プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Super Micro Computer、Inc.

Supermicro、COMPUTEX 2020 オンライン基調講演を開催

AsiaNet 84217

台北、台湾, 2020年6月1日 /PRNewswire-AsiaNet/ —

Super Micro Computer、Inc. (NASDAQ:SMCI)は、エンタープライズコンピューティング、ストレージ、ネットワーキングソリューション、グリーンコンピューティングテクノロジーのグローバルリーダーです。同社は、6月3日(水)にCOMPUTEX 2020 オンライン基調講演を開催します。本基調講演では「インテリジェントエッジ」システムの初公開や、大規模実装のために設計された新しい「CloudDC」サーバーラインナップについてご説明する予定です。

開催概要

* 開催日時:
 ・2020年6月3日(水)午前11:00〜11:20

* 登壇者:
 ・Supermicro社長兼最高経営責任者(CEO)
  チャールズ・リアン(Charles Liang)氏

* 視聴用 URL:
 ・https://www.youtube.com/user/COMPUTEXtv

* 備考
 ・本基調講演は全て英語で実施されます。ご不便おかけしますが、予めご了承くださいませ。

Supermicroは、ネットワークオペレーターがアプリケーションと分散型エッジを開発するため、堅牢なクラウドプラットフォームが必要であることを早期に認識しました。これは、5Gコアネットワーク機能がパブリッククラウドと密接に接合し、それによって支えられるため、特に重要です。Supermicroの次世代デュアルプロセッサーである「CloudDC」サーバーは、1Uおよび2Uサーバーでの複数のストレージオプション、最大4つの100GbEポート用のデュアルOCP 3.0準拠AIOMスロット、Open BMCのサポート、SATA3、SAS3、またはNVMeストレージドライブに対応するために設計されたオールハイブリッド・バックプレーン、ハイパースケール環境向けに最適化されたシンプルなアーキテクチャなどを特徴としています。

Supermicroの社長兼最高経営責任者(CEO)であるチャールズ・リアン(Charles Liang)は、次のように述べています。「5Gインフラにおけるすでに強固な地位と『CloudDC』サーバーの初公開により、Supermicroはエッジからクラウドまで、最適化された次世代システムをお客様に提供します。この組み合わせは、SupermicroがNEBS(ネットワーク装置構築システム、以下「NEBS」)や市販の検証済み通信ソフトウェアを通じて、オープンソースNFV(ネットワーク機能仮想化)準拠のソリューションをサポートし、弊社のサーバーとストレージのBuilding Block Solutions(R)で駆動している企業に、x86ベースシステムへの継続的な取り組みを示しています。」

Supermicro CloudDCサーバーは、数多くのユースケースに優れた価値を提供します。「CloudDCサーバー」は、プライベートクラウド向けの柔軟なストレージと拡張、NVMe-oF、迅速な実装、簡単なメンテナンス、高いスケーラビリティを備えています。5G/電気通信業界では、「CloudDC」システムはNEBSレベル3対応に設計されており、DU、CU、コアなどのO-RAN仮想化ネットワーク要素をサポートし、FPGAアクセラレータカードも搭載しています。このプラットフォームは最大4つのGPUアクセラレータカードをサポートし、ディープラーニングトレーニングと推論、データ分析、グラフィックス、高性能コンピューティングを処理できます。

Supermicroは、今年初めに、市場初となる屋外用エッジシステムを発表しました。これらのIP65準拠エンクロージャー構成サーバーは、5G無線アクセスネットワーク(RAN)、AI推論、その他のインテリジェントエッジフォーカスアプリケーション用に最適化されています。これらの新しいシステムは、過酷な屋外環境に最適で、オープンソースソフトウェアとx86分離型ハードウェアへの業界の動きを支援します。

詳細については、https://learn-more.supermicro.com/computex-2020  を参照してください。

Supermicroの最新ニュースはFacebook ( https://c212.net/c/link/?t=0&l=ja&o=2817838-1&h=2239551107&u=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FSupermicro&a=Facebook )、Twitter ( https://c212.net/c/link/?t=0&l=ja&o=2817838-1&h=492258428&u=http%3A%2F%2Ftwitter.com%2FSupermicro_SMCI&a=Twitter )、Twitter(Japan) ( https://c212.net/c/link/?t=0&l=ja&o=2817838-1&h=895752463&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fsupermicrojapan&a=Twitter(Japan) )でご覧いただけます。

Super Micro Computer, Inc.について

高性能、高効率なサーバーテクノロジーをリードするイノベーターであるSupermicro(R)は、世界中のデータセンター、クラウドコンピューティング、エンタープライズIT、Hadoop/ビッグデータ、HPC、組み込み型システム向けの高性能サーバー Building Block Solutions(R)のプレミアプロバイダーです。Supermicroは「We Keep IT Green(R) 」イニシアチブを通じて環境保護に尽力しており、市場で最もエネルギー効率が高く、環境に優しいソリューションを顧客に提供しています。

Supermicro、Server Building Block SolutionsおよびWe Keep IT Greenは、Super Micro Computer, Inc.の商標および(または)登録商標です。

その他のブランド、名称および商標はすべてそれぞれの所有者に帰属します。

SMCI-F

問い合わせ先: Greg Kaufman, Super Micro Computer, Inc., PR@supermicro.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ