プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

DoubleVerify

DoubleVerifyが日本にオフィスを開設、業界リーダーを事業運営責任者に任命

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005149875-O1-y20aaF9r

 
AsiaNet 84018

元Googleディレクター武田 隆氏をDoubleVerify Japanの最高責任者に指名

【東京2020年5月14日PR Newswire】
デジタルメディア測定、データおよび分析のソフトウェアプラットフォーム大手のDoubleVerify (“DV”)は、日本市場に参入し事業を率いるため、経験豊富なデジタルメディア業界エグゼクティブである武田 隆氏を任命したことを発表しました。

武田氏は、DVの日本での事業立ち上げ、ブランドや代理店、メディアプラットフォームとの関係構築の責任者として、DVの洗練されたアドベリフィケーションツールを日本市場に投入していきます。

30年にわたるメディア業界のエグゼクティブである武田氏は、Google日本法人で執行役員を務め、クリエイティブソリューションおよびパートナーシップビジネスユニットを率いていました。武田氏は日本国内において数多くの広告会社を開拓し成長させてきた業界のオピニオンリーダーとしてよく知られています。また同氏はこれまで、DDBジャパンの代表取締役社長兼CEOを務めていたほか、それ以前はJWTやSaatchi & Saatchiで勤務していました。

「日本のブランド広告主は、まだまだ十分にデータドリブンマーケティングの恩恵を享受していません。」と武田氏は述べています。「近年、日本のインターネット広告がテレビを追い越しつつある中、プログラマティック広告テクノロジーは未だ十分に活用されていません。マーケティングファネルは透明性が低く非常に複雑な状態が続いており、業界には明確な広告効果の基準が必要です。わたしの目標は、日本でDVのサービスを展開していくことで、日本市場が成長に不可欠となる明瞭さと信頼性を得る手助けをすることです。」

「DoubleVerifyは武田氏をリーダーシップチームに迎え入れ、彼のデジタル広告およびメディアについての深い経験と知識を活かせることを喜んでいます。」とDoubleVerifyアジア太平洋のマネージングディレクターであるジョーダン・クー氏は述べています。「彼の就任はDVの日本市場に対する真剣な取り組みを示すものです。」

武田氏はDV日本オフィスを拠点に活動します。

詳細な情報に関しては、sales@doubleverify.com にお問合せください。

DoubleVerifyについて

DoubleVerifyはデジタルメディア測定、データおよび分析の大手ソフトウェアプラットフォームです。DVのミッションは、世界最大のブランド、パブリッシャー、デジタル広告プラットフォームのためのデジタル広告の品質と有効性に関する透明性とデータドリブンなインサイトの最も信頼できる情報源になることです。DVの技術基盤は、品質を最大限に向上させるために利用できる一貫性のある公平なデータと分析を広告主に提供し、デジタル広告投資に利益をもたらします。DVは2008年より、より良い業界の構築を支援するデジタル広告のエコシステムに、クラス最高のソリューションを提供することによって、フォーチュン500の数百社がメディア出資から最大の利益を上げることを支援してきました。詳細はwww.doubleverify.comをご覧ください。

(日本語リリース:クライアント提供)

DoubleVerifyロゴ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ