プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Mindtech Global Ltd

マイクロソフトのジャスティン・ブロンダー氏の参加でMindtech Global Limitedが経営陣を強化

AsiaNet 83913 (0703)

【ロンドン2020年5月5日PR Newswire=共同通信JBN】ジャスティン・ブロンダー(Justin Bronder)氏がVP-AI StrategyとしてMindtech Global Limitedに入社した。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1163842/Mindtech_Justin_Bronder.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/971869/Mindtech_Logo.jpg

ブロンダー氏は、Mindtechに入社する前はマイクロソフトで働き、同社では、強化学習、敵対的生成ネットワーク、物体検出の分野でAIを使用したり、顧客に最適なソリューションを提供するために古典的なデータ科学や統計分析を使用したりする機械学習ソリューションを開発したコンピューター科学者のチームを率いていた。同氏は米カリフォルニア州サンノゼを拠点にしている。

Mindtechのスティーブ・ハリス最高経営責任者(CEO)は「ブロンダー氏は現実世界へのAIシステム実装に関する幅広い知識をMindtechにもたらす。同氏はMindtechの顧客のためのAIソリューションの運営、開発で欠くことのできない役割を果たし、また当社の製品のロードマップと研究の焦点を推進するのを手助けするだろう」と語った。

ハリス氏は、ブロンダー氏がMindtechの研究プログラムにも重点的に取り組み、トレーニングのために合成および現実の両データを活用することを多面的に研究する、と付け加えた。同氏は、効果的なバイアス低減の方法、新規ネットワークアーキテクチャーのデータ要件への影響、そして最も正確な結果を生み出すために全体的なデータ管理ワークフローをいかに最適化するかについて考察する。ブロンダー氏はCVPR、ICML、NeurIPSなどの主要なAI会議で研究結果を発表する。

ブロンダー氏は、マイクロソフトの前はResnick Investmentsに勤務し、同社では認定シリーズ65投資顧問を務めており、これは、Mindtechが2020年に資金調達基盤を拡大するに際して非常に貴重なものとなるだろう。

ブロンダー氏はCardinal Optimizationでも働いており、同社では、さまざまな環境の行動理解を取り込み、それらの問題を解決するために映像データを分析する幾つかの現実世界のプロジェクトに参加していた。

▽Mindtech Globalについて
Mindtech Global limitedは英国に拠点を置くスタートアップで、AIシステムの開発を加速するためのAIトレーニングプラットフォームの開発に注力している。Mindtechの最初の製品Chameleonは2019年第3四半期に発表された。Chameleonは、合成データを開発し、トレーニングAIシステムに必要なデータセットを管理するために設計された完全なAIトレーニングプラットフォームである。詳しい情報はhttps://www.linkedin.com/in/justinbronder/ を参照、またはhttps://www.mindtech.global/にログオン、ないしは chris.longstaff@mindtech.global に問い合わせを。

ソース:Mindtech Global Ltd

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ