プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社丹青社

丹青社、モーションロゴで 新型コロナウイルス感染症拡大防止のメッセージ発信

「今は スペースを空け、未来に 人が行き交いにぎわう空間をつくりだそう」 ウェブサイト・YouTubeで公開

2020年5月1日
株式会社丹青社

 このたび、新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さま、および感染拡大により生活に影響を受けられている皆さまに心よりお見舞い申し上げます。また、医療関係者をはじめ社会活動を支えてくださっている皆さまに感謝と敬意を表します。

 商業施設・文化施設などの空間づくりをおこなう株式会社丹青社(本社:東京都港区/代表取締役社長:高橋貴志/以下、丹青社)は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のメッセージを発信するモーションロゴを作成しました。モーションロゴは企業ロゴをベースに制作された10秒ほどの動画で、2020年5月1日より、丹青社ウェブサイト(URL: https://www.tanseisha.co.jp)、YouTube公式チャンネル(URL: https://www.youtube.com/channel/UC92-dyZMV_JJYEVg2HlDTlA)で公開します。

 
■モーションロゴとメッセージ

 
 モーションロゴは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために”MAKE SPACE NOW”=「今は、スペースを空けよう」を呼びかけるとともに、”CREATE SPACES TOMORROW”=「乗り越えたその先の明日は、こころを動かす空間を共につくりあげよう」というメッセージを発信しています。

 
【動画:https://www.youtube.com/watch?v=8EA32XO9ZxM
モーションロゴ動画URL: https://www.youtube.com/watch?v=8EA32XO9ZxM

 
■取り組みの背景
 現在、新型コロナウイルス感染症の流行により不要不急の外出自粛が呼びかけられています。人々が集うさまざまな空間づくりを生業とするディスプレイ業界においても、展示会・イベントなどの催事の自粛や商業施設や文化施設のオープンの延期など、大きな影響が出ているなか、さまざまな創意工夫を凝らし事業を継続しております。
 
 丹青社でも感染拡大抑止の観点から、予定していたイベントの開催延期や、事業主との協議の上で進行中の施工現場の一時停止などの対応を実施しております。この状況を受け、苦難を乗り越え、未来の交流やにぎわいへの希望を持ち続けていくという姿勢を表現するべく、モーションロゴを作成することにいたしました。

 丹青社は、社内外への感染被害抑止、従業員ならびに当社関係者の皆さまの安全確保に努めるとともに、今後も「より良い空間創造を通じて豊かな社会と生活の実現に貢献する」という経営理念のもと、人と人、人とモノ、人と情報が行き交う「社会交流空間」づくりに取り組んでまいります。

 
■制作を担当したクリエイティブメンバーのコメント
 公開するモーションロゴは、丹青社エグゼクティブクリエイティブディレクター洪 恒夫がコーポレートデザインアドバイザーとして監修し、丹青社の空間演出専門チームであるCMIセンター(クロスメディアイノベーションセンター)が作成しました。

監修:株式会社丹青社 エグゼクティブ クリエイティブディレクター  洪 恒夫

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005019592-O11-2Wd7gG07

 本ロゴは、空間創造に取り組む当社が新型コロナウイルス禍における心得と、終息後ご負担を余儀なくされておられるクライアント、ユーザーの方々に向けてさらなる満足をいただける新たな空間創造に取り組む思いを込めたものです。
一日も早い終息と、こころを動かす空間創造を本格的に再始動できることを切に願っております。

制作:株式会社丹青社 CMIセンター

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005019592-O12-Sxvy4E4X

 私たちは人が集まる空間を創っています。空間づくりには様々な人がかかわります。私たちと関わるすべての方々が少しでも和んでいただけるよう、今日はしっかりと距離を取りながらも、明日は必ず、再び人が集まり、会話し、楽しむ空間をみんなで創ろうという想いを込めて制作しました。

 
■ 丹青社について
「こころを動かす空間創造のプロフェッショナル」として、店舗などの商業空間、博物館などの文化空間、展示会などのイベント空間等、人が行き交うさまざまな空間づくりの課題解決をおこなっています。調査・企画から、デザイン・設計、制作・施工、運営まで、空間づくりのプロセスを一貫してサポートしています。

社名 : 株式会社丹青社
所在地: 東京都港区港南1-2-70品川シーズンテラス19F 〒108-8220(本社)
設立 : 1959年12月25日
資本金: 40億2,675万657円(2020年1月31日現在)
上場 : 東京証券取引所市場第一部 (証券コード:9743)
URL : https://www.tanseisha.co.jp

※ニュースリリースに掲載された内容は発表日現在のものです。
 その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

モーションロゴの一場面①
モーションロゴの一場面②
株式会社丹青社 エグゼクティブ クリエイティブディレクター  洪 恒夫
株式会社丹青社 CMIセンターロゴ

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ