プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ワイドテック

ワイドテック、「NetSupport Manager」で14日間のテレワーク「無料体験サービス」を提供開始

~ オフィスのPCそのまま、自宅でセキュアなテレワークを ~

報道関係各位
2020年6月5日
株式会社ワイドテック

ワイドテック、「NetSupport Manager」で 14日間のテレワーク「無料体験サービス」を提供開始
~ オフィスのPCそのまま、自宅でセキュアなテレワークを ~

株式会社ワイドテック(本社・東京都千代田区、代表取締役・李光一郎)は、同社取り扱いのWindows向け汎用リモートコントロール・ソフトウェア製品である「NetSupport Manager」を、テレワーク(リモートワーク)の実現手段として活用できる「ゲートウェイ(中継サーバー)」を14日間試用可能な「無料体験サービス」の提供を開始しました。
 
 事業所に出勤して行っていた業務を、出勤することなく自宅や外出先から行うテレワークは、政府が推進する「働き方改革」の一環としてここ数年導入が叫ばれてきましたが、実施率は高いとはいえず、実践経験の蓄積もない状態でした。
それが、今般の新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の局面において急速に広まることになったものの、事前に十分な準備が行われず、セキュリティなどに課題を残したまま、なし崩し・見切り発車的に開始せざるをえなかったケースも多いようです。
ワイドテックでは、NetSupport Ltd.(本社・英国ピーターバラ市)のプレミアパートナー(最上級販売代理店)として、NetSupport Managerを10年以上にわたり日本で販売していますが、政府の緊急事態宣言に基づき出勤者数の抑制が求められた4月初旬、社員が自宅等から職場のPCに接続して業務を継続できるよう、同製品を用いた高速でセキュアなテレワーク環境を、実質わずか1日で構築し、在宅勤務に活用していました。
この経験をもとに、面倒な設定不要で手軽に始められるテレワークの事例を広めるべく、従来から提供しているNetSupport Managerの30日間体験版に加え、リモート接続設定を簡素化できる中継サーバー「ゲートウェイ」をクラウド上に構築、14日間無償でテレワーク環境の「お試し」利用を可能としました。
併せて、ゲートウェイの構築や必要なソフトウェアのインストールと設定について、テレワーク開始をゴールとしたマニュアル一式の提供も開始し、NetSupport Managerによる快適でセキュアなテレワーク環境導入の支援を図ります。

■NetSupport Manager+ゲートウェイ機能によるテレワーク環境の特徴

NetSupport Managerの「ゲートウェイ」とは、事業所と自宅など、異なるLAN上にあるPCどうしの中継接続を行うサーバーソフトウェアです。
事業所内にあるWindowsの動作するサーバーPC、または事業所の外のパブリッククラウドやVPS(管理者権限付きレンタルサーバー)などのWindowsインスタンスにゲートウェイをインストールして経由させることで、複雑なネットワーク経路やファイアウォールなどの存在を意識することなく、シンプルかつ迅速にテレワークを開始できます。
事業所内にある操作される側のPCには「クライアント」、自宅等の操作する側には「コントローラー」というソフトウェアをそれぞれインストールし、ゲートウェイのアドレスを設定するだけで準備が完了します。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006040557-O1-lA7K9J3c
・職場のPCがそのまま利用でき、VPN(仮想プライベートネットワーク)やVDI(仮想デスクトップ)の構築、ルーターに対する操作(ポート開放など)も一切不要
・Windowsの標準リモートデスクトップ機能(RDP)に依存しない、独自のリモートコントロール技術を採用。既知のRDPポートへの攻撃リスクを回避
・コントローラー(操作する側)からのファイル転送やクリップボードの操作を必要に応じて禁止でき、シンクライアントと同等のセキュリティを実現可能。機密情報の漏洩を防ぎ、セキュリティレベルの低いPCからのマルウェア侵入も防止
・モバイル回線を用いたWi-Fiルーターやテザリング環境のような、比較的低速のインターネット接続でも軽快に動作
・コントローラーにはWindowsはもちろん、iOSやAndroid端末も利用可能
 ※クライアント(操作される側)はWindowsのみとなります。
・ライセンスは買い切り型(保守費別)で、ゲートウェイ導入に伴う追加費用なし

■NetSupport Manager体験版+ゲートウェイ無料体験の申し込み方法・利用条件

NetSupport専用Webサイト( https://netsupport.widetec.com/ )を通じて申し込みを受け付けます。
・NetSupport Manager体験版(最大10台の同時接続が可能)の利用期間は30日間、クラウド上のゲートウェイ無料体験サービス(試用)は14日間
・ゲートウェイ無料体験サービスは、既にNetSupport Managerをお使いの方(製品版ライセンスをお持ちの方)も申し込み可能
・体験版ユーザーがゲートウェイを自前で用意する場合は、体験版本体と同様、30日間のゲートウェイ利用が可能
・無料体験サービス期間満了後は、自前でのゲートウェイ構築を推奨
  ※ゲートウェイの導入手順を平易に解説した専用マニュアルを、上記Webサイトを通じて提供しています。

【NetSupportについて】
NetSupportシリーズは、英NetSupport Ltd.が開発し全世界に展開する、30年の歴史を持つリモートコントロール・ソフトウェア製品群です。
ワイドテックでは2009年に同社と正規代理店契約を締結して以来、日本市場での本格的な販売活動に取り組んでおり、現在は日本で唯一の最上級販売代理店である「プレミアパートナー」として、汎用リモートコントロール・ソフトウェアの「NetSupport Manager」と、教育用途に特化しオンライン授業にも活用できる「NetSupport School」の2製品を中心に取り扱っています。

ワイドテックでは、NetSupport Managerの活用による、より快適でセキュアなテレワーク環境の普及を図りながら、在宅でも滞りなく業務を継続できる環境づくりの支援と、ポスト・コロナにおける新しいワークスタイル確立への貢献を目指して行きます。

以 上

本プレスリリースに関するお問い合わせ先は、以下の通りです。

株式会社ワイドテック
プロダクト事業部 NetSupport担当
電話:03-5829-3962
Webサイト: https://netsupport.widetec.com/
テレワーク環境構築情報: https://netsupport.widetec.com/gateway/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ