プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Arria NLG

Glemser TechnologiesとArria NLGが戦略的提携を発表

AsiaNet 84088 (0794)

【ニューヨーク2020年5月20日PR Newswire=共同通信JBN】
*両社は、医療と規制関連の報告書作成の自動化を通じて命を救う医薬品を発売する製薬企業クライアントの能力を促進する

自然言語生成(NLG)テクノロジーの有力プロバイダーであるArria NLGは20日、Glemser(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2808224-1&h=1262605700&u=https%3A%2F%2Fglemser.com%2F&a=Glemser )Technologiesと提携し、医療・製薬企業にスケーラブルな自動化ソリューションと大幅な効率性を提供すると発表した。GlemserはArriaのテクノロジーで駆動されるNatural Language Generationソリューションによって、世界で展開する同社のライフサイエンス業務を強化する。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1170187/Arria_NLG_Glemser.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1164169/Arria_NLG_Logo.jpg

Glemserのレイ・グレムサー最高経営責任者(CEO)は「Arriaと提携し、当社のクライアントに医療および法規制の報告書執筆を自動化する方法を提供するのは当然の選択である。NLGによって、企業は大幅に時間と資金を節約できる一方、スケーラビリティーと効率性を向上させることができる。Arriaの画期的なテクノロジーは当社の顧客が命を救う医薬品を市場に出す方法を変革する」と語った。

Glemserは30年以上にわたり、製品の品質を保証し、法規制順守を向上させ、さらに業務効率を増進させることによって、ライフサイエンス関連クライアントに寄与してきた。Glemserは製薬企業が直面する独自の課題を理解している。医薬品を市場に出すことは、困難で費用がかかる長期プロセスである。製薬企業は、薬の有効性と安全性について規制当局、政府、消費者に常に報告しなければならない。企業は予算枠に制約を受けながらも、薬剤開発プロセスにおける透明性、アカウンタビリティー、イノベーションの増進を実現しなければならないプレッシャーにいつもさらされている。テクノロジーの戦略的応用を通じて、Glemserはクライアントの薬剤開発プロセスの最新化を支援することにコミットしている。

臨床安全性報告(CSR)、準拠性に関する報告、有害事象検知報告、その他の規制上の報告など、最も時間を要する報告書作成の一部を自動化することによって、企業はコスト節減の恩恵を受け、人為的ミスが最も発生する面倒な仕事からメディカルライターを開放することができる。報告書作成の迅速化は、企業が発見したものをより迅速に規制当局に提出できることを意味する。報告書作成プロセスの早い段階で正確さを向上させることは、より優れたコンプライアンスと、より迅速な規制当局の認可につながる。

Arriaのシャロン・ダニエルズCEOは「世界で今起きていること考えると、われわれは危機に直面しており、効率性を向上させ市場化の時間を短縮する製薬企業の能力がこれまで以上に重要になっている。Glemserとの提携は、命を救う治療を患者に迅速に提供するこれらの企業の政策決定と実態を把握する時間を短縮することにつながる」と語った。

詳細はウェブサイトhttps://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2808224-1&h=2781023476&u=https%3A%2F%2Fwww.arria.com%2Fglemser-portal%2F&a=Learn+more を参照。

▽ARRIAについて
Arriaは、構造化データを自然言語に変換する自然言語生成(NLG)の世界的リーダーである。アルゴリズムとモデリングを通じて、Arriaのソフトウエアは、データインサイトを専門的に分析し、コミュニケートする人間のプロセスを、マシンスピードで大規模に複製し、データを文書ないしは口頭による説明に変換する。

ArriaはNLG専門知識に世界で最も専念しており、28の中核的なNLG特許の特許ポートフォリオを有している。バンキング、金融サービス、保険、製薬、消費者製品、ニュース、メディアなど、Arriaの急成長する主要国際企業クライアントのグループは、ArriaのNLG Studio Platformを使用する世界組織の中で、NLG駆動の自動化された報告書作成を採用している。追加情報はウェブサイトwww.arria.com を参照。

▽報道関係問い合わせ先
Lyndsee Manna
Senior Vice President
Business Development and Partnerships
Lyndsee.manna@arria.com

ソース:Arria NLG

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ