プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

NTTレゾナント株式会社

高齢者向け見守りサービス「goo of thingsでんきゅう」をむつ市ほか全国複数の自治体を介して無償提供

~見守りサービスの活用を進めたい自治体支援を強化~

2020年6月9日
NTTレゾナント株式会社

高齢者向け見守りサービス「goo of thingsでんきゅう」を
 むつ市ほか全国複数の自治体を介して無償提供
~見守りサービスの活用を進めたい自治体支援を強化~

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:楠木 健、以下NTTレゾナント)は、高齢者向け見守りサービス「goo of thingsでんきゅう」を、青森県むつ市(市長:宮下 宗一郎、以下 むつ市)ほか複数の自治体等を介して、住民の方へ最大1,000個を無償提供することをお知らせします。

 本取り組みは、新しい生活様式の浸透施策として、見守りサービスの活用を進めたい自治体等の支援の一貫として行います。「goo of thingsでんきゅう」無償提供を通じて、自治体を介した家族と高齢者の見守り拡大に関する課題を整理、ノウハウを蓄積し、今後の見守りサービスの普及に役立てていきます。

1. 無償提供の概要
 本取り組みでは、むつ市を始め、見守りサービスの活用を進めたい複数の自治体等による住民への案内を経て、「goo of thingsでんきゅう」を最大1,000個無償提供します。対象の自治体に住む高齢者、または高齢の親と離れて暮らす家族が利用申込みできます。無償提供の利用申込みは、先着順となります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006080606-O1-ay1ke103

(1) 無償提供期間
 2020年6月9日(火)~2020年8月31日(月) (*1)(*2)(*3)
 ※初期費用9,800円(税別)、上記期間の月額費用580円(税別)が無償となります。

(2) 申込方法
 自治体等が住民や各施設に配布するチラシ、各種SNSアカウントなどの告知に記載されているQRコードから、専用ページにアクセスしてお申し込みください。

2. 「goo of thingsでんきゅう」無償提供の目的
 近年、急速に高齢化が進むに伴い、高齢者の生活を支えるさまざまなサービスや支援へのニーズが高まっています。

 「goo of things」は、高齢者向けサービスの中でも「一人暮らし高齢者の見守り」に着目し、一般向けに「家族・高齢者」の2者間の見守りサービスを提供しています。離れていても電灯の点灯情報で日々の活動状況を把握できる「goo of thingsでんきゅう」を通じて、見守り活動の効率化や、家族・高齢者間のコミュニケーションの活性化を目指してきました。また、現在、青森県むつ市において「goo of thingsでんきゅう」を用いた「自治体・家族・高齢者」の3者による見守りサービスの実証実験(*4)も行っています。加えて、新型コロナウイルス感染拡大を経て、新型コロナウイルスとの共存のために従来の生活様式が見直されている今、見守りのニーズもさらに高まることが予想されます。

 そこで、「goo of things」は、「goo of thingsでんきゅう」一般向けの無償提供により、自治体等を通じた家族と高齢者の見守りの拡大に関する課題の整理やノウハウの蓄積を行うことで、見守りサービスの提供を検討する自治体や施設・団体の支援を強化します。

3. 今後について
 本取り組みを通じて得た知見とむつ市で実証実験中(*4)の25世帯での実証結果を生かして、自治体や施設・団体への「goo of thingsでんきゅう」による見守りの提案・支援を強化していきます。

 なお、「goo of thingsでんきゅう」の詳細説明や、導入検討などのご相談については、下記よりお問い合わせください。(自治体やその他施設等のお問い合わせのみ)

 問い合わせ先はこちら:got-dev@nttr.co.jp

4. 「goo of things」について(https://product.goo.ne.jp/got/)
 「goo of things」は、「家族のつながりを創るIoTサービス」として、2019年4月からサービスを提供中です。2020年2月からは高齢者向け見守りサービス「goo of thingsでんきゅう」を提供しています。

 「goo of things」は、生活に密接したIoTデバイスを選択し、各種デバイスと簡単に接続できるよう最適化した専用アプリを展開することで、子どもから高齢者まで幅広い年代の生活に馴染むIoTサービスを目指しています。インターネットにつながるモノとgooの技術を連携し、新たな家族間コミュニケーションの形を創り出していきます。

 「goo of thingsでんきゅう」の詳細はこちら:https://product.goo.ne.jp/got/denkyu/

【補足】
(*1) 上記期間終了後は、設置した専用電球から「goo of things」アプリへの情報送信が停止します。設置した電球はそのまま通常のLED電球として利用できます。
(*2) 無償提供期間終了後、見守りサービスを継続利用したい場合は、有料版への契約が必要です。詳細は下記からご確認ください。
https://product.goo.ne.jp/got/denkyu/
(*3) 無償利用期間終了の1か月前から、順次有料契約のご案内をします。
(*4) 関連プレスリリース
むつ市、NTT Com、NTTレゾナント、高齢者向け見守りサービスの実証事業に関する連携協定を締結

※ 記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

申込み~設置の流れ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ