プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Karma Automotive

Karma Automotiveが新たな最高戦略責任者の任命で企業の成長を加速

AsiaNet 84280 (0886)

【アーバイン(米カリフォルニア州)2020年6月8日PR Newswire=共同通信JBN】
*グレッグ・ター氏が戦略、経営企画、事業開発、製品計画、新規事業を主導

グレッグ・ター(Greg Tarr)氏が最高戦略責任者(CSO)としてKarma Automotive(カルマオートモーティブ)に加わった。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1177416/DSCF1681.jpg

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/846369/Karma_Automotive_Logo.jpg

Karmaの最高経営責任者(CEO)ランス・ジョウ博士の直属の部下となるター氏は、CSOとしてKarmaのビジネスモデル、戦略的イノベーション、および将来の製品ポートフォリオに貴重なインサイトとリーダーシップを提供する。Karma Automotiveが高級電気自動車、スーパーカー、商用車、テクノロジープラットフォームにまたがる将来の車両プログラムを開発するにあたり、ター氏の戦略的ガイダンスは、同社のグローバルプレゼンスと製品開発の拡大を力強いものにしてくれるだろう。バッテリー電気自動車(BEV)の新たなラインナップは、完全電気自動車Karma Revero(カルマ・レヴェーロ) GTEを皮切りに2021年春、発売される。

Karma AutomotiveのCEOランス・ジョウ博士は「Karmaは従来の自動車ビジネスモデルを超え、シリコンバレーなどのテクノロジー拠点で採用されている常識破りの戦略と起業家精神を発揮できる多様な人材を求め続けていく。グレッグ(ター氏)のシリコンバレーの自動車やモビリティースタートアップ、グローバルネットワーク、ベンチャーキャピタルでの指導者としての経験やトヨタのバックグラウンドは、Karmaの経営陣にとって貴重な資産となるだろう」と語った。

ター氏は「Karmaはイノベーションで高級電気自動車のカテゴリーを確立し直しつつある。Karma製品は、新しいモビリティーイノベーション、象徴的・独占的デザイン、カスタムメイドの職人技を結集し、次世代の高級電気自動車、スーパーカー、SUVを生み出す。Karmaは、膨大な知的財産ポートフォリオと南カリフォルニアの製造施設KICCを活用、大規模なOEMや最先端のスタートアップとの提携で、顧客体験を向上させる未来のモビリティーを提供する」と語った。

ター氏はこれまで、以下のような指導的ポストを歴任してきた。コーポレートベンチャーキャピタル:ボーダフォン・チャイナ、SingtelのGlobe Telecom、Axiata Group、Rogers Communications、スタートアップ:Glympse-取締役/CSO、Automatic Labs- CSO(M+A- Sirius XM)、Networks in Motion- VP Asia(M+A- TCS)、Jibe-取締役(M+A- Google)、RX Networks-取締役(M+A- Bluestar China)、Kodiak Networks VP Asia(M+A- Motorola)、 Admobius-設立時からの投資家/創業メンバー-取締役(M+A- Lotame)、Shanghai Linktone(ナスダック)、SmartPay China(M+A- Ping An insurance)、ドイツ銀行-Head of Asian Technology Equity Research、トヨタ米国本社テクニカルカスタマーサービス。

ター氏は、10年以上にわたり中華圏、日本、韓国、ベトナム、シンガポール、スウェーデン、カナダに居住、出身はニューヨーク市である。

▽Karmaについて
南カリフォルニアに拠点を置くKarma(カルマ)は、単なる自動車会社ではない。Karmaは魂を揺さぶる高級電気自動車のクリエーターとして最もよく知られているが、商用車と自動車技術プラットフォームを生産している。2014年に設立されたKarmaは、エンジニアリング、設計、カスタマイズ、製造リソースを製品開発の迅速化、新技術へのアクセス、製品の高級化を目指す他の企業に開放することにより、従来の小売ベースの自動車ビジネスモデルを確立し直している。グリーンカー・ジャーナル誌の2020ラグジュアリー・グリーンカー・オブ・ザ・イヤー(TM)であるRevero GTは、デュアル電気モーターを搭載した高級電気自動車で、優れた自動車デザイン、テクノロジー、カスタマイズ、卓越した顧客体験を提供するというKarmaの目標を具現化している。北米の小売パートナーが現在、Revero GTを個人顧客に販売しており、2020年後半には高性能タイプのRevero GTSの販売を開始する。Revero車は全て、カリフォルニア州モレノバレーのカルマ・イノベーション・カスタマイゼーション・センターで1台1台丁寧にワールドクラスの職人技でつくられている。詳細については、www.karmaautomotive.com またはwww.karmanewsroom.com を参照。

ソース:Karma Automotive

▽問い合わせ先
Natasha Overin
PR Specialist
Email: noverin@karmaautomotive.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ