プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アイ・ピース株式会社

I Peace, Inc.(アイ・ピース)特定細胞加工物製造許可を得て、臨床用iPS細胞の作製サービスを開始

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005119778-O1-s5q9A1k8
2020年5月15日
I Peace, Inc.  

特定細胞加工物製造許可を得て、臨床用iPS細胞の作製サービスを開始

I Peace, Inc(アイ・ピース、本社:米国カリフォルニア州パロアルト、CEO:田邊剛士、https://www.ipeace.com )の日本子会社であるアイ・ピース株式会社は、京都市にある細胞製造拠点において特定細胞加工物製造許可を厚生労働省(近畿厚生局)より得ました。これに伴いこの度同拠点にて、臨床用iPS細胞の作製サービスを開始いたしました。
弊社は、ファナック株式会社と共同開発した自動量産技術を用いて、数年以内に年間数千株の臨床用iPS細胞の多種同時量産体制(注1)を構築することを目指しています。

ポイント
・臨床用iPS細胞の作製サービスを開始した。
・当社製造施設は、『再生医療等の安全性の確保等に関する法律』に定められた基準に適合しており、高品質で安全なiPS細胞を製造できる施設であることが認められた。

臨床用iPS細胞作製サービス開始の背景
現在、国内外で再生医療の実用化に向けてiPS細胞由来の細胞を用いた様々な臨床研究が行われている一方で、実際の細胞移植医療の原材料となる臨床用のiPS細胞の作製が可能な拠点は世界的にも非常に限られています。
細胞移植医療に用いるiPS細胞を作製する施設は、『再生医療等の安全性の確保等に関する法律』に定められた基準に適合しなければなりません。
I Peace(アイ・ピース)の強みは、ファナック株式会社と共同開発した独自の完全閉鎖系自動iPS細胞作製装置(注2)により多種のiPS細胞株を同時に平行して大量に作製、提供できることにあります。iPS細胞株の分化指向性(注3)は、臨床研究を進める上で課題の一つでした。当社は臨床用のiPS細胞株の選択肢を増やすことで、研究機関等が自身の行う臨床研究に最適なiPS細胞株を選ぶことを可能とし、臨床研究を促進します。また、自家移植を実現するためには多種の臨床用iPS細胞株を同時並行で量産出来るシステムが必要不可欠です。当社の施設はiPS細胞を用いた自家移植の実現に大きく貢献します。
I Peace, Inc.(アイ・ピース株式会社)は、ファナック株式会社と共同開発した自動量産技術を用いて、年間数千株の臨床用iPS細胞の多種同時量産体制(注1)を目指して今後さらに設備増強していきます。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
細胞培養加工の施設名 : アイ・ピース(株)Peace Engine-Kyoto
施設番号 :A5190004
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

注1: 多種同時量産
多数のドナー由来のiPS細胞を同時に一つの部屋で製造すること。
注2:完全閉鎖系自動iPS細胞作製装置 (下記プレスリリース参照)
https://ipeace.com/news/press-release-20200310-ipeace/
注3:分化指向性
ES/iPS細胞は特定の細胞への分化しやすさ(分化指向性)が細胞株ごとに異なる。iPS細胞由来の心筋細胞を用いた臨床研究を行う場合、心筋細胞に分化しやすい株を選択することが可能であれば、研究効率が上がる。

iPS細胞作製サービスについて
I Peaceでは、これまで研究用のiPS細胞作製サービスを行っており、日米の様々な大学や企業のニーズをお伺いしながらカスタム製造した研究用iPS細胞を提供してきました。Peace Engine-Kyotoが特定細胞加工物製造許可を得たことにより、臨床用iPS細胞の作製サービスを本格的に開始しました。また、臨床用iPS細胞の樹立株の販売も行って参ります。

I Peace, Inc. について
I Peace, Inc.は、 京都大学山中伸弥教授の研究室出身である CEO田邊剛士 によって立ち上げられた会社です。 iPS細胞を全ての人々の手に届くものとすることを目指し、日々革新的な技術開発に取り組んでいます。CEO田邊はiPS細胞の開発当初から研究に従事し、世界で初めてヒトiPS細胞の樹立成功を報告した論文の第二著者。山中伸弥研究室にて7年間リプログラミングのメカニズムについて研究を行い、同研究室で医科学博士号取得後に渡米。世界で初めて皮膚から神経へのダイレクトリプログラミングに成功したスタンフォード大学のMarius Wering博士の研究室にて博士研究員として血液から神経へのダイレクトリプログラミング及びiPS細胞のリプログラミングのメカニズムについて研究を行いました。その後全ての人が当然のように自分のiPS細胞を持つことができる未来を一日も早く実現するために起業しました。日米の両拠点においてiPS細胞研究に開発当初から⾧年携わってきた日米の開発担当者を中心に、臨床培養士、バイオメディカル設備設計施工技術者、ロボティックス技術者、弁理士、投資銀行家など日米の多彩な人材が集結、ビジョンの一日も早い実現に向け日々研鑽を重ね研究・開発に従事しています。

I Peace, Inc.
創始者・CEO:田邊剛士(Koji Tanabe)
創立:2015年
本社所在地:米国カリフォルニア州パロアルト
日本子会社:I Peace, Ltd.(アイ・ピース株式会社)、京都市
iPS細胞製造拠点:京都市
ウェブサイト https://www.ipeace.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ