プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

イ坊市政府外交部(中国)

オルシティンの中国の姉妹都市イ坊が流行対策情報を共有、COVID-19の渦中に2者間の関係深まる

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006040540-O1-8P34OnTC

AsiaNet 84246 (0875)

【イ坊(中国)2020年6月3日新華社=共同通信JBN】イ坊市政府外交部によると、5月26日、ワルシャワとオルシティン、それに中国東部山東省の済南、イ坊両市からの参加者らの間でビデオ会議が開催された。オルシティンとイ坊は姉妹都市として、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防と対策について情報を交換した。リュー・グアンユァン駐ポーランド中国大使、オルシティンのピョートル・グジモウィチ市長、イ坊のティアン・チンイン市長も会議に参加した。

これは、COVID-19の効果的な予防と対策手段に関する両姉妹都市間での初の体験共有会議である。オルシティンの医療チームから合計11の質問が出され、イ坊のチームが実際の体験に基づいて回答した。

地元政府を代表してティアン市長は、ピョートル・グジモウィチ市長に適切な時期に代表団とともにイ坊を訪問するよう招待した。感染症の流行終息後に両市が貿易と友好の拡大を続けていくにつれ、交流と関係がより密接になると期待される。

ピョートル・グジモウィチ市長は、イ坊によるウイルス対策の体験共有に謝意を表明し、2者間の経済、文化、人的交流の拡大を期待した。

イ坊とオルシティンは2016年に姉妹都市となった。それ以降、両市は密接な関係を維持し、広範囲に及ぶ交流と経済、文化、観光面での協力を実施してきた。

世界規模のCOVID-19発生以後、イ坊は人道的支援として、オルシティンに1000枚のN95医療用防護マスク、1万枚の使い捨て通常医療用マスク、200セットの医療用防護服を提供した。

ソース:The Foreign Affairs Office of Weifang Municipal Government

添付画像リンク先:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=364662
(写真説明:会議場の様子)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=364668 
(写真説明:会議場の様子)

会議場の様子
会議場の様子
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ