プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

プロパティデータバンク株式会社

新規クラウドサービス提供開始に関するお知らせ

 
当社は、以下のとおり、新規クラウドサービス「@ナレッジ」(アットナレッジ)の提供を開始いたしますので、お知らせいたします。

1.サービス提供開始の趣旨
当社は、創業時より不動産業務における様々な課題を、IT技術を用いて効率的・効果的に解決する「不動産テック企業」として、事業を推進しております。
今般、当社が掲げる「不動産DXプラットフォーム」に沿った新サービスとして、以下のとおりクラウドサービス「@ナレッジ」の提供を開始いたします。

2.新たなサービスの概要
(1)新たなサービスの内容(クラウドサービス「@ナレッジ」
「@ナレッジ」は、ファイルサーバーとナレッジマネジメント※の機能をクラウドで提供する全く新しいサービスです。クラウドサービスのため、在宅勤務などの働き方に極めて親和性が高く、システム運用の負担からも解放されます。

「@ナレッジ」はファイルを知識の一部としてとらえ、それを集約、伝播、増大するためのサービスです。ユーザーが投稿したファイルの評価や他者がお気に入りに登録した数などにより、ユーザーへの評価を与える機能を持ち、これにより、ユーザーの「よいファイルを作成し、よい評価を得る」という意欲を掻き立て、そのインセンティブのスパイラルが良質な文書を蓄え、企業内の知識の増大に繋がります。蓄積された知識の量に留まらず、伝播することによりユーザー組織全体への知識の共有効果を高めることができます。この知識は企業活動において財産となり、競争力や業務精度の向上などへの寄与が期待できます。

また、「@ナレッジ」は、不動産クラウドサービス「@プロパティ」の電子書庫を上位互換する機能を有しており、電子書庫の現行機能を維持しつつ、これまでにはない拡張された機能を活用することにより、不動産運営に関わる全ての情報をデジタル化し、業務の効率化を図るとともにリアルタイム経営の実現への寄与が期待できます。

このように「@ナレッジ」は、経営に大きく貢献する可能性を持ったサービスです。

※ナレッジマネジメント
組織内の知識を管理する仕組み。膨大な情報の中から有益なものを整理して利用者に提供する。

(2)サービスを開始する時期
   2020年5月25日より

以 上

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ