プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Shanghai Electric

Shanghai ElectricがSEunicloudをアップデートして産業のデジタル化を促進

AsiaNet 84221 (0861)

【上海2020年6月1日PR Newswire=共同通信JBN】世界をリードする発電・産業設備メーカー兼サプライヤーであるShanghai Electric(上海電気)は、業務の進化を加速して産業を一新することを目指し、同社のデジタルソリューションプラットフォームSEunicloudのアップグレードを発表した。

Video – https://cdn5.prnasia.com/202006/shec/video.mp4

Shanghai Electric Digital Technology Co., Ltdが開発し、2019年に正式発売されたこのプラットフォームは、インテリジェントな風力発電オペレーション、遠隔火力発電オペレーション、工作機械メンテナンス、エネルギー貯蔵および供給など、さまざまなシナリオで展開可能である。このプラットフォームは、故障修理、遠隔操作、メンテナンス、エネルギー計画を含む効率的なソリューションを提供し、さまざまなシナリオの要望に応えてきた。

Shanghai ElectricのSEunicloudプラットフォームのインテリジェントなサプライチェーンソリューションは、工場生産を直接、発電所要望にマッチさせるように設計されている。同社はオンラインで1781の調達プロジェクトを確立し、2月の業務再開から8億元以上の最終入札があった。

高度な多角的デジタルプラットフォームとして、ユーザーは設備診断の遠隔操作でひっ迫したサプライチェーンのストレスを解消することによって再建のプロセスを加速し、サプライチェーンを調達・管理し、サプライヤー契約、ソースビディング、オンライン購入、注文調整をモニターすることができる。また、インテリジェントなサプライチェーンプラットフォームは、調達価格決定過程の履歴データ分析を通じて売り手と買い手のマッチングを提供するとともに、サプライヤーの過去の実績を自動的に追跡・記録し、これらをデューデリジェンスのために全体のサプライチェーン管理プロセスに組み込む。

SEunicloudプラットフォームのDES-PSOエネルギー計画ソリューションは、Shanghai Electric Distributed Energy Co., Ltdとローレンス・バークレー国立研究所(Lawrence Berkeley National Laboratory)が共同開発した。このソリューションは設計・計画、投資分析、リスク評価の機能を特徴とし、顧客が建設を発注する前に大規模なエネルギー生産プロジェクトの財政的実行可能性を評価することを可能にする。

SEunicloudプラットフォームのShanghai Electric E-Commerceソリューションは発電所の「必須」スペアパーツ製品リストの90%をカバーしており、スペアパーツ、メンテナンスサービス、変革最適化などを搭載したワンストッププラットフォームである。これは、2万2000以上のスペアパーツ製品と70の標準修理パッケージの全てをほぼ工場受渡価格でオンライン提供することを容易にする。顧客は必需品の標準化フォーマットを利用できる。これは、買い手と売り手のコミュニケーションプロセスを簡略化することによって取引効率性を向上させる。ビッグデータ分析を通じ、このeコマースプラットフォームは、インテリジェントかつカスタマイズされた製品およびサービスのための統合データ駆動型ソリューションの開発の期待を刺激する。

Shanghai Electric Groupのディレクター兼社長であるフアン・オウ氏は「『新しいインフラストラクチャー』の全体像の下で、Shanghai Electricは多数のパイプラインのビッグデータにおける競争上の優位性を活用し、電力業界全体向けの統合プラットフォームベース・ソリューションのための道を開いている。われわれの目標は、当面はこのテクノロジーによってさまざまな業界の企業を支援することである」と語った。

▽Shanghai Electricについて
Shanghai Electric Group Company Limited(SEHK: 02727、SSE: 601727)は、主として電力設備と産業設備の設計、製造および販売に携わっている。同社は、石炭火力発電設備、ガス火力発電設備、原子力発電設備、風力発電設備、エネルギー貯蔵設備、ハイエンド化学設備、送電網、産業用インテリジェント電力供給システムソリューションの製造と販売を含むEnergy Equipment Business(エネルギー設備事業)、エレベーター、中型および大型電気モーター、インテリジェント製造装置、産業用基礎部品、環境保護設備、建設工業化設備の生産と販売を含むIndustrial Equipment Business(産業用設備事業)、エネルギー、環境保護および自動化エンジニアリング・サービス、産業用インターネットサービス、金融サービス、国際貿易サービス、ハイエンド資産サービスなどを含むIntegrated Services Business(総合サービス事業)に重点を置いている。

Logo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200424/2786026-1-LOGO

ソース:Shanghai Electric

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ