プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Sentry Health

ミネアポリスのテクノロジー企業がCovid-19の拡散を低減する画期的な衛生安全キオスクを発表

AsiaNet 83895 (0694)

【ミネアポリス2020年5月4日PR Newswire=共同通信JBN】
*民間および公共部門の安全な再開促進をサポート
*入場規制で体温測定と手指消毒順守を保証、オプションのマスク監視も

Municipal Parking Services, Inc.(MPS)は4日、体温上昇の検出、手指衛生管理、入場規制を通じて、民間および公共施設での無症状のCovid-19拡大低減に役立つ最初で唯一の自動化システムの立ち上げを発表した。

Sentry Health Kiosk(TM)として知られる同システムは、世界中の地方自治体や大学に現在設置されている、同社のタッチレス・スマートパーキング製品群から着想を得た。Sentry Health Kiosk(TM)は、包括的な追跡記録を作成しつつ、体温を自動的に測って報告し、手指の消毒をさせ、入場規制を管理する非接触型キオスクである。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1163291/Sentry_Health_Kiosk_Lobby_image.jpg
Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1163292/Sentry_Health_Hand_sanitizer_image.jpg

同システムは、MPSの特許取得済み技術を活用し、消費者、従業員、雇用主にクラス最高の安全性と安心を提供する。オプションの顔認識機能により、必要な場所でマスク着用を順守させることもできる。

Sentry Healthの生みの親であるジョー・コールドウェル氏は「研究によって、Covid-19に感染している人のほとんどは無症状で、体温を測るだけのデバイスの使用では良く言っても不十分であることが明らかになっている。専門家によれば、自らを守り、ウイルスの拡散を低減させる最善の方法は、単に手を洗うことだ。Sentry Health Kioskは、体温測定と手指消毒の両項目をチェックする唯一のシステムである。この手順を完了しなければ、絶対に入場できない」と語った。

*このテクノロジーは、個人の健康調査や、キオスクのインタラクティブ・スマートスクリーンを介した遠隔または現場でのビデオ通話を含むその他の情報にも対応可能。

*MPSは、キオスクの需要急増に対応するため、生産能力を大幅に拡大中。

*同社はSentry Healthの利益の5%を寄付し、フードバンクなどの非営利組織にキオスクを提供する予定。

▽Municipal Parking Services(MPS)について
2009年創業のMPSは、公共、民間の両機関を対象としたタッチレス決済・実施システムのリーダーである。Sentry Health Kioskは、小売業者、メーカー、公共機関、教育機関、ヘルスケア施設、スポーツ・エンターテインメント業界向けの検出・防止技術に注力するMPSの1部門である。

製品の詳細と仕様については、www.sentryhealth.life を参照。Municipal Parking Servicesの詳細については、www.mpspark.com を参照。

▽問い合わせ先
Joe Caldwell
joe@mpspark.com

ソース:Sentry Health

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ