プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

KPS Capital Partners, LP

KPS Capital PartnersがBaker HughesからLufkinロッドリフト・ソリューション事業を買収

AsiaNet 83887 (0689)

【ニューヨーク2020年5月1日PR Newswire=共同通信JBN】
*世界的なロッドリフト・ソリューションの大手ブランドが独立会社に

KPS Capital Partners, LP(「KPS」)は1日、Baker Hughes(NYSE: BKR)からLufkinロッドリフト・ソリューション事業(「Lufkin」または「同社」)を買収する正式契約に調印したと発表した。

Lufkinは1902年に創業し、2013年にGE(ゼネラルエレクトリック)の石油・天然ガス部門に買収された。この部門はその後、2017年にBaker Hughes, Inc.と合併した。

テキサス州ミズーリシティーを本拠とするLufkinは、ロッドリフト設備の自動制御・最適化装置とソフトウエアを含む石油・天然ガス業界向けのロッドリフト製品、技術、サービス、ソリューションの大手の世界的事業者である。Lufkinは業界のリーダーとして100年以上、世界中の6カ所の製造組み立て施設でサーフェスポンプ設備、ダウンホール吸盤ロッドポンプ、自動化システムの完全な製品ラインを製造している。Lufkinは世界のあらゆる重要ロッドリフト市場で活動する広範な国際的サービスフットプリントを持つ。

取引が完了すれば、Lufkinのロッドリフト事業の資産は商標権、施設、知的財産、人員を含め、KPSの子会社に移る。Lufkinのパワートランスミッション事業はBaker Hughesポートフォリオの一部のままであり、KPSとの取引に含まない。

KPSのマイケル・サロス共同創業者兼共同マネージングパートナーは「独立したLufkinを生み出すことは喜ばしい。KPSはLufkinの伝説的なブランド名、信頼性の比類のない評判、優れた技術と世界的影響力を基礎に繁栄するエネルギープラットフォームを構築する。現在の世界と国内のエネルギー市場の歴史的混乱は、KPSのような投資家にとって異例の投資機会を創出した。KPSパートナーのライアン・ベーカーがLufkinの経営チームと協力してエネルギー産業の上流部門に提供する補完技術と商品を取得するチームを率いる。LufkinはKPSの非常に大きな資金源へのアクセスにより負債のない企業としての恩恵を受ける」と語った。

Baker Hughesのロッドリフト・ソリューション・ゼネラルマネージャーのアンディ・コードバ氏は「KPS所有の独立会社としての将来を確信している。KPSは業界主導企業の創出と構築の数十年の実績がある理想的なパートナーだ。卓越性と大きな資金源を作り出すことへのKPSの全体的なプラットフォームとコミットメントにより、Lufkinは業界をリードする技術、品質、顧客サービスの定評を高めつつ、成長を加速し、顧客のための技術とプロセスの向上に投資できる」と述べた。

取引は2020年半ばをめどに、通常の終了条件を満たし、認可されれば完了する予定。

Piper Sandler & Co.の1部門であるSimmons EnergyがKPSとその子会社の助言者となり、Paul, Weiss, Rifkind, Wharton & Garrison LLPが法律顧問を務めた。シティとTudor, Pickering, Holt & Co.がBaker Hughesの財務顧問、King & Spalding International LLPが法律顧問を務めた。

▽Lufkinについて
テキサス州ミズーリシティーを本拠とするLufkinは、ロッドリフト設備の自動制御・最適化装置とソフトウエアを含む石油・天然ガス業界向けのロッドリフト製品、技術、サービス、ソリューションの大手の世界的事業者である。Lufkinは業界のリーダーとして100年以上、世界中の6カ所の製造組み立て施設でサーフェスポンプ設備、ダウンホール吸盤ロッドポンプ、自動化システムの完全な製品ラインを製造している。Lufkinは世界のあらゆる重要ロッドリフト市場で活動する広範な国際的サービスフットプリントを持つ。詳細は次を参照:www.bhge.com/upstream/production-optimization/artificial-lift/rod-lift-systems 

▽KPS Capital Partnersについて
KPSは傘下の管理会社を通じて、約117億ドルの資産(2019年12月31日現在)を運用する投資ファンド群であるKPS Special Situations Fundsを管理している。KPSのパートナーは20年以上にわたり、多様な業界にわたる製造・事業会社の支配株投資によって大規模な資本拡大の実現に専念してきた。投資先は素材、消費者・ヘルスケア・高級品の各ブランド製品、自動車部品、設備機器、一般製造業などである。KPSは主として財務的手段に頼るよりも、投資先企業の戦略的位置や競争力、収益性を構造的に向上させることで事業を改善し、投資収益を生み出すために、有能な経営チームと建設的に協力し、投資家への価値を創出する。KPS Fundsの投資先企業は現在、26カ国の143の製造施設を運営し、年間の総売上高は約84億ドル、世界中で直接または合弁事業を通じて約2万8000人を雇用している(2019年12月31日現在)。KPSの投資戦略と傘下企業の詳細は次を参照:www.kpsfund.com

ソース:KPS Capital Partners, LP

▽企業問い合わせ先
KPS
+1-212-338-5100

▽メディア問い合わせ先
Mark SemerまたはDaniel Yunger
+1-212-521-4800

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ