プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

GCL-SI

GCLSIがPVEL 2020年PVモジュール信頼性スコアカードで4年連続のトップパフォーマーを受賞

AsiaNet 84192 (0849)

GCLSIがPVEL 2020年PVモジュール信頼性スコアカードで4年連続のトップパフォーマーを受賞

【蘇州(中国)2020年5月29日PR Newswire=共同通信JBN】世界をリードするソーラーソリューション・プロバイダーであるGCL System Integrationは5月28日、PVEL 2020年PVモジュール信頼性スコアカード(PVEL 2020 PV Module Reliability Scorecard)において、4年連続でトップパフォーマーの座を獲得した。PV-techが共催したウェビナーで、スコアカードが発表された。

大手モジュールメーカーの70%超、トップのソーラー企業の90%超が、検査のために自社製品を送る先としてPVELを選んできた。PVELは10年近い経験と蓄積されたデータにより、ソーラー技術の信頼性を実証する検査を行っている。PVELの独立した信頼性検査は、ソーラープロジェクトの開発と資金調達のためのPV(太陽光発電)モジュールと機器の効率的な選択を提供している。

PVELのPVモジュールビジネスの責任者であるトリスタン・エリオン-ロリコ氏は「GCL SIの製品は、PVELのPVモジュール信頼性スコアカードにおいて、4年連続でPVモジュールのトップパフォーマーとして認められた。PVELの加速化された検査レジームにおける強力なパフォーマンスは、信頼性と品質の重要な指標であり、この結果を受けたGCL SIを祝福する」と述べた。

GCL SIのエリック・ルオ会長は「4回目のトップの地位についたことで、当社の創造性とビジョンが認められたことに感謝する。これにより、当社は顧客、投資家、銀行の優先ブランドとして際立つ存在になることができる。GCLは、信頼性が高く非常に効率的なソーラー製品を世界に提供し続ける」と述べた。

現在GCL SIには8GWのモジュール生産能力がある。科学と技術の革新によって推進されるビッグデータのサポートにより、同社はサービスを最適化して、より効率的で信頼性の高いモジュールを提供する。

▽GCL-SIについて
GCL System Integration Technology Co. Ltd (002506 深セン株式市場)(GCLSI)は、世界的なエネルギーコングロマリットであるGCL Groupの傘下企業である。GCL Groupは新エネルギー、クリーンエネルギーと関連するサービスに注力するエネルギー業界で中国最大の非国営企業である。GCL System Integrationは現在、世界中で事業を展開しており、中国本土に5カ所、ベトナムに1カ所のモジュール生産工場を保有している。発電容量は8GWであり、さらに4.3GWの高効率セル工場を保有する、世界的モジュールメーカーとなっている。詳細は、https://www.gclsi.com/ を参照。

ソース:GCL-SI

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ