プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Agilyx

Lucite Internationalと三菱ケミカルがAgilyx Corporationと協力しPMMAの循環型経済を加速

AsiaNet 83914 (0706)

【ポートランド(米オレゴン州)2020年5月5日PR Newswire=共同通信JBN】Lucite International(LI)はAgilyx Corporation(Agilyx)と協力し、LIの親会社である三菱ケミカル株式会社(MCC)の支援を得て、(当初は欧州での)PMMAの循環型経済に大きく貢献すべく取り組んでいる。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1154285/Agilyx_Logo.jpg

MCCのビジョンは、「人、社会、そして地球の心地よさがずっと続いていく」、「KAITEKI(快適)」という理念を基礎としている。真の循環型経済の実現は、その達成に不可欠である。LIは、以下のようなバリューチェーンを構築してきた。

(i)PMMA製品の製造業者が、製品寿命の最後に、製品をMMAからPMMAに回収およびリサイクルできるようにする。
(ii)PMMAリサイクルから生まれた完全リサイクルのアクリル製品を最終消費者に提供する。

PMMAは、化学的に解重合および精製して新品のモノマー(MMA)を製造できる非常に数少ないプラスチックの1つである。これが、真の循環型経済実現の基本的考え方である。

LIは活動のペースを速めており、PMMAのリサイクルに最適なケミカルリサイクルインフラストラクチャーを定義するため、AgilyxとのAgilyx解重合技術使用の独占契約締結を発表できることを喜んでいる。

三菱ケミカル株式会社のフィル・ベイリー欧州・中東・アフリカ戦略事業ユニット・ゼネラルマネジャーは、次のように語った。

「MCC内でこのプロジェクトをリードできることを喜んでおり、PMMAを完全に持続可能な素材にすることを約束する。社会的、環境的関心の高まりで、大きな需要があることは顧客から知らされている。MMA業界のグローバルリーダーとして、われわれにはこの分野をリードしていく責任がある」

「解重合面でAgilyxと協力できることをうれしく思っており、両社の専門知識と将来的には他の利害関係者の協力も得て、循環型経済に向けた業界をリードする包括的ソリューションを提供できると考えている」

Agilyx Corporationのジョー・ベーランコート最高経営責任者(CEO)は、次のように語った。

「Lucite Internationalと三菱ケミカルは、自社製品のリサイクルイニシアチブの推進を通じて、持続可能な製造業でリーダーシップを発揮し続けている。彼らと協力して、彼らの製品向けに完全リサイクル素材を提供できるのは光栄だ」

「当社はケミカルリサイクルのリーダーであることを誇りに思っており、今回の提携は、この新たなケミカルパスを通じたプラスチックの循環型経済拡大のひとつの方法と考えている」

Lucite International(LI)は、2023年までの商業化を目指してAgilyxと協力している。その間、LIは、MMAの顧客、PMMAの顧客、製造業者、流通業者、組立業者、リサイクル業者を含む主要な利害関係者全員と協力し、全ての人のためになる持続性のあるバリューチェーンを開発していく。

▽LUCITE INTERNATIONALについて
Lucite Internationalは、MMAとPMMAの生産における世界的市場リーダーである三菱ケミカル株式会社のグループ会社である。同社は85年以上にわたり、あらゆるアクリル素材の構成要素であるメタクリル分子に注力してきた。欧州・中東・アフリカ、アジア太平洋、米国で事業を展開している同社のMMAモノマー、PMMAポリマー、特殊ポリマーおよび樹脂は、世界中の人々の生活に役立っている。

▽AGILYXについて
Agilyxは、再利用が困難な使用済みプラスチックストリームを価値の高い低炭素循環原料と燃料に化学的にリサイクルするリーダー兼パイオニアである。当社は、PMMAをPMMAの構成要素であるMMAにリサイクルできるシステムを開発した。Agilyxはまた、ポリスチレン廃棄物をスチレンモノマーに変換する技術を商品化した。この技術は、新しいポリスチレン製品の再生に使用されている。Agilyxは、廃棄物サービスプロバイダー、地方自治体、精製業者、民間や公営企業と協力し、混合廃プラスチック用の閉ループ産業ソリューションを開発している。

詳細については、www.agilyx.com を参照。

▽メディア問い合わせ先
John Desmarteau
Director of Communications and Government Affairs
jdesmarteau@agilyx.com
+1-(503)-597-6406

ソース:Agilyx

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ