プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

KSK Land

KSK Landの初プロジェクト「8 Conlay」は日本の住宅購入者に新しい生活様式を提供

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006080599-O1-0nGcs7RJ

 
AsiaNet 84250 (0871)

【クアラルンプール2020年6月8日PR Newswire=共同通信JBN】クアラルンプールの中心部にぜいたくな現代の隠れ家としてそびえ立つ8 Conlayは、第2のわが家として家具完備のブランドサービスの住居を提供する。

国際的な不動産開発シーンの先駆者であるKSK Landは、クアラルンプールの中心部で多目的住宅・開発プロジェクトの8 Conlayに着手した。世界の一流建築家が設計し、ケンピンスキーがサービスを提供するこの高級総合施設は、世界的に著名なインテリアデザイナーのスティーブ・リオン、ケリー・ホッペン両氏が各室を監修し、斬新な現代都市の生活体験を提供する。

https://photos.prnasia.com/prnh/20200603/2820499-1-a
(KSK Landの8 Conlay)

https://photos.prnasia.com/prnh/20200603/2820499-1-b
(8 ConlayのYOO主寝室内装を手掛けたケリー・ホッペン氏)

高級なクアラルンプールのシティーセンターとゴールデントライアングル地区の間に立地する8 Conlayは、4層の体験型小売りスペース上にあるタワー3棟で、タワーは5つ星のケンピンスキーホテルと高級住宅のタワー2棟で構成され、グローバルなデザイングループYOOと提携してYOO8と呼ばれ、ケンピンスキーがサービスを提供する。

受賞歴のあるマレーシアの建築家ハド・ベーカー氏(RSP Architects所属)が設計し、タイ景観設計家のポク・コブコンサンティ氏(TROP Studio所属)が造園を担当する8 Conlayは、マレーシアのライフスタイル資産開発企業KSK Landによる初めての開発である。

自然と都市の主要名所のバランスを完璧に整える8 ConlayのYOO8は、以下のような斬新な現代生活体験を提供する:

*26階のウオーターラウンジ:リラックスできるさざ波プール、ジム、完全な隠れ家のきらめくシティービュー

*44階のグリーンレフュージ:地元植生にあふれるバリの傾斜棚田にヒントを得たスカイパーク

KSK Landのジョアンヌ・クア社長は「世界一流の施設は別として、YOO8は最高の快適さのためにケンピンスキーのさまざまな5つ星ホスピタリティーサービスも提供する。これにはケンピンスキーの有名なレディーインレッド(Lady in Red)、バレット、24時間警備システム、日本語を話すコンシェルジュとドアマンが含まれる。また、ランドリーや室内清掃から子どもの託児所まで、アラカルトサービスを選ぶこともできる。これは再定義された生き方である」と語った。

マレーシアは日本人観光客の間で長期滞在型観光の主な目的地として知られている。Statista Research Department(https://www.statista.com/statistics/1080646/japan-number-japanese-residents-malaysia/ )は、2018年10月時点で日本人2万6500人以上がマレーシアに住民登録していると伝えた。さらに、全日空(https://www.japantimes.co.jp/news/2017/12/14/national/malaysias-second-home-program-losing-allure-japanese-3-11/#.XteKa6ZS-Ul )によると、マレーシアは日本人が長期滞在を望むリストのトップを11年連続で占めている。これは低い生活費、年間を通じた温暖な気候、Malaysia My Second Home(マレーシア・マイセカンドホーム、MM2H)の優遇税制のおかげである。

資産価値が比較的速いペースで下がる日本の不動産市場とは対照的に、マレーシアの不動産は安定した投資機会を与え、わずかなコストで快適な生活スペースを提供する。こうした有利な特性が日本人市場に魅力的な投資・生活感を生み出している。

ジョアンヌ・クア氏は「日本で不動産価格、消費税が上がる中、YOO8はマレーシアで不動産投資を探求したり、隠居を計画したりしている日本人に絶好の機会を与える。低い税、世界一流のヘルスケア、1年間のケンピンスキー・ディスカバリー・ロイヤルティプログラムのプラチナ会員権は、居住者が直ちに享受できる特典の一部である。YOO8は、東南アジアの最速成長都市の活気ある中心部で夢の住宅を取得できるように、日本人市場振興を促すMM2Hプログラムの簡易申請も提供する」と語った。

詳細はjp.8Conlay.com を参照。

▽KSK Landについて
2013年創業のKSK Landは、マレーシアの大手投資持ち株会社KSK Group Berhadの完全子会社である。KSK GroupはKSK Insurance IndonesiaおよびKSK Insurance Thailandによって東南アジア全域で損害保険事業を展開し、KSK Landによってマレーシアの不動産開発市場に参入した。国際不動産開発シーンの活動的な新プレーヤーであるKSK Landの初のプロジェクトである8 Conlayは、デザイン、職人技、ライフスタイルを優先するオーダーメイド資産創出の企業理念を反映している。

▽8 Conlayについて
建築家のハド・ベーカー氏(RSP Architects所属)が設計し、ポク・コブコンサンティ氏(TROP Studio所属)が造園を担当した8 Conlayは、クアラルンプールの活気ある中心部に新世代の世界の先駆者と開拓者を迎え入れる。自然と都市の主要名所のバランスを完璧に整えるタワー3棟の統合施設は、5つ星のケンピンスキーホテル、体験型の小売りスペース、ケンピンスキーがサービスを提供するYOO8ブランドの住宅によって、生活のやり方を引き上げる。その全ては、Steve Leung & YOO(スティーブ・リオン・アンドYOO)(タワーA)とKelly Hoppen for YOO(ケリー・ホッペン・フォーYOO)(タワーB)が独占的に監修する。

▽YOOについて
大手不動産デベロッパーのジョン・ヒッチコック氏と世界有数のセレブデザイナーのフィリップ・スタルク氏が率いるグローバルなデザイングループYOOは1999年、特別な居住空間で生活を豊かにするという唯一の理念によって設立された。YOOはそれ以来、フィリップ・スタルク、マルセル・ワンダース、ジェイド・ジャガー、ケリー・ホッペン、スティーブ・リオンの各氏およびYOO Studioなど先見の明があるデザインのさまざまな革新的人材の協力を仰ぎ、アジア、オーストラリア、欧州、アフリカ、北米、南米、中東の36カ国以上で住宅とホテルのプロジェクトをデザインしてきた。

▽ケンピンスキーホテルについて
1897年創業のケンピンスキーホテル(Kempinski Hotels)は欧州最古の高級ホテルグループである。ケンピンスキーの申し分ない個人サービスと最高のホスピタリティーの豊かなヘリテージは、各施設の独占性と個性によって補完されている。欧州、中東、アフリカ、アジア、米州の施設は、それぞれがヘリテージを見失うことなく、ケンピンスキーブランドの力と成功を反映している。そのポートフォリオは、歴史的建造物や受賞歴のあるアーバン・ライフスタイルホテル、優れたリゾート、一流住宅に及ぶ。ケンピンスキーは世界最大の独立系ホテルブランドの連合体、グローバル・ホテル・アライアンス(GHA)の創設メンバーである。

ソース:KSK Land

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=364688
(写真説明:KSK Landの8 Conlay)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=364690
(写真説明:8 ConlayのYOO主寝室内装を手掛けたケリー・ホッペン氏)

KSK Landの8 Conlay
8 ConlayのYOO主寝室内装を手掛けたケリー・ホッペン氏
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ