プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Kailash Satyarthi Children's Foundation

ノーベル賞受賞者と世界の指導者88人がCOVID-19時代の世界の子供を守るため1兆ドルを呼び掛け

AsiaNet 84061 (0778)

【ニューデリー2020年5月18日PR Newswire=共同通信JBN】88人のノーベル賞受賞者と世界の指導者は18日、Laureates and Leaders for Children(子供のための受賞者と指導者)の一員として、世界各国の政府に団結してロックダウン中およびその後の期間に世界の子供たちを最優先するよう呼び掛ける声明を発表した。

2014年のノーベル平和賞受賞者で、児童労働、奴隷制度、人身売買に対して何十年にもわたり精力的に闘ってきたカイラシュ・サティーアーティ氏により設立されたLaureates and Leaders for Childrenは、世界で最も脆弱(ぜいじゃく)な子供たちが直面している課題に焦点を当て、解決策を提唱している。

「われわれLaureates and Leaders for Childrenは、この深刻な危機とそれに続く期間に最も疎外され、かつ脆弱である子供たちが各国政府によって忘れ去らないよう要請する。われわれは今、行動しなければならない、さもなければ、この世代全体を失うリスクを負わねばならない」-カイラシュ・サティーアーティ氏

▽声明の抜粋
COVID-19は、われわれの世界に既に存在する不平等を顕在化させ、さらに悪化させた。このウイルス、世界の人口の大多数に課せられた制限、そして、その影響は最も脆弱な人々に壊滅的な影響を与えることになろう。

このパンデミックの公衆衛生的緊急事態は、子供たちに対する搾取をさらに悪化させることになる。ウイルスから逃れるために家に閉じ込められた子供たちは、性的虐待やドメスティックバイオレンスのリスクがより高くなる。規制が解除されれば、子供たちは人身売買され、学校から引き離されて強制労働させられ、家族を支える重荷を負うことになろう。

もし、今回一度だけ、われわれの世界が最も疎外された子供たちとその家族にその公平な分け前-人類の最も貧しい20%に対するCOVID-19対応費の20%-を与えたとすれば、その結果は変革をもたらすものとなろう。1兆ドルは、未解決の国連および慈善事業のCOVID-19要請の全てに資金提供し、低所得諸国の2年間の全ての債務返済を棒引きし、健康、水と衛生、教育に関するSDGs(国連の持続可能な開発目標)を満たすための2年間のグローバルギャップに資金供給することができる。そして1000万人以上の人命が救われることになろう。

われわれはG20の指導者に対し、協調的な国際支援を緊急に必要としている人々のために国境を越えた追加の行動を取るよう要請する。われわれはまた、全てのG20の指導者に対し、既存のグローバルヘルスへのコミットメントを尊重するよう要請する。

▽署名者は以下の通り
ダライ・ラマ14世
デズモンド・ツツ大主教
アリ・ビン・フセイン王子
レイマ・ボウイ
ケリー・ケネディ
リゴベルタ・メンチュウ・トゥム
ジョゼ・ラモス・ホルタ
メアリー・ロビンソン
ガイ・ライダー
カイラシュ・サティーアーティ

Laureates and Leaders for Childrenは、Kailash Satyarthi Children’s Foundation(カイラシュ・サティーアーティ児童財団)のイニシアチブである。声明全文、付随ビデオ、署名者はhttp://www.laureatesandleaders.org/ を参照。

#FairShare4Children

Logo:
https://mma.prnewswire.com/media/1169254/Laureates_and_Leaders_For_Children_Logo.jpg
(キャプション:Laureates & Leaders – For Children)

Video:
https://mma.prnewswire.com/media/1169253/Laureates_and_Leaders_COVID_19.mp4
(キャプション:88人のノーベル賞受賞者と世界の指導者がCOVID-19時代の世界の子供を守るために1兆ドルを呼び掛け)

Photo:
https://mma.prnewswire.com/media/1169252/Laureates_and_Leaders_Call_for_Children.jpg
(キャプション:カイラシュ・サティーアーティ氏が88人のノーベル賞受賞者と指導者とともに子供の保護を呼び掛け)

ソース:Kailash Satyarthi Children’s Foundation

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ