プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会

プロヴォーク・サミット&セイバー・アワードの日本開催延期を決定

2020年5月1日
公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会

公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会(東京都港区、理事長:畔柳一典、略称:PRSJ)は、本年9月に予定していた「アジア・パシフィック・プロヴォーク・サミット(Asia Pacific PRovoke Summt)&セイバー・アワード(SABRE Awards)」の開催を延期いたします。
当協会の設立40周年を記念して、同イベントを日本に初めて招へいし、PRovoke Mediaと共同で開催する予定でしたが、新型コロナウイルスの感染状況に収束が見えないことから、参加者の安全を確保しての開催が困難であると判断し、開催の延期を決定いたしました。
来る2021年秋の開催を目指して調整を続けていく所存ですが、新たな開催日程は決定次第、発表させていただきます。

■プロヴォーク・サミット&セイバー・アワードについて
「アジア・パシフィック・プロヴォーク・サミット(Asia Pacific PRovoke Summt、元IN2 Summit)&セイバー・アワード(SABRE Awards)」は、グローバルなパブリックリレーションズ(以下PR)の業界情報プロバイダーであるPRovoke Media(元Holmes Group、本社:ロンドン&ニューヨーク、CEO兼PRovoke Media編集長:アルン・サダマン)がアジア太平洋地域の都市で毎年主催・開催しているものです。日本開催に際しては当協会がホストパートナーとなり、各国のPR界のリーダーや企業の経営幹部を交えて、PRの新たな可能性について議論する予定です。
セイバー・アワード(SABRE Awards)はPR業界の国際的な業界賞で、世界各地で開催されています。アジア・パシフィック・セイバー・アワードには毎年、アジア太平洋域内から1500件以上ものエントリーが寄せられています。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ