プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

NTTレゾナント株式会社

「gooのAI」技術を活用したAIチャットボットアプリ『きみとおはなしコウペンちゃん』をリリース

2020年5月13日
NTTレゾナント株式会社

 
「gooのAI」技術を活用したAIチャットボットアプリ
『きみとおはなしコウペンちゃん』をリリース
https://koupenchan-chat.jp/

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:楠木 健、以下NTTレゾナント)は、AIサービス導入を支援するセミオーダーソリューション「goo AI x DESIGN(グーエーアイクロスデザイン)」による開発支援のもと、キャラクターやアーティスト等、各種IPを活用したアプリやWebサービスを企画、運営する株式会社エムアップホールディングスの連結子会社である株式会社Creative Plus(本社:東京都渋谷区、代表取締役:加藤 周太郎、以下Creative Plus)と共に、スマートフォン(以下スマホ)向けアプリ『きみとおはなしコウペンちゃん』を、2020年5月12日(火)より提供開始したことをお知らせします。アプリはiOSにて無料で提供(アプリ内課金あり)します。

 『きみとおはなしコウペンちゃん』は、人気キャラクター「コウペンちゃん」(原作:るるてあ)と会話ができるアプリです。会話機能にはNTTレゾナントのAI技術「gooのAI」(*1)( *2)を活用。ユーザーとの会話内容や会話の継続性に応じてコウペンちゃんが成長し、ユーザーは会話内容の変化や稀に入手できるオリジナル画像のコレクションなどを楽しむことができます。

 また、「goo AI x DESIGN」は、企業の持つキャラクターとの会話をAIチャットボット搭載のスマホ向けアプリで実現し、ユーザーと企業のオンラインチャネルを形成する新プラン「スマホ向けAIチャットボットアプリ開発プラン」を提供開始します。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005119774-O1-gjUwrpPI
 ©るるてあ
 

1. 『きみとおはなしコウペンちゃん』概要
 『きみとおはなしコウペンちゃん』はSNSで人気のキャラクター「コウペンちゃん」とのフリートークを楽しむチャット形式のアプリです。「コウペンちゃん」と会話をすればするほど「コウペンちゃん」が新しい言葉を覚えていき、トークのバリエーションが増えていくほか、「邪(よこシマ)エナガさん」や「アデリーさん」も会話に参加するようになります。
 
 さらに、「コウペンちゃん」に特定のキーワードを話しかけると「るるてあ」の原作画像が「コウペンちゃん」からの心温まる言葉とともに解放される「ことば辞典」機能を搭載し、「コウペンちゃん」との会話を通してコレクション要素も楽しめる、ファンにはたまらないアプリです。

【提供概要】
タイトル:『きみとおはなしコウペンちゃん』
価格:基本無料、一部コンテンツ課金月額制
サービス概要:『きみとおはなしコウペンちゃん』は「コウペンちゃん」とのおはなしを楽しむ会話アプリです。たくさんおはなしして「コウペンちゃん」と仲良くなると、「コウペンちゃん」がおはなしできる言葉が増えたり、画像のコレクションを集めたりすることができます。
URL:https://koupenchan-chat.jp/
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005119774-O2-yw2qJFn9

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005119774-O3-T0X4w689
 ©るるてあ

 
2. コウペンちゃんについて
 「コウペンちゃん」はイラストレーター「るるてあ」が描くコウテイペンギンの赤ちゃんです。「寝て起きたの?えらい!」など、毎日の些細な行動を褒めてくれる「コウペンちゃん」は、ありのままのユーザーを肯定するやさしい存在です。忙しい日々を過ごす社会人を中心に、癒したっぷりのイラストと心がほっと温まる言葉で人気を集めているキャラクターです。

 
3. 「スマホ向けAIチャットボットアプリ開発プラン」について
 「スマホ向けAIチャットボットアプリ開発プラン」は、企業の持つキャラクターやデータを活用し、オリジナルAIチャットボットアプリの開発・提供を支援する、「goo AI x DESIGN」の新プランです。『きみとおはなしコウペンちゃん』は、「スマホ向けAIチャットボットアプリ開発プラン」の提供事例第1弾となります。

 「スマホ向けAIチャットボットアプリ開発プラン」で開発するアプリには、「gooのAI」を基に開発したAIチャットボットを搭載しています。このAIチャットボットに、企業が持つキャラクターデータを学習させることで、単なる定型文の一問一答に留まらないキャラクターとの自然な会話を実現。さらに、AIチャットボットとの会話機能以外に、情報発信や、ゲーム要素などのオプション機能を搭載することも可能です。オプション機能の開発は、個別のご相談となります。

 これにより、「キャラクターとの会話+α」を実現するオリジナルアプリの開発、提供を支援。「キャラクターらしさを守りつつ、定型文だけではない会話ができるAIチャットボットをアプリで提供したい」「ユーザーとの接点になる新たなチャネルとしてチャットボットを導入したい」など、AIチャットボットアプリを軸としたユーザーコミュニケーションを実現したい企業のニーズに応えます。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005119774-O4-awSz8ANI

「スマホ向けAIチャットボットアプリ開発プラン」の詳細は、下記までお問い合わせください。
 問い合わせ先:https://aixdesign.goo.ne.jp/contact.html

 
4. 「goo AI x DESIGN」について(https://aixdesign.goo.ne.jp/)
 「goo AI x DESIGN」は、独自の「gooのAI」技術を用いて、AIサービスの導入を支援するセミオーダーソリューションです。「gooのAI」は、ディープラーニングを活用し想定外の応答にも柔軟に対応する高い会話精度を実現。ユーザーとの会話の文脈を理解して、「自然な会話」「続く会話」を可能にしています。さらに、企業が持つキャラクターやデータを組み合わせて、まるでキャラクターと話しているかのような世界観を再現します。過去には、テレビドラマ連動型のAIチャットボットを提供し、ユーザーから多くの反響がありました。

 「goo AI x DESIGN」では、今後も「gooのAI」の技術向上に努めるとともに、AIチャットボットを活用した多様なコミュニケーションチャネルの開発、導入支援に取り組んでまいります。

【補足】
(*1)「gooのAI」は、ポータルサイト「goo」を通じて蓄積したインターネットに関わる技術やノウハウと、NTTグループのAI関連技術「corevo®※」(http://www.ntt.co.jp/corevo/)などを活用し、NTTレゾナントが独自に開発した技術です。自然言語解析技術やディープラーニングを活用することで、高精度の文脈理解やパーソナライズ、表記ゆれへの対応など、さまざまな機能を実現しています。

(*2) 「gooのAI」には、下記技術を活用しています。
Makoto Nakatsuji, Sohei Okui, “Conclusion-Supplement Answer Generation for Non-Factoid Questions”, AAAI’20, 2020.

※「corevo®」は、日本電信電話株式会社の登録商標です。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005119774-O5-h598Cm65
※ 記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

image1
icon
image2
提供イメージ
corevo_logo
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ