プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

公益社団法人日本フィランソロピー協会

企業と非営利団体の社会貢献活動緊急アンケート結果報告【速報版】

深刻化する社会課題に 70%の企業が寄付を検討、30%の企業が従業員のボランティアを検討

2020年5月1日
報道関係者各位

企業と非営利団体の社会貢献活動緊急アンケート結果報告【速報版】 新型コロナウィルス感染拡大の影響により、深刻化する社会課題に 70%の企業が寄付を検討、30%の企業が従業員のボランティアを検討

公益社団法人日本フィランソロピー協会(東京都千代田区/会長:浅野史郎、理事長:髙橋陽子)では、多摩大学総合研究所(東京都多摩市/経営情報学部 長島剛教授・松本祐一教授)の協力のもと、企業のCSR部門と非営利団体の活動が、現在どのような影響を受けているか、今後の対応などについて緊急アンケートを実施。【速報版】を当協会ウェブサイト(https://www.philanthropy.or.jp/cms/covid19/)で公開しました。
 集計の結果、96%の非営利団体が、「支援している対象者に深刻な影響があり、社会的な課題はより悪化、複雑化している」と回答。対して、緊急的な支援活動を行なった企業は85%にのぼり、今後も寄付やボランティアを検討していることが分かりました(概要別紙)。
日本フィランソロピー協会では本アンケートの結果を踏まえ、企業の寄付、ボランティアを、必要とする団体へ届けるためのマッチングを進めるほか、企業のCSR/社会貢献担当者、非営利団体の皆様の意見交換や情報発信の機会を設けて参ります(第一回は2020年4月24日「今、企業にできること~オンライン座談会」開催。第二回はゴールデンウィーク明けを予定しております)。
調査手法 :ウェブアンケート
調査期間 :2020 年 4 月16日(木)~ 4 月 28日(火)
調査対象 :【企業】非営利団体への寄付・ボランティアをはじめ、社会貢献活動などを 
行なったことのある企業
【非営利団体】企業から支援を受けたことがある/協働事業を実施したことのある団体
有効回答数:①企業:88社、②非営利団体:332団体

※調査結果については、今後クロス集計等を行ない、分析を加えて参ります 【詳細版】は5月15日(金)、日本フィランソロピー協会ウェブサイトへ掲載予定です。 https://www.philanthropy.or.jp/cms/covid19/

【公益社団法人日本フィランソロピー協会について】
1963年設立、1991年よりフィランソロピーの推進事業を開始。2009年に公益社団法人としての認定を受ける。企業のCSR・社会貢献担当者を対象とした定例セミナーや機関誌『フィランソロピー』の出版などの各種事業を通じて、民間の果たす公益の主体となる企業や個人の社会参加意識を高め、公正で活力ある心豊かな社会の実現を目指す。会員企業は126社(2020年5月1日現在)

本件に関する問い合わせ先 公益社団法人日本フィランソロピー協会 担当  青木高(あおき・たかし)、東樹康雅(とうじゅ・やすまさ) 〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル2階244区 TEL 03-5205-7580 
以上
◆調査結果概要◆

■新型コロナウィルス感染拡大により、非営利団体の活動、企業の社会貢献活動ともに、3月~4月は
もとより、5月~7月の活動も、中止(一部/全部)、変更など大きな影響を受けている。
・非営利団体の活動 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005019611-O2-eNlN6QT4】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005019611-O3-udug8M72】 

・企業の社会貢献活動
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005019611-O4-ACE6J1v6】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005019611-O5-lLT3e8yf】 

■96%の非営利団体が、新型コロナウィルス感染拡大は、取り組んでいる社会課題、支援している対象者に深刻な影響があり、社会的な課題はより悪化、複雑化していると考えている。

・取り組んでいる社会課題や支援している対象者への影響(単一回答)
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005019611-O6-bp5HE9hD
■非営利団体が期待する企業の社会貢献活動として、「資金提供」が80%を占め、「企業独自のサービスや専門スキルの提供」、「施設・設備等の提供」と続き、幅広い支援が求められている。

・企業に期待する社会貢献活動(複数回答)
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005019611-O7-8snMX1iG

■新型コロナウィルス感染拡大を受け、企業として「支援物資・自社商品の提供」、「本業を通じた貢献活動」「義援金・支援金の寄付」等の活動を行なっている。

・緊急に行なった活動/強化した活動(複数回答)
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005019611-O8-BQCu7kfh

■今後も、社会貢献活動として、70%の企業が寄付を検討、約30%の企業が自社製品、システム等の無償提供や従業員のボランティアを検討している。

・今後検討していきたい社会貢献活動(複数回答)
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005019611-O9-46Ri2MGE

取り組んでいる社会課題や支援している対象者への影響(単一回答)
企業に期待する社会貢献活動(複数回答)
緊急に行なった活動/強化した活動(複数回答)
今後検討していきたい社会貢献活動(複数回答)
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ