プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

トヨタ自動車株式会社

江戸川区へ新型コロナウイルス感染者移送用車両を提供

2020年4月27日
トヨタ自動車株式会社

 このたびの新型コロナウイルス感染症により、お亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたしますとともに、ご遺族の皆さまには謹んでお悔やみを申し上げます。また罹患され闘病中の皆さまに、心よりお見舞いを申し上げます。

 トヨタ自動車は、新型コロナウイルス感染症に感染された患者様のうち、軽症の方向けの移送用車両2台を、本日東京都江戸川区にご提供させていただきました。
 同様の対策を施した車両は東京都内の病院や千葉県宛に提供しており、区への納車は今回が初となります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004279443-O3-4hB2TAUS】 JPN TAXI「飛沫循環抑制車両」

 
 東京都江戸川区と、トヨタ自動車の関連会社であるトヨタモビリティ東京株式会社は、2019年(令和元年)7月に江戸川区の一層の活性化と区民サービスの向上を図るため「地域活性化包括連携協定」を締結しています。今回の江戸川区による協力要請を受けて、JPN TAXI(ジャパンタクシー)をベースに、トヨタ自動車東日本 東富士総合センターにて開発・架装を行った車両をご用意いたしました。
 この車両は、運転席・助手席のある車両前方スペースと、後部座席以降の車両後方スペースの間に隔壁を設置し、前方を陽圧、後方を陰圧とすることによって、後方の空気が前方に循環しないようにコントロールした「飛沫循環抑制車両」です。
 江戸川区への納車は4月27日(月)、トヨタモビリティ東京 江戸川中央店(江戸川区中央2-11-22)で行われ、区の担当職員に向けて車両使用方法の説明と、車のキーが受け渡されました。またこのたびの納車を受けて、斉藤区長から以下の通りコメントが寄せられました。
 「今回、新型コロナウイルス感染症の軽症者移送用車両をご提供いただき、心より感謝申し上げます。江戸川区ではドライブスルーのPCR検査センターから療養施設まで、医療崩壊を防ぎ区民の安全を確保する一貫した支援体制を整備しました。今回ご提供いただいた車両を有効活用して、区民の更なる安心の拡大につなげていきたいと思います。大切に使わせていただきます。」

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004279443-O5-rV2IWxfs】 車両説明の様子(場所:トヨタモビリティ東京江戸川中央店)

 トヨタ自動車ならびにトヨタグループ各社は、「安全・安心を最優先に現場で戦っている方々、苦しんでいる方々の気持ちに寄り添いながら、私たちにできることを即断、即決、即実行していく」との方針に基づき、現在、社会的な最優先課題となっている感染拡大の抑制や医療現場の支援に向けて、様々な側面から対策を検討し、迅速に取り組んでまいります。

JPN TAXI「飛沫循環抑制車両」
車両説明の様子(場所:トヨタモビリティ東京江戸川中央店)
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ