プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

マカフィー株式会社

2020年の法人向けビジネス 事業戦略を発表

2020年5月13日

マカフィー株式会社

マカフィー、2020年の法人向けビジネス 事業戦略を発表
デバイスからクラウドまでを保護し、
クラウドネイティブでオープンな統合セキュリティの提供を推進

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202005129839-O1-qWikVxCW

マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中辰夫)は
本日、2020年の事業戦略を発表しました。

デバイスからクラウドまでを保護するサイバーセキュリティ企業として、
2020年は“クラウドネイティブでオープンな統合セキュリティの提供”を
キーメッセージに加え、クラウド環境全域にわたるセキュリティの強化を
推進するとともに、エンドポイント対策ではクラウドネイティブな
アプローチを基に、高度化する脅威に対してより精度の高い防御の実現と
管理運用負荷の軽減に注力していきます。

企業のクラウド利用が本格的に進む中、
クラウド上の機密データが窃取される事例が増加し、
クラウドが攻撃者のターゲットの一つに加わったことが伺えます。
一方、リモートワークの増加に伴い、社外からのアクセスや保護が必要となる
デバイスの増加および多様化といった課題が顕在化してきました。

このような状況から、2019年10月、米調査会社Gartner社が提唱した
デバイスやーユーザーの場所に依存しないセキュリティフレームワーク
「Secure Access Service Edge(SASE)*1」が、昨今注目を集めています。

マカフィーは、2020年3月にデバイスからクラウドまで、
作業が行われるすべての場所で単一のデータ保護と脅威の防御を可能する
Unified Cloud Edge(UCE)を発表し、SASE実現の第一歩を踏み出しました。

また、これに続く取り組みとして、2020年4月にはWeb分離の先駆者で
受賞歴を有する米Light Point Security社の買収手続きを完了し、
UCEへの統合を進めています。

さらに、IaaS/PaaS環境の保護を強化するべく、
2019年8月に買収した米NanoSec社の技術を活用し、
コンテナおよびワークロードセキュリティにおける機能拡張を行うなど、
さらなるサービスおよび機能拡充を進めています。

脅威もまた、クラウドに移行してきていますが、依然として、
エンドポイントに対する脅威は沈静化することなく、
エンドポイントセキュリティの役割は依然として重要なものとなっています。

EPP(Endpoint Protection Platform)では、
マルウェア対策をメインとしたエンドポイント保護を、
EDR(Endpoint Detection and Response)では、
万が一侵入された際の対処を担っています。

マカフィーでは、長年培ってきた実績と信頼あるエンドポイントの防御と検知、
そしてAI(人工知能)等の新技術を駆使した高度で操作効率に優れたEDRを
組み合わせ、脅威防御ライフサイクル全体をサポートしています。

また、従来から課題とされているセキュリティ人材不足に対しては、
既存製品と新たな製品の統合を進めたり、多種多様なエンドポイント製品の
統合管理を可能にするなど、セキュリティ人材の負荷軽減に寄与するべく、
運用管理面での機能強化にも注力しています。

昨今、ソーシャルディスタンスの確保のために企業において
急速に取り組みが進む在宅勤務により、
クラウドサービスへの対応が必要不可欠なものとなっています。

マカフィーでは、企業でのクラウド採用が進む中、
セキュアなIT環境整備に向け、注意喚起や対策支援も推進していきます。

変わりゆくサイバー環境に適応したより安心、安全な世界を目指し、
マカフィーは、今後もデバイスからクラウドまでの
セキュリティ対策の強化と、管理運用負荷の軽減に注力していきます。

*1 SASEとは:
https://www.mcafee.com/enterprise/ja-jp/security-awareness/cloud/what-is-sase.html
安全かつ迅速なクラウドの採用を実現する仕組み。
アクセススピード(パフォーマンス)を維持しながら、
いつ、どこで、どのようにデータやデバイスが使用されているかにかかわらず、
管理・保護を可能にする。

■マカフィーについて
マカフィーはデバイスからクラウドまでを保護する
サイバーセキュリティ企業です。業界、製品、組織、そして個人の垣根を
越えて共に力を合わせることで実現するより安全な世界を目指し、
マカフィーは企業、そして個人向けのセキュリティ ソリューションを提供しています。
詳細は https://www.mcafee.com/ja-jp/ をご覧ください。

* McAfee、マカフィー、McAfeeのロゴは、米国およびその他の国における
 米国法人 McAfee, LLCまたはその関連会社の商標又は登録商標です。
* その他の会社名、製品名やブランドは、該当各社の商標又は登録商標です。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ