プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

EY Japan

EY、IDC社の調査レポート「IDC MarketScape」において2分野のリーダーに選出

20200501

EY Japan

EY、IDC社の調査レポート「IDC MarketScape」において2分野のリーダーに選出

・アジア・パシフィック地域でプロフェッショナルセキュリティサービスを提供するサービスプロバイダー17社の中からEYがリーダーに選出

EYは、米国調査会社IDC社が発表した2件の調査レポート「IDC MarketScape: Asia/Pacific Managed Security Services 2020Vendor Assessment」及び「IDC MarketScape: Asia/Pacific Professional Security Services – Advisory, Assessment, and Awareness 2020Vendor Assessment」において、アジア・パシフィック地域の「マネージドセキュリティサービス」と「プロフェッショナルセキュリティサービス」それぞれのリーダーに選出されたことをお知らせします。

前者の「マネージドセキュリティサービス」に関する調査では、アジア・パシフィック地域で当サービスを提供するサービスプロバイダー19社を対象に、29項目の基準と顧客からのフィードバックを基に、市場での存在感や取組みなどを評価します。一方、後者の「プロフェッショナルセキュリティサービス」に関する調査は、サービスプロバイダー17社を対象に、セキュリティに関する調査・分析及びインサイトを活かしたサービスの実行能力と戦略を評価します。IDC社は、この双方のベンダー評価でEYを2020年度の「リーダー」のひとつに位置づけました。

EY Asia-Pacificサイバーセキュリティリスクアドバイザリー・リーダーであるRichard J. Watsonは、次のように述べています。

「EYは、テクノロジーに投資して、アジア・パシフィック地域における「マネージドセキュリティサービス」と「プロフェッショナルセキュリティサービス」の強化を図っており、その結果、当サービス分野における力強い成長につながっています。EYのプロフェッショナルチームは、金融サービス、官庁、並びに事業会社など幅広いクライアントにサービスを提供しています。EYのサイバーマネージドサービスの強みは、クライアントがそれぞれの地域で先進的な競争力を発揮できるように各クライアントのニーズに合わせてカスタマイズしたサービスを提供していることであり、これについてIDC社も高く評価しています。この2つのサービス分野のIDC調査でアジア・パシフィック地域のリーダーに選出されたことを非常に光栄に思います」

EY Asia-Pacificサイバーセキュリティマネージドサービス・リーダーであるKrishna Balakrishnanは、次のように述べています。

「EYは、サイバー防衛とリスク管理を評価し相互の有効性を高める「トラスト・バイ・デザイン」というアプローチを軸としたサービスを展開しています。このようなアプローチの下、EYプロフェッショナルチームは、新たなイノベーションへの継続的な投資と最新テクノロジーの活用を融合することで、他社の追随を許さないマネージドセキュリティサービスとプロフェッショナルセキュリティサービスを競争力のある価格で提供しています。このようなサービスを通して、クライアントはもちろんのこと、EYもこの上ない成長の機会を享受できます。アジア・パシフィック地域でEYが積みあげてきた実績をIDC社に高く評価して頂けたことを非常に嬉しく思います」

EY Japanサイバーセキュリティアドバイザリー・リーダーである松下 直は、次のように述べています。

「IDC社の調査において、EYがマネージドセキュリティサービスおよびプロフェッショナルサービスの両分野でリーダーに選出されたことを大変うれしく思います。EY アドバイザリー・アンド・コンサルティングでは、EYのグローバル力とサイバーセキュリティの高い専門性により、海外にビジネスを拡大する日系企業向けに、日本のみならず海外拠点や海外の投資先を含めたセキュリティ対策を幅広く支援していきます。」

当記事に関するさらに詳しい情報は、ey.com/cybersecurityをご覧ください。

※本プレスリリースは、2020年3月26日(現地時間)にEYが発表したプレスリリースを翻訳したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。

英語版プレスリリース:
https://www.ey.com/en_gl/news/2020/03/ey-named-a-leader-in-managed-security-services-and-professional-security-services-in-asia-pacific-in-two-studies-by-idc

〈EYについて〉
EYは、アシュアランス、税務、トランザクションおよびアドバイザリーなどの分野における世界的なリーダーです。私たちの深い洞察と高品質なサービスは、世界中の資本市場や経済活動に信頼をもたらします。私たちはさまざまなステークホルダーの期待に応えるチームを率いるリーダーを生み出していきます。そうすることで、構成員、クライアント、そして地域社会のために、より良い社会の構築に貢献します。
EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバル・ネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。詳しくは、ey.com をご覧ください。
本ニュースリリースは、EYのグローバル組織のメンバーファームであるアーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッド(EYGM)によって発行されています。EYGMは顧客サービスを提供していません。

〈EY アドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社について〉
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社はEYの日本におけるメンバーファームです。さまざまな分野の専門性を有するプロフェッショナルがグローバルに連携し、企業が抱える経営課題に対し、最先端かつグローバルな視点と実行力で最適なアドバイザリーサービスを総合的に提供いたします。詳しくは、www.eyjapan.jp/advisoryをご覧ください。
以 上

EY Japan
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ