プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

CGTN

CGTN:5カ年計画は中国の未来の発展を策定

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005220141-O1-8u5n2DUB

 
AsiaNet 84110 (0806)

【北京2020年5月21日PR Newswire=共同通信JBN】中国の5カ年計画(FYP)システムは、向こう5年間にわたる経済的・社会的発展の計画を立てるために策定される。CGTN(中国グローバルテレビジョンネットワーク)はこのほど、1953年以来実施されてきた中国の5カ年計画を振り返るインタラクティブページを開設した。

5ヵ年計画に関するCGTNのインタラクティブページへのアクセスは以下:
Designing the Future(未来をデザインする)
https://news.cgtn.com/event/2020/Designing-The-Future/index.html

第1次5カ年計画は1953年に始まった。1963年から1965年までの景気調整期を除き、計13回の5カ年計画が策定され実施されてきた。

2020年は第13次5カ年計画の最終年である。現在中国は第14次計画の文書を作成している。5月下旬、詳細を発表する予定の、中国で毎年開催の両会(全国人民代表大会、中国人民政治協商会議)に全ての目が注がれている。

CGTNは中国の歴代の5カ年計画を、それぞれの長さ、主要目標および、工業、農業、医療、統治、科学技術、環境、対外貿易、国防の各計画の観点で分析し視覚化した。

その計画は、経済、社会、教育および環境問題をカバーする詳細な目標と指針を打ち出している。主目的は経済成長の目標、経済改革の指示、産業再構築を含む。

▽第1次から第13次の5カ年計画

1949年に中華人民共和国が建国された後、中国経済は回復期を経験した。1953年、中央政府は第1次5カ年計画(1953-1957)を開始し、この狙いは、重工業の発展に重点を置き、中国を農業国から先進工業国に転換することだった。

その後の5回の5カ年計画は農業と工業の発展を重視した。第2次5カ年計画(1958-1963)は重工業に集中した工業発展を実行した。第3次計画(1966-1970)の主要な作業は、農業を発展させ基礎工業を強化することだった。第4次(1971-1975)は農業および工業生産とインフラストラクチャー投資に目標を設定した。第5次5カ年計画(1976-1980)は独立した比較的完全な工業システムの構築という目標を設定した。

第2次から第5次の5カ年計画では、中国政府は中長期の発展指針を設定し実行する開拓期にあった。目標は、知識と経験の蓄積に伴い絶えず調整された。

中国の初期の5カ年計画は、一時は特定の生産割当を、例えば鉄鋼や穀物に対して設定した。1980年代初頭以来、中国は中国式社会主義の一環として社会主義市場経済を構築する過程にあったことから、5カ年計画の役割は軽減され、大半の数値目標は取り下げられた。

第6次5カ年計画(1981-1985)は主にそれまでの5ヵ年計画の問題の調整と解決に重点を置いた。

インタラクティブプロジェクトは、第1次および第7次から第13次までの5カ年計画の本文を分析したが、これは第2次から第6次までの全文が入手不可能だったことによる。8回分の公式書類は36万字に及ぶ。

各5カ年計画の長さについては、第1次が最も長く、その後の計画の基礎となっている。

第7次5カ年計画(1986-1990)は、新たな中国式の社会主義経済制度の基礎を構築することを計画した。

第8次5カ年計画(1991-1995)は工業再構築を優先事項とし、技術、教育、対外貿易の発展を一層推進した。

第9次5カ年計画(1996-2000)の主要目的には、社会主義市場経済を準備段階で設立し産業構造を一層向上することが含まれた。

第10次5カ年計画(2001-2005)は、比較的完全な社会保障制度を構築し、国営企業に現代企業制度を設立することにおいて重要な前進を達成することを狙いとした。

第11次5カ年計画(2006-2010)は産業構造を最適化し向上し、資源活用を改善することを提案した。

第12次5カ年計画(2011-2015)は教育と科学技術への注力を強化し、環境保護の目標を設定することを目的とした。

第13次(2016-2020)は発展を推進するためにイノベーションの活用を提唱した。

近年、5カ年計画は経済だけを重視するものではなくなっている。炭素排出の削減とエネルギー利用の最適化の目標など環境保護を含むより広範な優先事項、および医療保障、雇用創出などの社会福祉プログラムにかなりの注意が向けられている。

記事原文の閲覧は以下:
https://news.cgtn.com/news/2020-05-15/Five-Year-Plans-map-out-China-s-future-development-QvANs2JxVS/index.html

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200521/2809676-1
Logo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200228/2733726-1-logo

ソース:CGTN

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=363960
写真説明:未来をデザインする:1953年以来の中国の5カ年計画

未来をデザインする:1953年以来の中国の5カ年計画
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ