プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

トリナ・ソーラー(Trina Solar Co., Ltd)

超高出力モジュールVertex 500W+需要増大でトリナ・ソーラーがインドでのモジュール新時代を告知

AsiaNet 83843

【ニューデリー2020年4月30日PR Newswire】太陽電池モジュールとスマートエネルギーのトータルソリューションを提供するトリナ・ソーラー(以下「トリナ・ソーラー」または「同社」)の新型Vertexモジュールは、太陽光エネルギー業界の高効率、高出力モジュール選択で先頭に立っている。インド初の100MW超えのVertexモジュール契約がこのほど、インド、東南アジア、新興諸国における太陽光ベースエネルギー・貯蔵ソリューション大手プロバイダー、SunSource Energyとの間で結ばれた。

インド・ウッタルプラデシュ州のノイダに本社を置くSunSource Energyは105MWのVertex両面受光型モジュールを発注し、それらはインド複数州のプロジェクトに利用される。トリナ・ソーラーは2020年第4四半期にモジュールの出荷を開始する。

トリナ・ソーラー アジアパシフィックのヘレナ・リー社長によると、これは同社新型Vertexモジュールのインド初の100MW+契約であるとのことです。

「このように大型のVertexモジュール発注がインドから来たという事実は、この市場の再生可能エネルギー需要について多くを語っています」

リーは「インド市場では、Vertex両面受光型モジュールに多くの関心と需要があります。今後、われわれは高出力太陽光モジュールに対する継続的な強い需要を見込んでいます。インド市場の競争力が高く、製品性能、バランス・オブ・システム(BOS)、均等化発電原価(LCOE)を意識していることがその理由です」と語った。

「誰もがよりよいLCOE達成を望んでいます。Vertexモジュールは高出力で、プロジェクトが求める総出力達成に多くのモジュールが不要であることを意味するものです」

「これは同様にBOSコストも削減します。少ないモジュールは、少ない架台、短いケーブル、少ない接続箱、設置に必要な労働時間の短縮、プロジェクトに要する土地の減少を意味するものです」

リーは、Vertexは新製品だが、単結晶PERCセル、マルチバスバー、1/3カットセル、両面ガラス技術基盤などの実績ある技術に基づいています、と付け加えた。

SunSource Energyのアダーシュ・ダス最高経営責任者(CEO)兼共同創業者は「われわれSunSourceは常に、高品質と性能基準維持に集中してきた。トリナ・ソーラーとの長期にわたるパートナーシップは、太陽光エネルギー主体に構築された信頼性の高い発電ソリューションをわれわれが提供し続ける役に立っている。トリナ・ソーラーの技術的指導性とわれわれの応用工学を組み合わせ、インド内外における再生可能発電能力の増強に大きく貢献したい」と語った。

SunSource Energyのクシャグラ・ナンダン社長兼共同創業者は「この発注でトリナ・ソーラーにお祝いを言いたいし、彼らと協力できることを喜んでいる。両面受光技術利用は、引き続きSunSourceが顧客と投資家のために新エネルギー技術を採択する新たな例である。われわれは太陽光発電+貯蔵、水上太陽光発電プロジェクトをインドで初めて提供した企業の1つである。両面受光技術は、トリナのスケールメリットで高実績がある単結晶PERCにガラスとガラスを組み合わせてス耐性を加え、反射光の活用を可能にする。これには大変革をもたらす可能性があるとみており、これらのモジュールを全土のプロジェクトに使うつもりである」と語った。

トリナ・ソーラーの新型Vertexモジュールシリーズは変換効率が最大21%あり、従来のモジュールよりはるかに多い500W以上の電力を表面から生み出せる。

Vertexシリーズモジュールには片面発電型バックシートモジュールと両面受光型両面ガラスモジュールの2つの型があり、後者はモジュール裏面からの発電量が追加される。

高出力モジュールを備えるメリットは、バランス・オブ・システム(BOS)コストを大幅に削減することである。トリナ・ソーラーは中国北東部の大規模地上設置型太陽光発電所で、500W超のVertex両面受光型両面ガラスモジュールを使用している。その結果は従来型の410W両面受光型両面ガラスモジュールに比べ、BOSを 6-8%、LCOEを3-4%削減する。

Vertexパネルの出力が大きいのは、各パネルに直径210ミリのシリコンセルが組み込まれているためである。大きいセルサイズは真正受光面の増大を可能にして高い出力をもたらす。各パネルの150セルは高効率の単結晶PERCセルで構成され、パネル効率を高出力の最大21%に引き上げる最先端ソーラー技術が盛り込まれている。

これらの最先端ソーラー技術は、PVモジュールの内部抵抗ロスを最小限にするマルチバスバー技術などで、低日射性能が優れている。また、高度に設計されたPV技術は製品設計に組み込まれており、各セル間の隙間が削減され、バランス・オブ・システム(BOS)コストを節減するモジュール全体の変換効率向上を可能にする。

トリナ・ソーラーの研究開発チームは、ダメージレスカッティング技術と高密度実装技術を使って、先進的な1/3カットセルを統合する革新的デザインも導入した。これはさらに抵抗ロスを減らし、スペース利用を最大化しながら、セル割れ・ホットスポットに対するPVモジュール耐性を大きく改善した。科学者はこのようにして、高効率と高い信頼性を特徴とする高出力モジュールを生み出し、保証期間の性能について顧客に安心感を与えている。

Photo Link: https://www.trinasolar.com/sites/default/files/India+Habitat+Center_recompress.jpg
(写真説明:2016年India Habitat Centre Projectで左から右に、トリナ・ソーラー アジアパシフィックのヘレナ・リー社長、SunSource Energyのクシャグラ・ナンダン社長兼共同創業者)

▽トリナ・ソーラーについて
トリナ・ソーラーは、1997 年に創立された太陽電池モジュールおよび太陽光発電ソリューション、スマートエネルギーのソリューションを中核事業とする太陽光発電およびスマートエネルギーのトータルソリューションの世界有数のプロバイダーです。

同社は、太陽電池モジュール、太陽光発電所およびシステム機器の研究開発、製造および販売、太陽光発電および運営サービス、スマートマイクログリッド、マルチエネルギーシステムの開発および販売、ならびにエネルギークラウドプラットフォームの運営管理をおこなっています。

トリナ・ソーラーは、2018 年にエネルギーのIoT(モノのインターネット)ブランド”Trina IoT”を立ち上げ、業界のリーダー企業や研究機関と協力してTrina Solar IoT Industry Development AllianceとNew Energy IoT Industry Innovation Centerを設立し、エネルギーのIoTの研究のための革新的なプラットフォームを構築し、多数のパートナーとIoTエコシステムを構築してスマートエネルギー分野のグローバルリーダーになるべく全力で取り組んでいます。

詳細については、http://www.trinasolar.com/jp をご覧ください。

▽SunSource Energyについて

SunSource Energyは大手の分散型ソーラーエネルギー企業で、世界の商工業顧客向けに太陽光発電プロジェクトを開発、所有、運営している。2010年の創設以来、信頼できる技術革新の最前線にいて、インドと世界の市場に新エネルギーソリューションをもたらしている。SunSourceはインド24州および世界6カ国に高品質の太陽光発電プロジェクト300件以上を供給した。主なものは、試運転時にフィリピン最大だった屋上太陽光発電プロジェクト、インド初の民間屋上PPA(電力販売契約)の1つ、太陽光発電+貯蔵プロジェクトである。SunSource Energyは社内プロジェクト融資、EPC、資産管理機能によって、太陽光発電プラントの開発プロセス全体を管理している。また、インドステイト銀行(SBI)傘下のプライベートエクイティ会社Neev Fund、および英国の国際開発省(DFID)の被投資会社である。詳細はwww.sunsource-energy.com を参照。

ソース:Trina Solar Co., Ltd

(日本語リリース:クライアント提供)

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ