プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

LMRKTS

LMRKTSがポール・ウォーカー氏の会長任命を発表

AsiaNet 83962 (0725)

【ニューヨーク2020年5月11日PR Newswire=共同通信JBN】金融サービス業界の大手最適化プロバイダーであるLMRKTS LLC(「LMRKTS」)とMotive Partners は11日、ポール・ウォーカー(Paul Walker)氏がLMRKTSの取締役会会長に任命されたと発表した。ウォーカー氏は、スティーブン・C・ダフロン(Stephen C. Daffron)博士の後任で、ダフロン氏は引き続きLMRKTSの取締役会の取締役を務める。

ウォーカー氏は16年間、ゴールドマン・サックスに勤務し、同社では直近は技術担当共同責任者と同社のPartnership Committeeのメンバーを務めた。同氏はまた、Prime BrokerageおよびStratsの組織で主導的役割を担い、2002年から2011年までゴールドマンのCore Stratsチームを率いた。ウォーカー氏は現在、セクタースペシャリスト投資プラットフォームでLMRKTSに出資しているMotive PartnersのIndustry Partner(産業パートナー)である。同氏は技術と人工知能の分野で投資家や高度成長企業に助言を行っている。ウォーカー氏は2019年にLMRKTSの取締役会に加わり、Depository Trust and Clearing Corporationなどの他の成長段階のソフトウエア企業や大規模組織で役員の経験がある。

ウォーカー氏は「LMRKTSの取締役会会長に就任し、同社が世界クラスの最適化技術を資本市場のより多くの分野にもたらしながら引き続き成長するのを支援することができて喜んでいる。資本市場のように複雑で結び付いているビジネスでは、LMRKTSの高度の独立した分析手法は、全ての参加者がそれぞれのリスク、資本、流動性の管理を改善させるのを支援することができる」と語っている。

ダフロン博士は2017年にLMRKTSの取締役会に加わり、2020年まで会長を務めた。

▽LMRKTSについて
LMRKTSは、金融サービス業界の大手最適化プロバイダーである。同社は、高等数学を技術主導のアプローチと結び付けることにより、クライアントがより効率的に経営し、リスクと資本コストを軽減するのを支援する次世代のソリューションを提供する。他のウォール街のベテランや科学技術者に加え、Motive Partners、世界銀行グループの IFC、ドイツ取引所グループ(Deutsche Borse Group)、元米財務長官で元世界銀行チーフエコノミストのローレンス・サマーズ博士がLMRKTSに出資している。詳細は http://www.lmrkts.com/ を参照。

▽メディア問い合わせ先
press@lmrkts.com
+1-917-2675931

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1165515/LMRKTS_Logo.jpg

ソース:LMRKTS

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ