プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

AACSB International

AACSBの新CEOはアカデミックリーダーであり業界アドバイザー

AsiaNet 83857 (0680)

【タンパ(米フロリダ州)2020年4月30日PR Newswire=共同通信JBN】AACSB International(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2788641-1&h=159920283&u=https%3A%2F%2Faacsb.edu%2F&a=AACSB+International )(AACSB)は、2020年6月からの新しいプレジデント兼最高経営責任者(CEO)として、キャリン・L・ベックダドリー氏(Caryn L. Beck-Dudley、https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2788641-1&h=266311280&u=https%3A%2F%2Faacsb.edu%2Fabout%2Fwho-we-are%2Fboard-of-directors%2Fcarynbeck-dudley&a=Caryn+L.+Beck-Dudley )が就任すると発表した。AACSBは世界最大のビジネス教育の連合体であり、高等教育で100年以上の功績を誇る。この組織は、世界中のビジネススクールに品質保証、ビジネス教育インテリジェンス、学習・開発サービスを提供している。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1161036/C_Beck_Dudley.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/492010/AACSB_International_Logo.jp

経験豊かな学術リーダー、経営学教授、法律家であるベックダドリー氏は現在サンタクララ大学リービー経営大学院(Leavey School of Business at Santa Clara University)学部長で、2015年からこの職にある。これ以前はフロリダ州立大学カレッジ・オブ・ビジネス(College of Business at Florida State University)とユタ州立大学ジョン・M・ハンツマン・スクール・オブ・ビジネス(Jon M. Huntsman School of Business at Utah State University)の学部長を務めた。

ベックダドリー氏はAACSB理事会の前チェアとしての現職のほか、認証特別委員会の元メンバーや元会長、会合発言者、ネットワーク提唱者などとして、 AACSBに熱心に貢献している。最近ではその先進的な指導性が認められ、AACSBのWomen Administrators in Management Educationアフィニティ・グループから Pat Flynn Distinguished Woman in Business Education Award(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2788641-1&h=806854821&u=https%3A%2F%2Faacsb.edu%2Fblog%2F2020%2Fapril%2Fbeck-dudley-recognized-as-distinguished-woman-in-business-education&a=recently+awarded )を受賞した。同氏はAACSBで初の女性CEOになる。

ベックダドリー氏は「ビジネス教育の影響力を高める中でAACSBに加わるのは、とても名誉なことだ。AACSBの幅広いネットワークは、ビジネススクールの革新的な調査および経営教育を業界の見識と提携に結び付け、前向きな社会的影響を生み出す。グローバルな規模で上質な教育と業務スキルの実現においてAACSBと会員に貢献することを光栄に思う」と述べた。

ベックダドリー氏は事業法や雇用法、企業倫理を教えるほか、リーダーシップや法律、倫理をテーマに大小の会合で講演している。同氏の著作は、自身が編集委員会に加わるアメリカン・ビジネス・ロー・ジャーナル(American Business Law Journal)などの刊行誌で発表されている。同氏はシリコンバレー企業のリーダーと頻繁に交流し、未来の労働力ニーズに高度教育が貢献できる方策を新たに構築している。

AACSBのジョン・A・エリオット理事会議長(コネティカット大学暫定学長)は「ベックダドリー氏はビジネス教育では名の知られた戦略思考家であり、決断力のあるリーダー、影響力のある発信者だ。同氏が AACSBの重要な役割とビジネス教育を高めて、次世代の優れたリーダーの道を開くと確信する」と語った。

ベックダドリー氏は政治科学学士号を持ち、ユタ州立大学(Utah State University)を最優秀の成績で卒業し、アイダホ大学カレッジ・オブ・ロー(University of Idaho College of Law)の法学士。2015年以来AACSBのプレジデント兼 CEOで2019年9月に引退を表明したトム・ロビンソン氏の後任になる。

▽ AACSB Internationalについて
AACSB International(AACSB)は1916年に創設された世界最大のビジネス教育のアライアンスである。次世代の優秀なリーダーを養成するため、教育関係者と学生、企業をつないでいる。100を超える国・地域にプレズンスを有するAACSBは、ビジネス教育で関係を深め、イノベーションを促進し、影響力を強めている。AACSBがより良い社会を目指してビジネス教育をどのように変えているかを知るにはaacsb.edu(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2788641-1&h=865634940&u=http%3A%2F%2Fwww.aacsb.edu%2F&a=aacsb.edu )を参照。

ソース:AACSB International

▽問い合わせ先
AACSB International
MediaRelations@aacsb.edu

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ