プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

エネルギー市場監督庁(シンガポール)

シンガポール国際エネルギー週間(SIEW)2020 「低炭素エネルギーの未来を共に創造する」

AsiaNet 83901

シンガポール国際エネルギー週間(SIEW)2020 「低炭素エネルギーの未来を共に創造する」

【シンガポール2020年6月3日PR Newswire】エネルギー市場監督庁(EMA)は4日、第13回シンガポール国際エネルギー週間(SIEW)のテーマ「低炭素エネルギーの未来を共に創造する(Creating Our Low Carbon Energy Future Together)」を発表しました。

2. COVID-19のパンデミックは世界経済とエネルギー需要に影響を与え、エネルギー業界は苦境に立たされました。それと同時に、この危機は世界経済が回復した際により安全で持続可能なエネルギーの未来への移行を促す可能性があります。COVID-19によりCO2排出量が一時的に減少したものの、気候変動との闘いが急務であることに変わりはありません。私たちはなにを新たな成長機会ととらえ、低炭素エネルギーの未来に向かってどのように協力することができるのでしょうか。 こうしたことを背景に、SIEW 2020は世界のエネルギー業界の関係者が最良の実践例を共有し、業界全体に変化をもたらすためのプラットフォームを提供します。

3. SIEW 2020のテーマについて、シンガポール貿易産業省上級国務相のコー・ポー・クーン医学博士は「SIEW2020のテーマが強調しているのは、政府と業界が持続可能な方法で経済を発展させるという緊急の課題に直面しているということだ。世界経済の見通しが立たないために、エネルギー業界はこれまで以上に難しい局面に立たされている。SIEWでは、低炭素エネルギーの未来をいかに創出するかについて有意義な議論が行われることを期待している」と述べました。

4. EMAは、初めてウェビナー形式で開かれたSIEW 2020 Global Launchにて、このテーマを発表しました。ウェビナーの講演者として、国際エネルギー機関(IEA)の石油産業・市場部門責任者であるニール・アトキンソン氏、Sembcorp Industriesの再生可能エネルギー・環境責任者のタン・チェン・グァン氏が参加しました。ディスカッションの進行役はGlobal Compact Network Singapore社長であるゴー・スィー・チェン氏が務めました。

SIEW 2020のハイライト

5. シンガポール・エネルギーサミットでは、閣僚や業界リーダーによるパネルディスカッションでテーマについて深く議論します。これには、われわれの低炭素エネルギーへの移行手段、低炭素経済の発展、ならびに低炭素技術の導入についての議論が含まれます。

6. シンガポールとIEAは今回初めて、SIEWで第2回Global Ministerial Conference on System Integration of Renewable Energyを共催します。IEA事務局長のファティ・ビロル博士は「変動性再生可能エネルギーの統合は、現代的かつ持続可能で経済的なエネルギーシステムの強化において重要である。IEAがこの会議をシンガポール政府とSIEWで共催できることは大変喜ばしい」と述べました。

7. ビロル博士は「IEAのクリーンエネルギー移行のこの年に、私たちはは閣僚と実業界のリーダーを参集し、シェアを拡大している再生可能エネルギーを統合するために現実的なソリューションと最新の展開について討論する。これはエネルギーの安全、持続可能性および経済性を高める取り組みの極めて重要な部分だ。現在、政府とエネルギー部門関係者はこれまで以上にエネルギーシステムの安全を優先する必要があり、この重要なイベントはこの責務を支援するものとして用意された」と付け加えました。

8. S&P Global Plattsは、アジア地域の水素事業の成長と開発に特別な重点を置いた、アジアの液化天然ガス(LNG)および水素ガス市場に関する会議を新たに開催します。再び開催されるパートナーイベントのアジア・クリーンエネルギー・サミット(Asia Clean Energy Summit)では水上型ソーラー発電を含むクリーンエネルギーを検証します。2020年アジア・ダウンストリーム・サミット(Asian Downstream Summit 2020)はアジア精製技術会議(Asian Refining Technology Conference)と同時開催され、精製と石油化学製品の持続可能性と生産性に焦点を当てます。

9. 参加する代表者は、SIEWエネルギー・インサイトおよびSIEWシンクタンク・ラウンドテーブルでのレポート発表を期待できます。ラウンドテーブルのホストにはドイツの Agora Energiewende、Energy Research Institute @ NTU(ERI@N)、シンガポール国立大学エネルギー研究所(ESI)および一般財団法人日本エネルギー経済研究所(IEEJ)が含まれます

10. SIEW 2020は、2020年10月26日から30日まで、シンガポールのマリーナベイ・サンズのサンズ・エキスポ&コンベンションセンターで開催されます。最新情報は、SIEWへの参加登録が開始される7月に発表されます。

シンガポール国際エネルギー週間(SIEW)について

今回で13回目を迎えるシンガポール国際エネルギー週間(SIEW)は、エネルギーの知見や、パートナーシップ、意見交換を行うために開催されるアジアにおける最高のプラットフォームです。一週間の開催期間中には、国際会議や展示会、ラウンドテーブルが同時に行われます。SIEWは政界やビジネス業界、学界におけるエネルギー産業のオピニオンリーダーを集めることにより、エネルギーに関する充実した対話を促し、石油とガス、クリーンエネルギーおよび再生可能エネルギー、エネルギー・インフラへの投資など、エネルギー分野におけるソリューションや活動を促進するためのイベントです。

ウェブサイト: https://www.siew.gov.sg/

以下をフォロー:www.facebook.com/SIEW.sg
Twitter: @SIEW_SG
LinkedIn: SIEW

エネルギー市場監督庁(EMA)について 

シンガポールのエネルギー市場監督庁(EMA)は、同国の通商産業省に属する法定機関です。同機関の主な目的は、確実かつ安全なエネルギー供給を保証し、エネルギー市場での効果的な競争を促し、シンガポールにおけるダイナミックなエネルギー部門を発展させるすることです。活動を通じて、同機関は持続的成長に向けた進歩的なエネルギー環境の創出に向けてするよう尽力しています。 

ウェブサイト:www.ema.gov.sg

以下をフォロー:Instagram: @EMA_Singapore
Facebook: facebook.com/EnergyMarketAuthority
Twitter: @EMA_sg

メディア問い合わせ先

Ms Chin Kai Li 
Energy Market Authority 
Tel: +65 6376 7479
Email: CHIN_Kai_Li@ema.gov.sg

Ms Charis Pek
Edelman for Singapore International Energy Week
Tel: +65 6347 2342
Email: SIEWMedia@edelman.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ