プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

くら寿司株式会社

くら寿司 自社製造の消毒用「微酸性電解水」を 最大月100トン自治体に無償提供

アルコール消毒液不足の問題を受け 5月1日(金)から毎日、大阪と福岡の加工センターにて製造

2020年4月27日
くら寿司 株式会社

回転寿司チェーン「無添くら寿司」を運営するくら寿司株式会社(代表取締役社長:田中邦彦 所在地:大阪府堺市)は、アルコール消毒液が不足してお困りの自治体に向け、自社製造の「微酸性電解水」を1か月最大100トン目途に、5月1日より7月31日までの3か月間、大阪府貝塚市の天然魚加工センターと福岡県糟屋郡の九州加工センターにて、毎日無償提供いたします。*1

微酸性電解水は、大阪および福岡の当社加工センターで毎日製造。同センター内の設備や加工器具、また店舗等などの消毒殺菌用に使用しています。
今回、新型コロナウイルス感染拡大の影響でアルコール消毒液不足の問題を受けて、自治体の皆さまにご提供できるように、自社で必要な分量を越えて製造装置をフル稼働して、製造いたします。なお、譲渡後の活用方法につきましては、各自治体にお任せいたします。

なお、「微酸性電解水」は、塩酸、または塩酸に塩化ナトリウム溶液を加えて適当な濃度に調整した原液を電気分解することにより得られる、次亜塩素酸を主成分とする水溶液で、非常に殺菌作用が高い電解水です。食品分野では、食品添加物の次亜塩素酸ナトリウムより低い有効塩素濃度で殺菌力を高められるため、より安全性を確保し、コストや環境への負荷を軽減できる特徴があります。

*1 ご提供できる量やご提供先の数につきましては、今後、当社での必要量の増減等により変更させていただくことがあります(詳細につきましては、HPでお知らせさせていただきます)。

【ご提供方法】
・大阪府貝塚市、福岡県糟屋郡の当社加工センターでの受け渡し。
(どちらかの加工センターまで、タンク車等で引き取りに来ていただけることが条件です)
・1自治体につき、一回当たり0.5トン限定。
(1自治体あたり、1週間に1回のみ申し込み可能)
・ご希望の自治体は、当社HPからお申込みをお願いします。(4月29日オープン予定)。
  http://www.kura-corpo.co.jp/

【お申し込みのフロー】

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004279435-O1-c7UZ3ocT

 
【引き渡し場所】

○    くら寿司株式会社 貝塚本部 天然魚加工センター (HACCP認定)
  〒597-0021 大阪府貝塚市小瀬188番地 

 
○    くら寿司株式会社 九州加工センター
  〒811-2108 福岡県糟屋郡宇美町ゆりが丘2丁目14-1-1

 
【微酸性電解水の製造装置装置と加工センターでの使用状況】

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004279435-O4-q813NqK8

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004279435-O3-6U4m8Lp3

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004279435-O5-8Jfxif8r

申し込みフロー
使用風景①
製造装置
使用風景②
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ