プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

QLCプロデュース株式会社

コロナウイルスの影響により、デイサービス利用を自粛されている利用者様を対象にアンケートを実施

2020年5月26日

QLCプロデュース株式会社

デイサービス利用自粛者に向け、心身機能低下の防止を目的とした
「在宅活動&復帰プロジェクト」を展開中

自立支援型デイ®サービスを直営・フランチャイズ加盟含め全国に157施設展開している、QLCプロデュース株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:村田 和男、以下 当社)では、新型コロナウイルスの影響により、利用を自粛(お休み)されている利用者様を対象にアンケートを実施いたしました。アンケートの結果を受け、当社では、利用自粛をなさっているみなさまに向け、心身機能低下の防止を目的とした「在宅活動&復帰プロジェクト」を展開しております。

約1カ月半のお休みで起こった変化。1位は「体力が衰えた」(50%)、2位「歩行に不安を感じた」(45%)、3位「物忘れが増えた」(28%)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202005210120-O2-0f5459lx

デイサービス利用を自粛(お休み)されている利用者様に体調の変化についてお聞きしました。1位「体力が衰えた」(50.3%)、2位「歩行に不安を感じた」(45.1%)と身体機能の不安を抱える方が半数近くいらっしゃり、3位「物忘れが増えた」(28.1%)においても1/4以上の方が不安を抱えており、決して軽視できない変化という結果となりました。

※QLCグループ調べ
 対象:直営事業所における利用自粛者153名 実施期間:2020年4月20日(月)~30日(木)

「個別訪問によるサービス」「電話によるサービス」の提供によって心身機能の低下を防止

アンケート結果の通り、利用自粛による活動量の減少は、利用者様のADLや認知機能の低下を招き、新型コロナウイルス発生以前のような生活を失うことにつながりかねません。中でも、足腰の衰えは、介護度が進む大きな要因となることから、運動機能の維持・向上のため、日頃から継続して体を動かすことが重要です。

そこで、当社では、利用自粛をなさっているみなさまに向けた「個別訪問によるサービス」「電話によるサービス」の提供により、利用者様のADL・IADLの支援はもちろん、心理的な支援も行っております。

「個別訪問によるサービス」
レッツ倶楽部ではリハビリ専門職等(各施設による)が自宅を訪問して、ケアプランに沿う形で個別対応。(目安:30分)

内容:①充実した個別プログラムをマンツーマンで提供
   ②自宅で体力測定の実施

※訪問の際は、新型コロナウイルス感染防止に伴い、徹底した衛生管理のもと細心の注意を払って対応させていただいております。

「電話によるサービス」
電話によるサービスもリハビリ専門職等が利用者様の状況をヒアリングし(安否確認含む)生活不活発にならないようにアドバイス。

内容:①お悩み相談(看護師による健康相談、生活相談員によるお困りごと相談)
   ②オリジナルDVDで在宅運動の指導<「転倒予防」「筋力強化」「柔軟性向上」など13種類のプログラムと「座位で行う太極拳」を収録(各約7分、合計約30分)>

当社では、利用者様の状況確認・把握により、ケアマネジャー、施設全職員はもちろん、ご家族ともその情報を共有し、来るべき日に、スムーズに施設利用(復帰)につなげられるよう、常に最適なサービス方法を検討・提供して参ります。

QLCグループ 新型コロナウイルスへの対応
・URL: https://www.qlc.co.jp/announcement/

QLCプロデュース株式会社について
・代 表: 村田 和男
・所在地: 東京都品川区西五反田1丁目3番8号 五反田PLACE4階
・設立日: 1997年5月
・事業内容:自立支援型デイ®サービス「LET’S倶楽部」「ブリッジライフ」のFC事業(全国155施設展開)
      エビデンスに特化した介護システムの開発
      デイサービス向け口腔・個別機能訓練加算支援システムの開発(全国800事業所で導入)
・URL: https://www.qlc.co.jp/

※「自立支援型デイ」はQLCプロデュース株式会社の登録商標です。

QLCグループの展開する自立支援型デイ®サービス
現在、デイサービス利用を自粛(お休み)されている利用者様に体調の変化について
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ