プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

MCI Management Center Innsbruck

MCI Management Center Innsbruck:第4期MCI エグゼクティブPhDプログラムがスタート

AsiaNet 83943 (0719)

【インスブルック(オーストリア)2020年5月7日PR Newswire=共同通信JBN】
*MCI、アントワープ大学、アントワープ経営大学院が協力
*COVIDに関係なく、制約のないプログラム進捗を保証
*出願受け付け中、授業は2020年11月にスタート

世界中から参加者がある4年間にわたる MCI エグゼクティブPhDプログラム(Executive PhD Program、企業幹部向けPhD プログラム)は、最新の研究結果とアカデミックな専門知識をしばしば自らの専門家としての活動に結び付けて複雑な経済問題に応用したいと思う経験豊かで国際的な企業幹部と管理職に向けた内容になっている。国際的に認知された博士課程のプログラムは、アントワープ大学、(University of Antwerp)アントワープ経営大学院(Antwerp Management School)、MCIによって共同運営される。オーストリアでこのプログラムはAQ Austriaによって認証されている。

次期学生コースは2020年11月にスタートする予定で、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)のパンデミックがプログラムの質を損なうことはない。MCIのアカデミックプログラム・ディレクター、マルクス・キットラー氏は「国際的な移動制限がかなりの期間、続くだろうと先に認識した時点で、われわれはキャンパス内モジュールをハイブリッドでオンラインのモジュールへと変換した。これにより参加者がプログラム期間とその質に何ら影響を受けることなく、計画通りにPhD プログラムを完了できることが保証されている」と述べている。

従って、今年の秋のモジュールはオンラインで行われる。MCIはオンラインラーニングの分野での数年間にわたる専門知識を活用することができる。MCI のエグゼクティブ教育部門の責任者、スザンヌ・E・ヘルツォーク氏は「われわれは既に数年前にMBA プログラムをモバイルとオンライン形式によるブレンドラーニングへと転換し始めていた。ここでの専門知識が現在、われわれがエグゼクティブPhDプログラムを新たな要請に関する高度に専門的な方法によって一段と発展させ、学生に最適な支援を提供することへの手助けとなっている」と指摘している。いったん健康リスクが管理可能となり、移動制限が解除されれば、キャンパス内形式に戻ることになる。

プログラム、出願、入学手続きに関する詳しい情は以下のサイトから:
https://www.mci.edu/en/study/executive-phd

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1164816/Herzog_Kittler.jpg
Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1164817/MCI.jpg

▽メディア問い合わせ先
Ulrike Fuchs
ulrike.fuchs@mci.edu
Tel. +43 (0)512 2070-1527

ソース:MCI Management Center Innsbruck

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ