プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Hetero

Heteroが「レムデシビル」の製造販売でギリアド・サイエンシズとライセンス契約

AsiaNet 84025 (0755)

【ハイデラバード(インド)2020年5月14日PR Newswire=共同通信JBN】
*COVID-19用にインド含む127ヵ国で供給

インド大手のジェネリック製薬会社で世界最大の抗レトロウイルス薬生産者であるHeteroは14日、COVID-19治療用にレムデシビルの製造販売でギリアド・サイエンシズ(Gilead Sciences Inc.)とライセンス契約を締結したと発表した。このライセンス契約に基づいて、Heteroは各国規制当局の承認を条件に、インドなど127カ国でレムデシビルを供給する。

Hetero企業グループ会長のB・パルタ・サラディ・レディ博士は「この重大な時期にギリアドと手を組んで、インドや他の発展途上諸国でこの重要医薬品を入手できるようにすることを喜んでいる。今回の契約はグローバル協力の意義、人類に影響を与える健康危機に共闘する必要性も示している。Heteroはこの製品をインドで開発し、インドのCOVID-19患者治療に使用するために必要な研究と承認について、すでに政府、ICMR(インド医学研究評議会)、DCGI(インド医薬品管理局)と協力している」とコメントした。

レムデシビルはインドのハイデラバードにある製剤施設で製造される。ここは米食品医薬品局(USFDA)や欧州連合(EU)など世界の厳格な規制当局から承認されている。Heteroは、首相が定義した「メイク・イン・インディア(Make in India)」をこの製品で補完できるよう完全垂直統合のサプライチェーンを開発している。

▽レムデシビルに関する重要情報
米食品医薬品局(USFDA)はCOVID-19の治療のため、抗ウイルス治験薬レムデシビルに緊急時使用許可(EUA)を与えた。レムデシビルはCOVID-19の重症入院患者の治療用に認められた。最適治療期間は進行中の臨床試験でなお研究されている。EUAは疾病の重症度によって5日間と10日間双方の治療期間が示されている。許可は一時的なもので、正式な新薬の承認申請、評価、承認プロセスに代わるものではない。EUAはCOVID-19の治療に限定してレムデシビルの販売と緊急使用を認めている。レムデシビルは治験薬にとどまり、米国、インドを含む世界のどの国からも認可されていない。

▽Heteroについて
Heteroはインドの大手ジェネリック製薬会社で、世界最大の抗レトロウイルス薬生産者である。製薬業界で25年の専門知識があり、その戦略的な事業領域は医薬品原薬(API)、ジェネリック、バイオシミラー、カスタム医薬品サービス、ブランドジェネリックに及ぶ。

Heteroは最先端の製造施設36カ所を備え、300種以上のポートフォリオがあり、126カ国に強力な世界的プレゼンスを有している。詳細はwww.heteroworld.com を参照。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1167815/Hetero_Logo.jpg

▽メディア問い合わせ先
Jeyasingh Balakrishnan
Head – Corporate Communications
Hetero Labs Limited
Mobile: (+91) 9989626541, (+91) 9833836185

ソース:Hetero

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ