プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人阪南大学

阪南大学 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う支援策を公表

2020年5月8日

阪南大学

阪南大学 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う支援策を公表

阪南大学(所在地:大阪府松原市、学長:田上 博司)では、新型コロナウイルス感染症拡大による政府の緊急事態宣言の発令を受け、5月7日(木)より遠隔授業を開始している。
新型コロナウイルス感染症が社会的、経済的に影響を及ぼす状況下において、学生が学修を継続できるよう全学生に一律5万円の支援金を給付することを決定した。また、その他の支援策についても併せて公表した。支援策は以下のとおり。

1.新型コロナウイルス対策緊急支援制度
遠隔授業に対応した学修環境整備と学生生活支援金として一人あたり5万円の支給。

2.新型コロナウイルス対策緊急貸付制度
新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、家計急変、アルバイト収入急減等により、修学を継続することが困難となった学生に対する支援策として、一定の条件に該当する場合、一人あたり20万円を限度として貸付。

3.パソコン等環境整備に係る支援
遠隔授業実施に際して、パソコン等の貸し出しを実施。また、状況に応じてキャンパス内のパソコン教室等の開放。

4.授業等の納入に係る支援
新型コロナウイルス感染症拡大に伴う家計急変等により、授業料等を納入することが著しく困難となった支援策として、一定の条件に該当する場合、授業料等の減免制度を拡充。
また、学納金の納入については、延納分納等の最終納入期限(7月末日)までに納入が難しい場合は、8月末日まで納入を猶予。

5.その他の支援
学生が、レポート作成や卒業論文執筆等で必要な参考資料を利用できるように、図書館内の図書を自宅へ郵送する貸出サービス(条件あり)を実施。

【阪南大学HP】新型コロナウイルス感染症拡大に伴う支援策について

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ