プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Quectel

eMobilityのロケーションの課題がQuectelの新しい白書で取り上げられる

AsiaNet 84057 (0774)

【上海2020年5月18日PR Newswire=共同通信JBN】Quectelは「Why GNSS for eMobility must balance precision, price, power and packaging(なぜeMobility 向けのGNSSは精度、価格、出力、パッケージングを調和させなければならないのか)」と題された新しい白書を発表した。白書は、eMobilityのプロバイダーがeScooterやeBikeのような車を深い都市の谷間に配置できるようにするために直面する課題を詳述している。白書は、ライドシェアリング業界が歩道やその他の区域でのeMobilityの使用を制限する規則を順守できるようにするのに、なぜ正確な位置データが不可欠であるかを分析している。

白書は続いて、なぜL1およびL5のデュアルバンド機能のあるマルチコンステレーションGNSS(全地球的航法衛星システム)レシーバーを提供するGNSSモジュールの採用によって、車が追跡できる衛星の数が大幅に増えるのかを説明している。デッドレコニング(自律航法)情報によって高められるこの機能は、深い都市の谷間でのポジショニング(位置決め)に大きな改善を提供し、位置精度で10倍の改善を達成することができる。

ポジショニングソリューションのスペシャリストであるHYFIXによってサンフランシスコでeScooterについて行われた運転テストデータは白書に収録され、L1、L5およびデッドレコニング機能によって提供される高い精度を実証している。白書はまた、Quectel LC79Dにより、いかにしてeMobility業界が非常に小さなフットプリントで、非常に低い増分コストで、比類のない精度で、さまざまなセンサーの融合を利用できているかを詳述している。

QuectelのGNSS・自動車販売担当副社長であるマーク・マレー氏は「eMobilityのプロバイダーは深い都市環境のロケーションに取り組むとき、大きな課題に直面する。何よりもまず、顧客は車を見つけることができなければならないし、都市は、これらのeBikeやeScooterが相互に合意したロケーションで運転されているということを保証する必要がある。この白書は、eMobilityのプロバイダーが直面する問題を考察し、なぜLC79Dがこの市場にとって完璧なソリューションであるかということを明確にしている。

白書のダウンロードはhttp://www2.quectel.com/l/467361/2020-05-15/djd88s を参照。

▽Quectelについて
よりスマートな世界への同社の情熱は、同社にIoTイノベーションを加速するよう駆り立てる。極めて顧客中心の組織である同社は、傑出したサポートとサービスによって支えられる優れたセルラーおよびGNSS(全地球的航法衛星システム)モジュールを開発している。同社の拡大し続ける専門家1600人のグローバルチームは、IoTモジュール業界では世界最大であり、同社が最初に市場に出し、開発をリードし続けることを保証している。上海証券取引所に上場されている同社の国際的な首脳部は、世界中でIoTを発展させることに専念している。

▽詳細情報問い合わせ先
Ashley Liu
media@quectel.com

ソース:Quectel

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ