プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Invivoscribe, Inc.

InvivoscribeがSARS-CoV-2抗体・ワクチンプログラム参加オプション付きCOVID-19診断検査を開始

AsiaNet 83832 (0669)

【サンディエゴ2020年4月28日PR Newswire=共同通信JBN】精密診断の開発と商品化のグローバルリーダーであるInvivoscribe, Inc.(インビボスクライブ)は28日、カリフォルニア州サンディエゴにあるニューヨーク州認可LabPMMリファレンスラボ、CLIA/CAPを通じてコロナウイルスCOVID-19検査の提供を開始すると発表した。診断検査は、医療提供者がCOVID-19感染が疑われる患者に代わり依頼できる。検査を受ける被験者は、Invivoscribe独自の次世代シーケンシング解析とバイオインフォマティクス・プラットフォームを使用した、有望な抗体とワクチン候補の特定を加速するよう設計された進行中の調査研究に登録することもできる。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1019746/Invivoscribe_Logo.jpg

▽LabPMM(R)でのCOVID-19検査について
LabPMMは、医療機関、病院、および臨床試験をサポートするための分子診断とコンパニオン診断検査を提供している世界をリードするリファレンスラボである。当社のCOVID-19検査は、SARS-CoV-2ウイルスからRNAテンプレートを検出する定性的リアルタイム逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)解析である。この検査方法は、人がCOVID-19ウイルスに感染しているかどうかを評価する、実績のある高感度法である。受付可能な検体の種類は、ユニバーサルトランスポートメディア(UTM)で送られた鼻咽頭(NP)と口腔咽頭(OP)のスワブ標本である。Invivoscribeは、NPスワブとUTMから成る採取キットを提供し、サンプリングデバイスへのアクセスが不十分な医療提供者が検査をしやすくすることができる。さらに、COVID-19検査の被験者は、米国、欧州、アジア、その他の地域の何百もの臨床検査室で現在実施されている国際的に標準化された解析データを活用した、当社の血液ベースの抗体検査研究への登録を選択することができる。

InvivoscribeとLabPMMの最高科学責任者(CSO)兼最高経営責任者(CEO)であるジェフリー・E・ミラー博士は、以下のように語った。
「当社チームは、SARS-CoV-2ウイルスとの戦いという世界的取り組みをサポートできることを非常に喜んでいる。われわれは、今回のパンデミックが引き起こしている混乱状態を軽減するのに、検査サービス増加に対するニーズが高いことに気付いた。25年の経験を生かし、所要時間が短い高品質の検査とサポートを提供できることをうれしく思う。増加している重症患者に今、緊急に必要な検査を実施することで、地域社会に貢献することに重点的に取り組む」
「さらに、当社独自の次世代免疫受容体シーケンス解析とバイオインフォマティクスソフトウエアが現在、世界中で入手可能で使用されており、SARS-CoV-2ウイルスに感染した被験者の免疫反応を迅速に識別、追跡できる。当社は、こうした大規模な国際データセットを使用して、同ウイルスに反応して生成された特定の抗体パラトープを迅速に特定、治療現場での診断を最適化し、ワクチン製造に最適なエピトープを特定することができる」

▽Invivoscribe, Inc.とLabPMM, LLC.について
Invivoscribe(インビボスクライブ)は、Precision Diagnostics(精密診断)(R)で生活を改善することに専心している株式非公開のバイオテクノロジー企業である。Invivoscribeとその完全子会社、LabPMM臨床検査室は、160カ国以上の700を超える臨床検査室に分子製品、サービス、バイオインフォマティクス・ソリューションを提供する業界のリーダーである。Invivoscribeは、コンパニオン診断薬の開発と商業化に関心のあるグローバルな製薬会社とのパートナーシップの成功実績があり、規制サービスと検査サービスの両方の専門知識を提供している。

現在、InvivoscribeとLabPMMで実施されているCOVID-19研究をサポートする補助試験を可能にするCOVID-19検査情報、請求フォーム、患者同意文書は、https://catalog.invivoscribe.com/product/covid-19-test/ からダウンロードできる。詳細については、www.invivoscribe.com を参照するか、support@invivoscribe.com へメールを。

ソース:Invivoscribe, Inc.

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ