プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Public Relation Bureau; Ministry of Social Affairs; Republic of Indonesia

社会相がインドネシア・ポストに社会基金カウンター増設を要請

AsiaNet 84074 (0785)

【ジャカルタ(インドネシア)2020年5月19日アンタラ通信=共同通信JBN】インドネシア共和国のジュリアリ・P・バトゥバラ社会相はこのほど、インドネシア・ポスト(PT Pos Indonesia)のジラルシ・ワヒュ・セティジョノ最高経営責任者(CEO)に対し、郵便局のカウンターを増設し、現金社会扶助(CSA)の給付時間を延長するよう要請した。ジョコ・ウィドド大統領の給付加速指示を受けたものである。

ジュリアリ氏は今月17日、「私はジョコ・ウィドド大統領の指示に従い、PT Posおよび社会省の関連部署とともにいくつかの対策を講じた」と語った。

PT Posはコミュニティーを通じて手を差し伸べてきたが、社会相はもっと多くのカウンターを必要としていると判断した。

ジュリアリ氏は、例えば村の集会所、学校、ハムレット(集落)、あるいは受益家族(BMs)が利用できるいかなる場所でも給付所を増設し、住民に対するサービスを改善するようPT Posに指示した。

ジュリアリ氏は「できるだけ早く、もっと多くの(給付)ポイントを開設したい。増設によってCSA給付が確実に加速されることも望んでいる。これはサービス対象範囲の拡大を目指すものである」と続けた。

社会相はまた、1日により多くのBMsにサービスを提供できるように、インドネシア・ポストにCSA給付時間を延長するよう命じた。「毎日午前7時に開始し、終えるか夜までやってもいい。そうすれば、より多くのBMsにサービスが及ぶ」と付け加えた。

ジュリアリ氏はさらに、CSA給付の進展を逐一監視して報告するよう貧困対策局長に指示した。

社会相は「これらの措置を通じてCSA給付が迅速、円滑に進み、なおかつ給付中は保健手順に従うことを願っている。それによって(イスラム教の断食明け、5月24日の)イード・アル・フィトル祭までにCSA給付の第1弾が完了するだろう」と語った。

ソース:Public Relation Bureau; Ministry of Social Affairs; Republic of Indonesia

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ