プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Amerigo Education

Amerigo Educationが2020年の大学合格実績を発表

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005129805-O2-giDg9uoD

 
AsiaNet 83977(0730)

【シカゴ2020年5月11日PR Newswire=共同通信JBN】
*留学生はAmerigoのUniversity Advantageプログラムにより大学出願で成功を収めた

米国における留学生向け包括的全寮制プログラムを創出したAmerigo Educationは11日、2020年の大学合格実績を発表した。Amerigoの全10キャンパスの高校3年生全員がトップ級大学への入学を認められ、うち3分の2以上が米国上位100大学に、3分の1が上位50大学に、それぞれ合格した。今年の合格校には、南カリフォルニア大学、ニューヨーク大学、フロリダ大学、ボストン大学、およびカリフォルニア大学サンタバーバラ校(UC Santa Barbara)、カリフォルニア大学アーバイン校(UC Irvine)、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UC San Diego)、カリフォルニア大学デービス校(UC Davis)など、ランクの高い大学が含まれている。

Amerigoのクレイグ・パインズ最高経営責任者(CEO)は「Amerigoでは、生徒たちの学習が進むにつれ、かれらの最強の擁護者になるよう努めている。現在の高校卒業生クラスは、彼らの高校でのキャリアを通じて生徒たちに課した情熱と配慮を反映している。われわれは、米国の一流大学が留学生出願者の入学を検討する際の評価基準を深く理解している。われわれのUniversity Advantageプログラム(UAP)は、「一個の人間」となることと結び付いた高い学力に重点を置く高度に個別化されたアプローチを利用している。われわれは、生徒を可能な限り最善の大学への合格へ向け位置付けるための包括的なサポートを提供することにより、このプロセスから威圧性を減らし、最終的にはより成功するようにする」と語った。

AmerigoのUAPは4年間のプログラムであり、大学への出願プロセスのすべての分野で高校生を指導するための独自のパーソナライズされたアプローチを提供する。大学への出願時に各学生の競争力を高めることを目的として、プログラムには高校コース選択、標準テストの準備、出願大学の指導、小論文執筆、大学キャンパスツアーが含まれている。さらに、AmerigoはすべてのキャンパスにUniversity Guidance Advisor(大学ガイダンスアドバイザー)を配置しており、彼らは大学出願プロセス全体を通じて各生徒と個別に協力している。

ボカラトン・キャンパスの2020クラス生徒でカリフォルニア大学サンタバーバラ校、ウィスコンシン大学マディソン校(University of Wisconsin-Madison)、パデュー大学など6校から入学許可を得たジャン・ドーさんは自分がUAPから恩恵を受けた経験をシェアし、「Amerigoスタッフからのサポートのおかげで、自らの能力に一層自信がつき、自分の夢の学校から入学許可を得る準備ができたと感じた。Amerigoは、そもそも1年生の時の大学出願開始から、オンラインチュータリングやSATの週ごとの模擬テストなどの便利なツールや、小論文に対する知見に富んだアドバイスや編集など、包括的なサポートを提供した。UAPを介したキャンパスツアーへの参加も、参加する大学を決定するうえで重要な役割を果たした」と語った。

Amerigoの留学生に対する全体的なサポートは、生徒が学校の内外で(課外)活動を続けることを奨励するため、学業を超えて広がる。ペンシルベニア州立大学、ワシントン大学など合計12校から入学許可を受けたAmerigo Chicagoの3年生、ベニー・グエン君は課外活動に非常に積極的で、学校のフェンシングチーム、Science Olympiad、バレーボール、サッカーに参加した。「入学審査担当者に自分がどれほど懸命に努力したかを示すのに最適な証拠であるため、私はまた、良いGPA(成績平均点)の維持も確実にした。一流大学は、単なる受験者以上のものを求めている」。グエン君のような生徒は、学生が学業成績や課外活動の例を投稿するAmerigoのオンラインプラットフォームであるStudent Success Portfolioから恩恵を受けている。同ポートフォリオは、出願プロセス中に入学審査担当者とシェアすることができ、Amerigoの生徒に高校時代を通じた進歩のハイライトに関しより多くの情報を与える。

カリフォルニア大学デービス校、カリフォルニア大学アーバイン校、イリノイ大学などすべて上位50校に入る7校から入学許可を得たAmerigoの生徒、スーチェン・グオ君は成功の一因は出願プロセス中に積極的だったことだとみている。「早期に開始すると、小論文の校正で支援を受けることができる。私はUniversity Guidance AdvisorsやキャンパスチームなどのAmerigoスタッフと緊密に取り組み、小論文作成、テスト準備、生徒ポートフォリオ開発など、あらゆる分野でサポートを受けた。Amerigoとの時間の中で得たスキルは、自分の将来に役立ち、有益であると信じている」。

高校でのAmerigo3年生の時間が終わりに近づくと、この全寮制プログラムは引き続き、すべての生徒にサポートを提供することに注力する。現在進行中の世界的健康危機に鑑み、Amerigoは今後数カ月間の移動および/またはビザの制限に関する懸念を和らげるStart Anywhere Programを導入した。このプログラムでは、2020年秋学期の初めに渡米することができないAmerigoの生徒に、オンラインでコース学習を開始する選択肢を提供する。そこでは、全ての教育課程に加えて米国のキャンパスにいるのと同様に英語学習と大学進学アドバイスを受けられる。Start Anywhereに関する詳細はhttps://bit.ly/2xrQZKkを参照。

▽Amerigoについて
Amerigoは、人を育てる寮環境の中で優れた学業成績を重視する包括的なアプローチを活用することにより米国の優秀な私立高校で学ぶ留学生をサポートする。同社は、高校、大学レベルとそれ以上において成功するために必要なスキル、価値観、ケアを留学生に身に着けさせるために、補完的な学業支援、英語力構築、大学進学ガイダンス、メンターシップ、文化的イマージョンを提供する。詳細はウェブサイト amerigoeducation.com を参照。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200509/2798974-1-a
Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200509/2798974-1-b
Logo – https://photos.prnasia.com/prnh/20190621/2504708-1-LOGO
 

ソース:Amerigo Education

画像添付リンク先:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=363243

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=363247

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ