プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アキレス株式会社

飛沫感染対策用 透明防炎フィルム 緊急増産体制を開始

レジや窓口での飛沫感染対策に、間仕切りとして使用可能

2020/4/27 14:00
アキレス株式会社

 

レジや窓口での飛沫感染対策に、間仕切りとして使用可能 飛沫感染対策用 透明防炎フィルム 緊急増産体制を開始

 

アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:伊藤 守)は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、飛沫感染対策用フィルムの緊急増産を決定しました。

現在、コンビニエンスストアや飲食店、公共施設の窓口など、対面での飛沫感染が懸念される場所の間仕切りとして、透明ビニールシートの設置が広まっております。それに伴い、間仕切りとして使用される透明フィルムの不足という事態も発生しております。

当社では、新型コロナウイルスの更なる感染拡大の防止、安全な社会活動の実現に向け、間仕切りとして使用可能な飛沫感染対策用フィルムの緊急増産体制を開始します。

本製品は、視界を遮らないよう、視認性が高く軟らかい軟質塩化ビニル樹脂を採用しております。また、震災等による転倒や落下の際に怪我や事故に繋がるリスクを減らし、施工時には、使用環境に合わせハサミやカッターナイフで簡単に加工することが可能です。公益財団法人・日本防炎協会認定の防炎性能も保有しており、安心してお使いいただけます。

*本製品は抗ウイルス性能は保有しておりません。また、消毒用エタノール等の使用は表面が変化する可能性があります。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004249380-O5-i9aa8xLz

 

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004249380-O6-bvcXdi7G

 

『飛沫感染対策用 透明防炎フィルム(ラベル)』

 

 

「飛沫感染対策用 透明防炎フィルム」製品概要

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M101158/202004249380/_prw_OT1fl_iZ44I3VP.png

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ