プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ピーエスアイ

Microsoft 365 メールのセキュリティ強化

Darktrace Cyber AIであらゆる標的型メール攻撃に自動対処する Antigena Emailの販売を開始

2020年5月18日
株式会社ピーエスアイ

   2020年5月18日

      ニュース・リリース

Microsoft 365 メールのセキュリティ強化、 Darktrace Cyber AIであらゆる標的型メール攻撃に自動対処する Antigena Emailの販売を開始

株式会社ピーエスアイ:以下PSI(※1)は、最先端のAIで世界をリードするサイバー防御企業 Darktrace社:以下、ダークトレース(※2)の販売代理店として、AI(機械学習)で未知のセキュリティ脅威をリアルタイムに検知・可視化する「Enterprise Immune System」を多くのお客様にご利用頂いております。
この度、DarktraceユーザがMicrosoft 365(旧称Office 365)メールを利用している場合、未知の標的型メール攻撃にAIが自動対処できるセキュリティ強化のオプション「Antigena Email」の販売を開始しました。

Antigena Emailは、Microsoft 365メール利用において人間のコミュニケーションの定常パターンを機械学習することで、アカウントハイジャック、Eメールスプーフィング、および標的型メール攻撃に自動対処することで多種多様な「デジタルフェイク」から顧客を強力に保護し、本物のEメールを自動的に識別します。
今日のサイバー脅威の94%は、依然としてEメールの受信箱に端を発しています。
悪用されたAIが自動的にスピアフィッシングEメールを生成するようになり、信頼された連絡先や同僚の書き方のスタイルを巧みに模倣する「なりすまし攻撃」がますます増加しており、人間が自分自身でEメールの真偽を識別することはもはや困難で、これらの高度な脅威に自動対処するために人工知能の導入が進んでいます。

ダークトレース・ジャパンの執行役社長、芦矢 悠司氏は、「新型コロナウイルスによるパンデミックが全世界で猛威を振るう中、感染症に対する人々の不安や急速なリモートワーク移行に伴う脆弱性につけ込むフィッシングメールや公的機関に偽装する未知の標的型攻撃が日本でも急増しています。 インラインに設置され、既知の攻撃パターンに基づいて不審なEメールをブロックする従来のゲートウェイ製品やサンドボックス製品と異なり、Antigena Emailは組織における日々のEメールのやり取りや文脈、ネットワーク環境全体の定常状態までAIが常時機械学習するため、新手の攻撃にも即座に自動対処できます」と述べています。

 
PSIでは、昨年より働き方改革を意識したリモートワーク促進のため、これまでオンプレミス環境にあったEメールのシステムをMicrosoft 365へと移行すると同時に、ダークトレースのEnterprise Immune SystemのオプションソリューションであるSaaSコネクタを利用し始めましたが、クラウド環境へ移行したシステムに対し世界中の何千もの異なる国々から訪れる悪意あるログイン試行が発生していることに気付きました。前述の芦矢氏が指摘する通り、クラウド環境でのメールに対するリスクの多さと対応策の必要性を痛感したことから、インシデント発生の前に適切な対処を行うべくAntigena Emailを追加導入し、既存セキュリティ管理策をすり抜け増加し続ける悪意あるメール起点の攻撃に対する素早い対処を実現するに至りました。正規のECサイトが使用しているドメインから受信したなりすましメールを検知しました。既存のソリューションや人間の目では判別が難しいこのようなメールに対してもAntigena Emailは対応でき、PSIは安全なメール環境を利用できています。

※2 ダークトレースについて
ダークトレースは、サイバーセキュリティ分野で世界をリードするAI企業で、内部ネットワークの脅威を自動遮断する技術を世界で初めて開発しました。人間の免疫システムに着想を得たダークトレースの自己学習型AIは世界各国で3,500社以上の組織に導入されています。クラウド、Eメール、IoT、企業ネットワーク、産業用制御システムなどあらゆる種類のネットワークインフラを、内部脅威、産業スパイ、IoTデバイスのハッキング、ゼロデイのマルウェア、データの損失、サプライチェーンリスク、長期にわたる重要インフラの脆弱性などを含む未知の脅威からリアルタイムに保護します。従業員数は1,200名を超え、本社は米国サンフランシスコと英国ケンブリッジにあり、世界に44の拠点を置いています。ダークトレースのAIは平均3秒毎に新たなサイバー脅威に自動対処しており、損害がもたらされる前に顧客を保護しています。

 
※1 PSIについて
東京に本社を置くPSIは1975年の創設以来、世界最先端のサイバー製品の輸入販売および技術サポートを提供し、2003年から情報セキュリティ対策を提案してきましたが、更に可視化領域を拡大するために2015年9月にDarktrace社と販売代理店契約を締結し、AI機械学習によるセキュリティ製品の販売と技術サポートを提供しています。
    

    製品に関する詳しいお問い合わせについては下記の通りです。

 株式会社ピーエスアイ
 〒160-0022
 東京都新宿区新宿5-5-3 建成新宿ビル4F
 TEL: 03-3357-9980 FAX:03-5360-4488
E-Mail: support@psi.co.jp
 URL: https://www.psi.co.jp
製品情報URL: https://www.psi.co.jp/products/list5-2.html

 

以上

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ