プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社オークネット

カーデイズ会員に対する「自動車の売却予定」「子供の自動車への関心」に関する調査結果

 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区、代表取締役会長CEO:藤崎 清孝 代表取締役社長COO:藤崎 慎一郎)が運営する一般社団法人 日本マイスター検定協会(所在地:東京都港区、代表理事:一井克彦、以下「検定協会」)は、自動車好きの「カーデイズ※」会員のうち約1,000人に対して、「自動車の売却予定」に関するアンケートを実施。また中学生以下の子供がいる保護者約250人に対し「子供の自動車への関心」に関するアンケートを実施しました。
 その結果、回答いただいた会員のうち約10%の方が1年以内にマイカーの売却や乗り換えを検討。ジュニア向け検定に参加していただいたお子さんたちのうち、90%近くが将来マイカーを持ちたいと考えていることが分かりました。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005199990-O2-8npqAAio

■アンケート内容
1.自動車の売却・乗り換え予定
2.子供の自動車への関心
実施期間:2020年4月24日(金)~2020年5月10日(日)
調査対象:グループ1.10代~70代の全国カーデイズ会員 男女計965人
     グループ2.中学生以下の子供がいる保護者 男女計226人

■アンケート結果概要
 大人向けアンケート(グループ1)では、回答者のうち約10%の人が1年以内にマイカーの売却や乗り換えを検討していると回答。統計的にみて、カーデイズ会員全体でも約10%の人が1年以内にマイカー売却や乗り換えを検討していると予想されます。
 この約10%の人たちのうち77%が自動車買取価格のトレンド情報に興味があると回答。アンケート会員全体で見た場合、買取価格のトレンド情報に興味がある割合は47%であったことから、情報への関心の高さが伺えます。
 ジュニア向けアンケート(グループ2)によると、検定キャンペーンに参加した中学生以下の子供のうち89%が将来自動車運転免許を取得したいと回答。さらに87%が将来マイカーをほしいと回答。まだ運転が出来ない子供たちに「自動車の知識」という形でくるまに触れる機会を提供することで、マイカー購入の意欲を高めていくことが期待されます。
 また、ジュニア向けのアンケートに参加した保護者の性別比率を見てみると、女性が25%となっており、一般的な自動車関連調査の傾向にくらべて女性比率が比較的高くなっております。

■アンケート内容ピックアップ
▼アンケート1:自動車の売却・乗り換え予定について
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005199990-O3-G21vv1Pn
8%のユーザーが1年以内(今すぐ2%、1年以内6%)に売却を検討。
クロス集計の例として「売却予定×利用用途」で1年以内に売却を検討している人を見てみると、仕事・商用または通勤・通学で利用している人の場合に限定すると、11%が1年以内に売却を検討。
レジャーや買い物・用足しで利用している人の場合は7%となっており、普段から頻繁に使う人たちの方が売却を考えている傾向にあるようです。に関しては1年以内の売却検討は 7%にとどまっていました。

▼アンケート2:自動車の買取価格トレンド情報について
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005199990-O4-C3ZfBpm4
16%が、自動車の買取価格のトレンド情報にとても興味があり、31%が少し興味有り。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005199990-O5-hn6wF52M
上記アンケート1で1年以内に売却を検討しているユーザーに限ると、77%が買取価格のトレンドに興味有り。

▼アンケート3:(ジュニア向け)自動車運転免許の取得について
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005199990-O6-6Gf8lXeD
キャンペーンに参加した子供のうち89%が、将来免許を取得したいと回答。
くるまマイスター検定のジュニア検定に興味がある子供に限ると、93%が免許取得を希望。

▼アンケート4:(ジュニア向け)将来マイカーが欲しいか
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005199990-O7-5jfRovA6
キャンペーンに参加した子供のうち、87%が将来マイカーが欲しいと回答。ほしくないは0%
くるまマイスター検定のジュニア検定に興味がある人子供に限ると、93%がマイカーが欲しいと回答。

■アンケート実施・詳細データ閲覧希望について
今回実施したアンケートの詳細データをお送りすることも可能ですので、お問合せください。
また、10以上の自動車属性を持つカーデイズ会員データベースを活用したアンケート調査の実施についての相談も承っております。カーデイズ会員データは、マイカーや嗜好自動車に関する細かな属性(マイカーの車種や、年式、好きなメーカーや、好きなボディタイプ車種など)といった自動車に関する細かな属性がある点が特徴です。このような様々な属性を活用し、自動車に関するクロス集計を可能にしています。更にくるまマイスター検定合格者も会員の中に多く在籍しており、自動車に関する知識が豊富な人に対するアンケート実施も可能です。
(アンケート例)
・セミプロ級の知識を保有する検定上位会員を対象とした商品レビュー
・主婦層などをターゲットにした商品認知度調査
・競合商品利用ユーザーの購買動機
アンケート内容の設計から対応させていただくことが可能です。お気軽にお問い合わせください。

■調査概要・その他データについて
実施期間:2020年4月24日(金)~2020年5月6日(水)
調査対象:項目グループ1.10代~70代の全国カーデイズ会員 男女計965人
     項目グループ2.中学生以下の子供がいる保護者 男女計250計226人
アンケート内容:(グループ1)向け 自動車の売却予定、買取価格のトレンドへの興味、年齢、職業、居住エリア、利用用途、利用頻度
        (グループ2)向け 自動車免許取得の希望、マイカー購入の希望、車イベントの参加状況、子供の年齢と性別、保護者の年齢と性別

※ カーデイズとは https://www.meister-kentei.jp/car/community/
検定協会が「くるまマイスター検定※」とならんで運営する「カーデイズ」は、ユーザー同士で自動車に関する問題を作成して解き合うSNSコミュニティで、会員は1万人を突破し、4千以上の問題が掲載されています。

※ くるまマイスター検定とは https://www.meister-kentei.jp/car/
検定協会では、自動車知識に関する唯一の検定である「くるまマイスター検定」を運営しています。日本の最も重要な基幹産業の代表でもある「くるま産業」。この「くるま産業」をさらに育て、もっと幅広い人たちに「くるま」への興味を抱いて頂きたい。そして「くるま」のある生活を楽しんで頂きたい。くるまマイスター検定は、そんな「くるまのある生活」、「くるま文化の醸成」に貢献する事を目的とした、日本唯一の車に関する総合自動車知識検定試験です。本検定で、1級(上級)、2級(中級)、3級(初級)、4級(入門級)、ジュニアの5階級を実施いたします。過去8回の開催で、累計約5万人以上の方々に受検いただき、5歳から84歳まで、それぞれのレベルや世代に合わせて楽しんでいただいております。

<第9回くるまマイスター検定について>
検定予定日:2020年11月中旬(予定)
お手持ちのスマホやパソコンで、どこでも受検できるオンライン試験での開催。

■お問合せ窓口
くるまマイスター検定 運営事務局  担当者名:石本 雄士・恒川 修二
TEL:0570-085-500(土日祝日を除く10:00~17:30)
※ リモートワークを実施しているため、電話が繋がらない可能性があります。お問い合わせの際はメールでご連絡頂けると幸いです。
EMAIL:wicket@meister-kentei.org  URL:https://www.meister-kentei.jp/car/contact/

【検定協会概要】
商号:一般社団法人 日本マイスター検定協会
所在:東京都港区北青山二丁目5番8号 青山OMスクエア (〒107‐8349)
代表理事:一井克彦
設立年月日:2013年5月1日

【オークネット 会社概要】
社名:株式会社オークネット 
本社:東京都港区北青山二丁目5番8号 青山OMスクエア (〒107‐8349)
代表者:代表取締役会長CEO 藤崎 清孝、代表取締役社長COO 藤崎 慎一郎
創業年月日:1985年6月29日    
資本金:1,729百万円 (2019年12月31日現在)
連結売上高:19,672百万円(2019年12月期)  
連結従業員数:664名 (2019年12月31日現在)
株式:東証第一部(証券コード:3964)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ