プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

公益財団法人 日本漢字能力検定協会

漢検による学習支援動画「かんじのじかん」を配信します

2020年5月18日

公益財団法人 日本漢字能力検定協会

学校再開に向けた生活リズムの取り戻しを応援!
漢検による学習支援動画「かんじのじかん」を配信します
【期間限定】5/20(水)~5/29(金) 毎朝8:15~8:30(15分)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
●「ニュース」と「10分間学習」で構成。「かんじのじかん」で取り戻す毎朝の学習習慣!  
 「くまのつぶたろう」と「AIアナウンサー 荒木ゆい」がお送りします。
●楽しいコンテンツで計画的で主体的な学びを応援!
 学習計画を立てて、主体的に学習する習慣を育む「今日のラッキー熟語シート」もご用意しています。
●家庭学習で活用できる豊富なプリント教材!
 小テスト等のプリント教材(PDF)を無償でダウンロードできます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 公益財団法人 日本漢字能力検定協会(本部:京都市東山区/代表理事:髙坂節三)は、学校再開に向けて生活リズムを取り戻そうとしているご家庭や子どもたちをサポートする目的で、学習支援コンテンツ「かんじのじかん」を5月20日(水)から29日(金)まで、8:15から15分間配信します。
 「かんじのじかん」は、生活リズムの起点となる朝の時間帯に、毎日決まった時間から15分間の短時間学習を始めることで、その日の学習を始める習慣づくりをサポートする学習支援コンテンツです。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202005189947-O1-AL51X9Sk

 本コンテンツは、株式会社Spectee様(本社:東京都新宿区、代表取締役:村上建治郎、以下単に、Spectee)が開発し、ソニービジネスソリューション株式会社様(本社:東京都港区/代表取締役:古田了嗣/以下、ソニービジネスソリューション)が提供するAIアナウンサー「荒木ゆい」ボイス・プラットフォームサービス(以下、「荒木ゆい」)を活用しています。また、「漢検とニュース」のコーナーでは、読売新聞様(株式会社読売新聞東京本社:東京都千代田区、代表取締役:山口寿一 ほかグループ各社、以下単に、読売新聞)より、読売新聞オンラインのニュース利用のご協力をいただきました。

配信予定
公開URL:日常に“学び”をプラスするウェブサイト「漢字カフェ」(https://www.kanjicafe.jp/)にて公開
時  間:毎朝8:15から8:30(15分間)
期  間:5月20日(水) ~ 5月29日(金)の平日
 
主な内容
-「漢字画数カレンダー」
 熟語の漢字画数の合計で日付を表すカレンダー。指先で漢字を書くことで、頭のウォーミングアップを図ります。
-「漢検とニュース」
 気になるニュースをわかりやすく紹介。読売新聞オンラインのニュースで漢字学習ができる無料アプリ『漢検とニュース』【協力:読売新聞】の中から3つを取り上げ、AIアナウンサー「荒木ゆい」【提供:ソニービジネスソリューション】が読み上げます。
-「10分間学習」
 自分で取り組みたいプリントや問題集等で10分間学習する。画面では、漢字の画数で残り時間を表示します。小テスト等のプリント教材(PDF)もご用意しています。
-「今日のラッキー熟語」
 エンディングで「今日のラッキー熟語」を発表。自ら学習計画を立てて、主体的に学習する習慣を楽しく身につけられる「今日のラッキー熟語シート」もご用意しました。「ラッキー熟語」と「シート」を使って、子どもたちの学びを見守る教育関係者・保護者の皆様と子どもたちをつなぐコミュニケーションツールとしてもご活用いだけます。

番組司会とアナウンサーのご紹介
★司会進行:くまのつぶたろう
 協会オリジナルキャラクター。くまの学校に通うくま。好奇心旺盛で、ときどき人間の社会をのぞきにくる。怖いもの知らずだけど恋は奥手。最近、好きな子ができた。その子に想いを伝える手段として、文章を書く勉強を始めたところ。仲良しのおにぎりロボにも、恋の相談をよくしている。
すきなたべもの:おにぎり、ラーメン、菓子パン。
日課:飼っているメダカのえさやり。
家での過ごし方:うたったりおどったり、昼寝したり、二度寝したりして過ごしている。
  
★AIアナウンサー:荒木ゆい
 Specteeが開発した音声読み上げサービス。独自のAI技術により、人に近い滑らかな発音を実現。読み上げたい内容をパソコンにテキスト入力するだけで音声データを生成できるため、収録機材や特別なスキルなしで、音声読み上げサービスを活用できる。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202005189947-O2-st0G1v2C

オープニング
番組内容紹介
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ