プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ITC Limited

ITCのSavlonが1セント未満の手指除菌ローションを発売

AsiaNet 84066 (0780)

【ニューデリー2020年5月18日PR Newswire=共同通信JBN】
*公平かつ安価な手指除菌へのアクセスを確保する革新的ソリューション

世界が新しい日常に直面することに備える中、手指除菌がグローバルな優先事項として浮上している。手指除菌の認識とニーズは現在の定着した会話だが、設備とリソース不足から手指除菌ローションへのアクセスが課題になっている。世界保健機関(WHO)や国連児童基金(ユニセフ)などの機関は、世界で30億人の自宅に手指除菌手段がないと推定している。これは特に低・中所得世帯で仕事に出かけるときに一層深刻になる。

インドの大手複合企業ITCとその主要除菌ブランドのSavlonは、基準を誠実に再定義することで知られる。Savlonは包括的前進として、手指除菌ローションをわずか0.6セント(1セント未満/約0.5インドルピー)の価格で発売する。Savlonのサシェ(小袋)入り手指除菌ローションはこの価格によって、現在入手可能な世界で最も安価な手指除菌ローションになっているとみられる。COVID-19のアウトブレークはかつてないパンデミックであり、Savlonは責任ある1歩前進として手指除菌ローションのサシェを導入し、入手しやすさ、値ごろ感、利用可能性の問題に取り組んだ。使い捨て用にデザインされたSavlonの除菌ローションのサシェは、費用効率が極めて高く入手しやすい屋外消毒ソリューションである。ジボダン(Givaudan)などのグローバルリーダーの支援を得て開発されたSavlonのサシェ入り除菌ローションは、この世界トップ級の製品で厳しい品質基準を堅持している。経済的な価格設定によって、Savlonの除菌ローションのサシェは手洗いにほぼ匹敵する費用効率になっている。

ITC Limitedのパーソナルケア製品事業部門最高責任者サミール・サトパシー氏は「われわれはかつてない世界的な健康危機のさなかにあり、パンデミックとの闘いを支援する革新的ソリューションを導入するための努力の加速は欠かせない。個人の衛生予防策は現在、この感染拡大を食い止める上で、ソーシャルディスタンシングに加えて世帯のニーズになっている。恐らく世界で最も安価なサシェ入り手指除菌ローションの発売は、手指除菌への幅広いアクセスを確実にする取り組みである」と語った。

ジボダンのフレグランス事業部門で南アジアを担当するアジット・パル氏は「Savlonの名は信頼性を表している。ITCをこの種で世界最高級のブランドにしたさまざまな特性を維持している一貫性は、称賛に値する。われわれジボダンは、このブランドの感覚の旅のパートナーになることができて光栄である。信じられないほど低価格の使い捨てサシェ入りSavlon除菌ローションの発売は、ブランドの歴史の重要な節目になる。それはSavlonを表す品質、信頼性の同じ基準を提供しているが、数百万人の新しい消費者が初めて利用できる価格ポイントになっている。それは現在の重要な健康・安全ニーズに応えており、ITCの今回の発売はまさしく国家的大義への貢献になる」と付け加えた。

ITCの詳細はwww.itcportal.com を参照。

▽報道関係問い合わせ先
Deepika Girdhar
PR Pundit
+91-9643470449
deepika.g@prpundit.com

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1169315/ITC_Savlon_Hand_Sanitiser_Sachet.jpg

ソース:ITC Limited

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ