環境的責任を促進するよう作られています。コンピューター、モバイル機器、ディスプレイ製品、データセンター製品など11のカテゴリーがあり、コンプライアンスは認証前および認証後に別々に検証します。

写真: https://mma.prnewswire.com/media/1175176/TCO_Development.jpg

お問合せ先:
Cassandra Julin
+46(0)702866861
press@tcodevelopment.com
Press room(https://tcocertified.com/press-room/

 
(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ