プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

日本ユニシス株式会社

VRを活用したバーチャル住宅展示場「MY HOME MARKET」で、住宅のオンライン内覧ができます

2020年4月28日

 

VRを活用したバーチャル住宅展示場「MY HOME MARKET」で、
住宅のオンライン内覧ができます

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M105480/202004289494/_prw_PT1fl_qvkx7V6E.png

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004289494-O2-akG0y9YJ】【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004289494-O1-MqC84PS4

【住宅購入検討者がオンラインに移行】

新型コロナウイルス感染症の影響により、消費者の外出自粛や住宅展示場の閉鎖など、住宅検討を進める消費者は、オンラインで検討を進めざるを得ない状況になっています。

「MY HOME MARKET」への消費者の問い合わせ件数も増えており、住宅検討中の消費者が外出自粛の結果、「MY HOME MARKET」を利用するようになっています。またVR内覧により、住宅完成後のイメージをリアルに体感でき、消費者の満足度にも繋がっています。従来の住宅検討では、店舗での長時間の打ち合わせが必要でしたが、自宅で家族と相談しながら住宅検討を進めることができ、家族や夫婦間でのコミュニケーションが生まれるきっかけにもなります。

【住宅メーカーでもオンライン営業のニーズが高まる】

住宅メーカーも、住宅展示場の閉鎖が要請され、対面営業を控える状況の中、オンラインで住宅提案を進めるニーズが高まっています。消費者に合った住宅プランのVR内覧をメールで案内など、「オンライン住宅営業」に「MY HOME MARKET」が活用されています。導入を検討する住宅メーカーからの問い合わせも増加しています。

以 上

■CM放送のご案内

放送期間:2020年4月24日~5月10日

放送エリア:愛知県、岐阜県、三重県

詳細はこちら:https://myhomemarket.jp/cm/myhome202004

https://myhomemarket.jp/news

■バーチャル住宅展示場「MY HOME MARKET」について

20代、30代の住宅購入世代の購買行動が変化する中、従来の住宅展示場への集客とは異なる、スマホやVRで住宅検討をすすめられる、時代に即した販売ツールとして注目を集めています。住宅メーカーの間でも「MY HOME MARKET」の仕組みを営業ツールとして採用する動きが広がりつつあり、すでに成果を上げているところもあります。VRという最新テクノロジーで、お客さまのニーズに寄り添った家づくりと住宅業界の課題克服を同時に実現する「MY HOME MARKET」は、今後の住まいづくりのスタンダートを目指します。

■関連リンク

「MY HOME MARKET」 https://myhomemarket.jp/

バーチャル住宅展示場 「MY HOME MARKET」

https://www.unisys.co.jp/solution/lob/manufacturing/house/myhomemarket/

 

※「MY HOME MARKET」は、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
※その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

<本ニュースリリースに関するお問い合わせ>
https://www.unisys.co.jp/newsrelease_contact/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ