プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

THE KYOTO

文化を知る。世界を変える。「THE KYOTO」立ち上げ。

2020年6月8日

THE KYOTO事務局

京都新聞社、141年目を歩み始める節目6月9日に
地方新聞社の業態進化に挑戦する新事業「THE KYOTO」を立ち上げ

京都新聞社(本社:京都市中京区、社長:山内 康敬)は、141周年を迎える2020年6月9日(火)※ に新事業「THE KYOTO」を、株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)と共同で立ち上げます。
「THE KYOTO」は「文化を知る。世界を変える。」をスローガンに、メディア、サロン、クラウドファンディングの3つの活動を柱とし、京都をヒントに未来の文化を生み出すためのプラットフォームです。
※ 京都新聞の前身京都商事迅報(はやぶれ)は1879(明治12)年6月9日に創刊

地方新聞社の業態進化 : 3つの新しいジャーナリズムへ挑戦
Slow Journalism〈 スロージャーナリズム 〉
新しさや速さよりも歴史に磨かれた智慧を探求し、現在に価値のある視点を丁寧に伝える。
Solutions Journalism〈 ソリューションジャーナリズム 〉
社会課題を提起するだけでなく、共感でコミュニティを生み出し解決まで導く。
Glocal Journalism 〈 グローカルジャーナリズム 〉
地域に根付く姿勢はそのままに、読者を世界へ拡げる。

スローガン   文化を知る。世界を変える。
「THE KYOTO」は、メディア、サロン、クラウドファンディングという3つの活動を柱に、京都の価値を再認識し、未来の文化を考えるグローバルなアート・文化のコミュニティを生み出すことを目指します。

3つの活動の柱
1. メディア
情報過多、フェイクニュース、フィルターバブルといった情報社会の課題に、京都に流れる時間のようにゆっくりと、丁寧な記事をお届けする。新しさや速さよりも歴史に磨かれた智慧を探求し、現在に価値ある視点で伝えるスロージャーナリズムの精神で、1日3本の記事を配信。「Inspiration」「Sense」「Idea」3つの刺激で、読者の美意識・哲学のアップデートをサポートする。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202006080600-O1-Ket7Bx4M
〈 Inspiration 〉
フォトグラファーの感性が切り取る〈美しさの一瞬〉。時が止まるような美しいひとときが、視覚を通じて全身を奮い立たせる。その背景にあるストーリーを感じながら、じっくりと楽しんでいただきたい。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202006080600-O2-Gnu24LaH
〈 Sense 〉
自分の価値基準とは、生きる意味とは、学びとは何か。根源的な問いに向き合う〈骨太なストーリー〉。世代、性別を問わず、文化を発信、継承する人々の生き方、考え方にこれからの時代のヒントを探る。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202006080600-O3-kSFp5pr5
〈 Idea 〉
今日のあなたを磨く〈ひと匙のアイデア〉。食、アート、歴史、音楽。ありとあらゆるジャンルから、新しい視点や知恵、情報を紹介。気軽に読め、毎日をちょっとずつ豊かにしてくれる記事をお届けする。

2. サロン
日本を代表する多様な文化人とグローバルな文化が交わる対談や座談会を企画。失われかけているサロン文化をアップデートし、より新鮮で刺激的な場を目指す。人生で最高の贅沢は人との出会い。リアルからしか生まれない学びとインスピレーションを、デジタルと両輪で提供していく。

〈 オンラインサロン(ウェビナー)の開催 〉
第1弾は「経済を、もっとおもしろく。」を掲げるNewsPicksとの共同イベントから開催いたします。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202006080600-O4-j62z25Pt 】 
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202006080600-O5-96jgae2e

2020/6/09(火)08:30-09:30 「禅と日本文化」
伊藤東凌(建仁寺「両足院」副住職)、佐々木紀彦(NewsPicks Studios CEO)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202006080600-O6-Mw98x2W6 】 
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202006080600-O7-vIp6llq0

2020/6/10(水)08:30-09:30 「きものと日本の美意識」
細尾真孝(西陣織「細尾」12代目)、山口周(独立研究者、著作家、パブリックスピーカー)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202006080600-O8-16pJ73B3 】 
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202006080600-O9-o7eiX928

2020/6/11(木)08:30-09:30「京料理と編集力」
高橋拓児(木乃婦3代目主人)、佐渡島庸平(コルク代表)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202006080600-O10-7JId0lU1 】 
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202006080600-O11-0eC2xB4C

2020/6/12(金)08:30-09:30「お華と感性力」
笹岡隆甫(華道 未生流笹岡 3代家元)、MEGUMI(女優、タレント)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202006080600-O12-DbK15qHv 】 
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202006080600-O13-X1Mgntb1

2020/6/17(水)08:30-09:30「工芸と共感力」
矢島里佳(和える代表取締役)、坊垣佳奈(マクアケ共同創業者、取締役)

3. クラウドファンディング
未来の文化を創るアイデア、人、お金を繋ぐクラウドファンディング。メディアやサロンを通じて生まれたアイデアを、社会実装することで世の中を動かしていく。美しき伝統、後世に伝えたい知識や技術、アイデアで解決したい社会課題、地域課題。「THE KYOTO」らしい豊かな解決方法で世界を変えていきます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202006080600-O14-bg55e7Vs
 
800年にわたる和歌の家・冷泉家に文化財を保存する土蔵を造りたい
未整理の公家文化を後世へ。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202006080600-O15-SHSS2r55

COVID-19退散 祇園祭の粽をお届けしたい
祈りを込めて作られた粽を授与し、祇園祭を後世へ。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202006080600-O16-B5a5s80D

クマグスクの新たなアートスペースが二条城の北側に誕生
もったいない、をプロダクトに昇華。
アーティストの制作活動で不用になった端材を、副産物として利活用。

With COVID-19、ニューノーマルへの挑戦 「Stay with THE KYOTO」
コロナ禍にお出かけできない、京都へお越しいただけないファンのみなさまの悩みを解決し、同時に文化を応援するプロジェクトをラインナップ。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202006080600-O17-KVib914T

京都の有名料亭がリレーでお届けする無料レシピ動画 「おうちで料亭ごはん」

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202006080600-O18-V6zs94Vs

自宅で完成する名店「いづう」のちらし寿司の商品開発など、
おうち時間を彩りながら文化振興に寄付できる「育てるお取り寄せ」

メンバー挨拶

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202006080600-O19-4ZdGk706

大西祐資 (発行人)

140年余り、ずっと京都を見つめる新聞社だから、きちんと京都の玄関にお招きし、一歩も二歩も分け入った文化の奥深い場所に誘います。伝えたいのは多様な価値観。触れてほしいのは伝統の繊細な差異と現代の息吹。きっと、みなさんの心の支えになる、とびっきりの一つを見つけていただけるはずです。そして、「THE KYOTO」と一緒に、新たな何かを生み出しませんか。
プロフィール : 1989年に京都新聞社入社。社会部事件キャップ、社会担当部長などを経て、今年3月まで1年9カ月にわたり編集局長。共著に「権力に迫る『調査報道』」(旬報社)。1994年度新聞協会賞=連載「こころの世紀」(取材班メンバー)=や2014年第21回坂田記念ジャーナリズム賞=福島原発事故に伴う県外避難者報道(取材班代表)=など受賞。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202006080600-O20-bC6Y2j71

各務亮 (編集長&クリエイティブ・ディレクター)

京都の文化は、美しさと未来へのヒントに溢れています。でも、その多くが継承の危機に直面しています。「THE KYOTO」では、文化・アートを愛好する世界中の人々と、地域の文化をつないでいきたい。地域文化を観るだけでなく、そこに参加いただき、育てることを新しい常識にしていきたい。未来の文化をつくる贅沢を、みなさまとご一緒できること楽しみにしています。
プロフィール : 2002年から中国、シンガポール、インドなど電通拠点を移り住み、2012年から電通京都支社勤務。京都から日本ならではのグローバル価値を生み出すべく「GO ON」「太秦江戸酒場」「夕暮能」など伝統に異分野を掛け合わせた全く新しい商品、サービス、事業を多数立ち上げ。佐治敬三賞、カンヌライオン、D&ADなど受賞。

サービス内容
・ Webサイト : https://the.kyoto
・ 月間購読料1,000円のサブスクリプションサービス(1週間のお試し期間あり)
・ 2021年春以降はサロンを中心にしたメンバーシップサービスも公開予定

Inspiration
Sense
Idea
伊藤東凌
佐々木紀彦
細尾真孝
山口周
髙橋拓児
佐渡島庸平
笹岡隆甫
MEGUMI
矢島里佳
坊垣佳奈
冷泉家
祇園祭
クマグスク
おうちで料亭ごはん
「いづう」のちらし寿司
大西祐資
各務亮
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ